医者が女にモテる3つの理由!モテないドクターの解説もあるよ!

医者が女にモテるのは紛れもない事実!

いつの時代も、女性が好きな職業上位にくるのが医者。この項目では明確な理由を3つに絞って徹底解説しています。現役の医者の方だけでなく、これから医者を目指す方も人気の秘密を感じてください。医者のポイントがいつも高いのは紛れもない事実です。

医者が女にモテる理由①「カッコイイ」

医者はカッコイイに尽きます。人間たるもの必ず病気も怪我もします。痛みや苦しみから救ってくれるのが医者です。これは子どもから大人まで知っている事実格好よく見えて当たり前なのです。

患者が憧れているのに、同じ職場で働く人から見たらどうでしょう?仕事場の女からも高い確率でモテています。モテる理由はシンプルに格好いいからです。

医者が女にモテる理由②「高収入」

高収入を見込める医者はモテて当たり前です。女性は現実的な面が多いのは有名な話。高収入というだけで、ルックスに優れていなくても高得点をたたき出せるのです。

女性はお金と聞くだけで「奢ってもらえる」「将来安定」「プレゼントが豪華」など妄想が膨らみます。医者が高収入だということは、大人に限らず子どもでも知っていることです。

子どものときから女性は、「医者と結婚できたら幸せになれる」と思っている人も多いはず。高収入でモテないわけがありません。

医者が女にモテる理由③「高学歴」

高学歴が好きな女性は多いです。何かわからないことがあれば教えてもらえるからです。教えてもらうことで好きになってしまう女性が多いったらありゃしません。

女性は高学歴と聞くだけで、恋の予感を感じるのです。学校の先生が生徒にモテるという有名な話があります。女性は尊敬から恋愛に勘違いしやすい生き物です。

高学歴は女性が持っている恋愛テンプレートにハメやすいのです。(※「ハメやすい」というのはセックスしやすいという意味ではありません)

モテない医者は何が原因?

医者なのにモテない人はいます。モテる要素がたくさんあるのにモテない原因を、ここでは5つの項目に分けて詳細に解説しています。

現役で医者をしている方はもちろんのこと、これから医者を目指す人は必見の内容となっています。テスト勉強で一番点数が上がる勉強法は、ケアレスミスをなくすことです。

モテない医者は、ミスをしないことでかなりの確率でモテます。医者は変人が多いという印象を、もたれやすい面があります。医者というアドバンテージがあるのにモテないのなら、相当の理由があると考えるべきでしょう。

モテない医者の共通点①「自慢話が多い」

モテない医者の定番といえば自慢話が多いことです。医者のほとんどが小学校、中学校、高校と成績上位だったことでしょう。

その分、運動ができない、容姿が良くない、喋っても面白くないといった理由でモテないことも多いはずです。ただ、医者になった瞬間そのスペックだけで女性が興味を持ちます。

医者であることは確かに自慢できることです。ただ、「成績が優秀だった」というような話は医者というだけで既にわかっていることです。そのことを聞かせれてもしんどいだけ。

それより大切なポイントがあります。女性は自慢話が聞きたいのではなく「話を聞いてほしい生きものだ」ということ。医者と聞いただけで近寄ってくるのは「医者がキッカケでしかない」ということなのです。

つまり、あなた自身の魅力ではないのです。そんな状態で自慢話を延々されると、どんな女性も逃げてしまいます。自慢話だけは医者でなくても避けるべきです。

モテない医者の共通点②「遅刻の常連」

忙しい医者という職業は遅刻が多く、嫌がる女性もいます。女性は基本的に寂しがり屋です。待ち合わせのたびに遅刻されては「私は大切にされていない…」と女性に思われても仕方ありません。

「仕事なのだから仕方がない……」というは正論です。ただ、仕事のことを言われると、言い返せない女性の気持ちもわかってあげるべきです。理解のある女性と出会うまでは、遅刻はできるだけ避けるべきです。

セックスしたいならそれぐらいの我慢はしましょう。ヒーヒー言わせればこっちのものです。遅刻するぐらいなら、約束の時間に会って早く切り上げて帰る方を選ぶのがベター。

遅刻は相手の誤解を生みやすいので、モテないといえます。

モテない医者の共通点③空気が読めない

医者の方で空気が読めない方はモテません。例えば食事のときに、手術の話をするようなことではいけません。空気が読めない人が、モテないのは医者だけに限ったことではありません。

忘れてはいけないポイントがあります。医者は金銭感覚も人生経験も一般の方とはズレてる可能性が高いこと。だからこそ空気を読めるようになるべきです。空回りをすれば挽回しようとするのが人間。

医者の方は賢いだけに知識をひけらかしたり、自慢話をしてしまったりと最悪なことになりかねません。空気を読めない賢い人は、嫌われて当然です。

モテない医者の共通点④愚痴が多い

愚痴の多い医者は、絶対にモテません。仕事が大変で、愚痴を言いたくなるのもわかります。それはみんな一緒。モテる男は愚痴は言いません。いつもポジティブで前向きなのです。

医師は大変な仕事な上に、人間関係も大変です。しかし、女性は話を聞いてほしい生きものだということを、忘れてはいけません。せっかく医者と出会えたからといって、愚痴ばかり吐かれてはたまりません。

愚痴ばかり口する男は、絶対にモテません。

モテない医者の共通点⑤「上から目線」

医者は人から尊敬されやすい職業なだけに注意が必要。『上から目線』だと思われると必ず嫌われます。これは女性だけに限らず、病院業務においても同じです。

やたらと上から目線でものを言うような医者がいる病院は、今の時代流行りません。極論を述べるなら「ヤブ医者でいいから優しい先生に診てもらいたい」と、女性は思います。

「あの先生、よい先生や~」と言われるほとんどの理由は「医者の腕」ではなく、「同じ目線に立ってくれてる」「喋り方が優しい、丁寧」といった、おもてなしの部分です。

人はただでさえ馬鹿にされたくないもの。それを賢くて金持ちの医者に、上から目線で言われようものなら腹が立つのは当たり前です。「医者は何もしなくても、上から目線に見られがち」というのを忘れてはいけません。

医者でなくても、上から目線の人は嫌われるのですから。

医者が女性にモテる3つの理由

モテない医者でも、努力次第で簡単に女性からモテることはできます。それだけ医者には、女性を惹きつける可能性があるといえます。ここでは医者が、いつの時代でもモテる理由を3つに絞って紹介しています。

これから医者を目指す人は、ぜひ参考にしてください。

モテる理由①「医師免許の魅力」

医師免許は、日本で取得できる最高ランクの資格です。医師免許を持っていると聞くだけで、誰でも「食いっぱぐれはない」と思います。容姿に自信がなかろうと、運動神経が悪かろうが関係ありません。

医師免許を持っている、と聞くだけで女性は妄想が膨らみます。金持ち、賢い、将来安心、大きい家に住める、自慢できる……など言い出したら切りがありません。

医師免許を持ったら、モテない注意事項に気をつけるだけでモテまくりです。

モテる理由②「閉鎖的な環境が作るセックスシステム」

一説には医師は看護師やクラークといった医療従事者と、不倫や浮気をする機会がかなり多いといわれています。医療の仕事というのは命に関わる仕事です。ストレスの溜まり方も普通ではありません。

その上とても忙しく、休みも平日であったりバラバラ。医療従事者は意外と出会いが少ないもの。閉鎖的な病院という環境の中で、医師が格好よく見えるのは当然なのです。

ベッドや浣腸といった、セックスを想像させるようなものがまわりに溢れています。医者ぐらいしか、まわりに居ないのです。病院というのは、医師がセックスできるシステムが整っています。

モテる理由③世間体の良さ

医師は、誰が聞いても世間体がよいのは間違いありません。なぜならお金持ちで、賢くないとなれない職業だからです。これから先も絶対に必要とされる仕事。

格好よい、高収入、高学歴となれば、友だちにも家族にも自慢できる職業です。女性は自慢されたくないのに、自分では彼氏や旦那の自慢がしたいのです。金持ちで賢い身近な存在といえば、医者なのです。

弁護士より身近な存在というのも大きいでしょう。世間体の良さがピカイチの医者は、モテないわけがありません。

経済力+社会的ステイタス+優しさ=無敵のモテ

医者は努力次第で、無限にモテます。患者を優しいおもてなしする心があれば、誰だって好意を抱きます。「医師は性癖がすごい」という都市伝説もあります。

しかし、無敵のモテスペックがあれば、変態も逆に武器となります。例えばの話ですが、有名なマンガ『北斗の拳』のケンシロウが金持ちであったとしましょう。男だって抱かれます。

女性だって、気が付いたらパンスト一丁で七つの傷をベロベロ舐めています(ハイヒールは履いてません)。「ケンシロウみたいに強くなれ!」とまでは言いません。

非モテにつながるケアレスミスを、なくすだけでよいのです。モテない医者の注意事項をクリアするだけで、モテっぱなしです。