【男性必見】モテる意味を知るための5つの要素

男性、女性問わず「異性にモテたい」という願望はあるんじゃないでしょうか?でも、「モテる」ことについてちゃんと理解している人は意外と少ないもの。異性にモテたければ、その本当の意味を知る必要があります。

モテる意味を知らない人が意外と多い

あなたにとって「モテる」とはどんな意味ですか?実はその意味を知らずに使っている人が意外に多いんです。

「あの人はモテる」、「自分はモテない」、「モテたい!」。普段から何気なく口にしている「モテる」というワード。特に男性にとって、女性にモテるのは大きな目標といっても良いでしょう。

しかし、多くの人が「モテる」という言葉の意味をあやふやなまま使っています。それは、自分の求めるゴールを定めずに走るのと同じ。本当の意味を知るのと知らないのとでは、計り知れないほどの差が出てしまうのです。

ちなみに「モテるの語源」とは

「モテる」という言葉は「持てる」が元になっています。江戸時代から使われていた言葉で、「持ち帰る」という意味で使われていたんだとか。それが徐々に「支持される」、「もてはやされる」、「人気がある」と変化し、現在の「モテる」になったそうです。

全ては言葉の定義を知ることからスタート

言葉は正確に意味を捉えた上で使うことが重要です。

例えば、あなたに対して商品の説明をしている店員がいたとしましょう。商品についての詳細を知らない人は、不明瞭な言葉をただ並べるだけ。一方、的確で伝わる言葉をビシバシ入れてプレゼンされたらどうですか?きっと「素晴らしい商品に違いない!」と納得するはず。

どのようなことでも、言葉の力強さを感じさせられると信頼を勝ち取れます。

意味も知らずに曖昧なままで使っている言葉に説得力はありません。

「モテるぞ!」と気合を入れて決意表明をしても、求めるゴールを自分が分かっていないので自信も生まれません。

本当にモテたいのなら、まずは言葉の定義をしっかりと理解しましょう。そして自分がどこを目指しているのか、ゴールをどこに設定するのか決めることから始める必要があります。

「モテる」の意味をしっかり理解しよう!

・自分でも理解していない言葉は相手にも響かない

・しっかりと定義を理解することで自信も生まれる

・自分の目指すゴールを定めることが重要

モテるの5大定義

人にモテたいのであれば、まずは「モテる」とはどのような状態を意味しているのかを知らなければいけません。

「たったひとりの女性に好かれる」、「多くの女性に囲まれる」、「異性だけでなく同性にも慕われる」など、「モテる」という言葉には様々な意味があります。ここでは、モテるの定義を5つご紹介します。

モテるの定義①「多くの異性に好かれる」

まるで男性アイドルのように、多くの女性に囲まれている状態。

女性の友達が多く、告白された回数も数知れず。何人もの女性と付き合っては、別の女性と付き合うなど彼女が途切れない。男性の多くが思い描く「モテる」とはこれでしょう。

女性にモテるのは難しいように思えます。しかしポイントさえ抑えておけば誰だってモテることは可能です。

例えば特定の女性を狙うのではなく、自分を好きになってくれる人だけを選んで仲良くなる、という方法もあります。

これまで多くの男性が苦心して編み出し、実践してきただけあって女性にモテる手段は数多くあります。時代を率いるリーダーになったり、特別な技能の習得と比べれば、女性にモテることはまだ簡単です。

モテるの定義②「ひとりの女性に好かれる」

異性に言い寄られる人数ではなく、本命の女性にのみ好かれることをモテると考えます。

多くの異性に好かれるのとは違い、特定の女性だけを狙うことになります。ただし、すでに彼氏がいる可能性もあります。また「実際に話してみたら相性が合わなかった…」ということも十分あります。

モテるの定義③「同性にも好かれる」

異性だけでなく同性にも好かれている状態。

「同性に好かれてこそ本当にモテている」というのは、普遍的な真理です。女性に対しては優しくて親切、困っていたら笑顔で手を差し伸べる好青年。でも、男性が困っていても見て見ぬふり、無愛想でいつも上から目線でいばりちらしている。こんな男性が同性から支持を得られるはずありません。

同性からも好かれるのは、「裏表のない良い人なんだな」と評価されている証拠。恋愛でライバルになる可能性がある同性にモテる男性は、女性に信頼と安心を与えます。

当然ですが、同性にモテるといっても恋愛感情とは違います。人柄の良さや人間的な魅力に惹かれているのです。

モテるの定義④「他人に慕われている」

ある一定以上の地位にある人や強い権力を持っている人、スポーツなどで優秀な成績を収めた人など、他人の尊敬を集めるような人が当てはまります。

異性・同性の区別なく、カリスマ性があって憧れや尊敬の対象になっている人の周りには、多くの人間が集まります。

例えば世間を賑わせている格闘家や野球選手、ゴルフやテニスなどのプレイヤーの周りにはファンが大勢押し寄せていますよね。これも一種のモテ状態といえます。

モテるの定義⑤「他人にとって都合がいい」

他人にとって都合のいい人も、時として求められる対象になります。物やお金をくれる人、ある分野で専門的な知識や技術を持っている人は、様々な人から重宝される存在。

ただしあくまで求められるのは、その人の持っている物やお金、人脈、もしくは知識や技術のみ。異性を好きになるというモテとは全く違います。

例えばあなたのために、お金や物を貢いでくれる人がいたとしましょう。その人を手放したいとは思わないはずです。もしくは、あなたが多くの企業にとって利益となる技術や知識を持っていたら仕事のオファーが殺到するのは間違いありません。

これらの状態に恋愛感情ありません。それでも多くの人が求めているという意味でモテていると同じ意味になります。

「モテる」の5大定義まとめ

・アイドルのように数多くの異性に好かれる

・ただひとりの異性にだけ好かれる

・異性だけでなく同性にも好かれる

・数多くの人たちからの尊敬を集める

・お金や物、技術や知識を必要とされている

当てはまった人も当てはまらなかった人も改善の余地あり!

モテているつもりで実はモテていなかったのが判明した人も、がっかりすることはありません。モテ度を上げるために改善する余地は十分にあります。

あなたの目指す「モテ」を定義しよう

まず、自分がどの「モテ」を目指すのかを明確にしましょう。異性にだけモテたいのであれば、女性に好まれる要素を満たす必要があります。

「どうせイケメンや高身長じゃないからモテない…」とあきらめる必要はありません。女性にモテたければ清潔感を持つのは基本中の基本。雑誌やインターネットを参考にして、髪型や服装を変えてみたり、筋トレで程よく筋肉をつけるというのもいいでしょう。

女性を楽しませるために、コミュニケーション能力を磨くのもおすすめです。顔に自信がなくても会話が楽しい男性はモテるものです。

物やお金でモテることもできるけど

頼りにされたい、注目されたいのであれば、自分の得意分野を伸ばして尊敬を集めるのも良いでしょう。好意とはちょっと違いますがモテることはできます。

「自分の知識や技術が唯一無二のもの」という自負がある。そういう人は、感情を抜きにした、利益を追求したモテを目指すのも間違いではありません。

ただし、物やお金で人に好かれようとするのはおすすめしません。他人と仲良くなるのに物やお金で釣るのは最も簡単な方法。しかし、「金の切れ目が縁の切れ目」の言葉にもある通り、物品や金銭がもらえなくなるとすぐに人は離れてしまいます。

自分の望む「モテ」を明確にしよう!

・誰にモテたいのかをしっかりと決める

・お金や物を渡して仲良くなっても本当のモテにはほど遠い

「真のモテ」を知ってワンランク上を目指そう!

異性にモテたいなら、真のモテの本当の意味を理解しなければいけません。

あなたはどんなモテを望んでいますか?大勢の女性に囲まれる男の夢を目指すのも良いでしょう。他の女性などには目もくれず、ただひとりの女性だけに好かれることを望むのも好感が持てます。大変な苦労が待ち受けていますが、誰かに尊敬されるような人間を目指すのもありです。自分の知識や技術を使って、誰かに頼られる人間になるのもいいでしょう。

まずは最初の一歩を踏み出すために、自分の望むゴールを決めてください。そして、あなたが理想とするモテを目指して頑張ってください!