実の母親を嫌う子供に共通する3つの心理。子供に嫌われる母親の特徴とは?

この記事を書いた人
❁.。IZUHAZU。.✽

2年間の社内恋愛を経て7歳年上の男性と2014年結婚。2015年長男を出産し、2018年に長女を出産。現在2人の育児に奮闘する専業主婦。

あなたは、実の母親のことが好きですか?それとも嫌いですか?

今回の記事では、実の母親が嫌いな人に向けて「母親が嫌いだ」と思う子供の心理を紹介。

母親の特徴から、子供に嫌われる原因も探っています。

最後には、嫌いな母親との上手な付き合い方、「許してもいいかな?」と思えるタイミングも解説しています。

実の母親が嫌いな人は、意外に多い

「母親は、子供にとって絶対的な存在」などと言われています。

最近では「友達親子」や「兄弟みたいな親子」などと、仲の良さをアピールする親子も増えてきています

「母親が嫌いだ」と主張するだけで、「悪」にも取られそうな世の中になっているように感じます。

しかし「実の母親が好きになれず、悩んでいる」という方は、意外にも多く存在するのです。

Twitter上にも、

 

というようなつぶやきをあげている方が多数存在。

仲の良い親子が注目されているだけで、「母親が嫌いだ」と思っている方がいないわけではないようです。

つまり「嫌いだ」と思うことを悩む必要はないということ。同じ悩みを抱えている方は、たくさんいるのです。

「母親が嫌いだ」という人に共通する3つの心理

母親のことを「嫌いだ」と思ってしまう自分に、一番戸惑ったのはきっとあなた自身のはず。母親のことを好きになれない自分が、嫌になりそうなこともあったかもしれませんね。

しかし、まずは自分を責める前に自分の気持ちを認めてあげることが大切

母親が嫌いな子供の心理から見ていきましょう。

①あまり愛情を注がれず愛情不足

子供は誰でも母親の無条件な愛情を求めています。母親からの愛情を充分に受けていないこどは、愛情不足で「寂しい」と感じます。

愛情不足・寂しさが満たされない環境が続くと、味方を失ったような気分になるようです。

②干渉されるのに嫌気がさしている

①とは、反対に母親の愛情が強すぎるのも母親嫌いの理由になってしまうのだとか。

何をするにも母親の許可が必要なほど、干渉されると「早く母親から離れて自由になりたい」と思うのも当然です。

③育児を放棄され、厳しい環境で育ってきた

  • ギャンブルばかりをしている
  • 男遊びがやめられない

など、母親になっても独身気分が抜けない女性もいます。

最低限の育児をされず、厳しい環境で育つと母親に対して嫌悪感が生まれても無理ありませんよね。

子供に嫌われてしまう母親に共通する3つの特徴

子供に嫌われてしまう母親には、いくつかの共通する特徴があることがわかりました。

ここでは、子供に嫌われる母親の3つの特徴を紹介。

「あなたの母親は、当てはまっていないか?」を、脳内に自分の母親を思い浮かべながら読んでみてください。

①子供を思い通りに管理したい

  • あなたの為を思ってる
  • あなたの将来的のため

など、子供のことを思っているといいながら、実は「子供を思い通りに管理」している母親がいます。

  • 叶えられなかった夢がある
  • 学歴にコンプレックスがある

など、自分の人生を子供に押し付けてしまうのです。

②全てにおいて完璧を求めてしまう

  • テストは必ず90点以上
  • 徒競走は必ず1位

など、全てにおいて完璧を求める母親がいます。子供の実力が伴わないと、頭ごなしに叱ってしまうのです。

母親の設ける基準が高すぎるあまり、子供を苦しめてしまいます

③周囲の子供と常に比べてしまう

  • あの子は、テスト◯点だったみたいよ
  • あの子みたいに、練習頑張りなさい

など、周囲の子供と常に比べてしまう母親がいます。

中には、兄弟間で比べてしまう母親も存在。しかし、その行動は子供の自尊心を傷つけるだけ。

自分の子供のできない部分が目につく気持ちもわかりますが、できないどころではなく、できる部分を見るように心がけましょう。

否定ばかりせず「褒める・認める」たったそれだけで、子供のモチベーションは変わります

嫌いな母親と上手く付き合う3つの方法

母親が嫌いだからといって、一切付き合わないわけにはいきませんよね。ここは一つ、あなたが大人になってはみませんか?

あなたが少し大人になるだけで、嫌いな母親ともイライラせず上手く付き合っていけれます。

では早速、嫌いな母親と上手く付き合っていく3つの方法を紹介します。

①どうして嫌いなのか?原因を明確に

あなたは、どうしてお母さんが嫌いなのですか?まずは嫌いな理由を書き出してみましょう。

一つひとつ理由を書き出すことで、気持ちを落ち着かせるだけでなく、自分なりの対策を見出せることだってあります

②嫌いな母親でも感謝できることはあるはず

「お母さんが嫌いだ」と思っている今は、嫌いな部分しか目に入らないかもしれません。しかし、お母さんの全てが嫌いなわけではないはず。

嫌いな中でも、感謝しているところを見つけてみてください。

気づいた時には気持ちに変化が生まれているでしょう。

③母親に過度な期待をしない

  • お母さんなら◯◯してほしい
  • ◯◯なお母さんになってほしい

など、あなたの中に理想の母親像があるでしょう。

しかし、その理想を母親に押し付けるのはあなたを苦しめるだけ。

理想を求め、母親に過度な期待をするのはやめましょう

嫌いな母親を許せる日はくるの?

今は「母親が嫌いだ」と思っていても、このまま許せないままなのも辛いと感じませんか?いくら嫌いな母親でも「母親は母親」。

この世には「母親と絶縁状況だったはずなのに、あることをきっかけに良い親子関係を築けた」という親子もたくさんいます

彼らの実体験をもとに、嫌いな母親を許せるきっかけを3つ紹介していきます。

①母親を見て「歳をとった」と感じた時

誰よりも強く見えていたお母さんも、歳をとればなんだか小さく感じてしまうもの。

自分が一番だった母が、弱りきってあなたを頼って来た時「助けてあげたい」という気持ちが芽生えます。

②母親が謝ってきた時

あなたが過去を振り返るのと同じように、お母さんだって過去を振り返ることがあるはず。

「あの時、申し訳なかった」とお母さん自身が思える時がくるのです。

「あの時はごめんね」たった一言かもしれません。しかし、その一言だけで許せてしまうものなのです。

③母親に感謝の気持ちが芽生えた時

嫌なことばかりだったとしても、時が経つにつれ「いい思い出」に変化することがあるでしょう。

「嫌なこともあったけど、いい経験になったな」とプラスに考えられるようになった時、自然と歩みよれるものです。

「お母さん、嫌い!」ってなっても一旦冷静に

母親を嫌う子供の心理、子供に嫌われる母親の特徴、そして嫌いな母親と上手く付き合っていく方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

  • 母親からの愛情を充分に受けられない
  • 母親がなかなか認めてくれない

など、自分の欲求が満たされないと、相手のことを嫌いになってしまうのです。

しかし「母親が嫌いだ」と言いながらも、心のどこかでは「母親を許したい」と思っていることもわかりましたね。

それは、母親に対して「心の底から憎い」と思う子供はほとんど存在しないからかもしれません。

だからこそ「母親が嫌いな自分」と「母親を許せない自分」の間で悩んでしまうのでしょう。

「母親が嫌いだ」と思うことで自分を苦しめてしまう場合もあるのは事実。一度こじれた親子関係は、修復するのに時間がかかります。

様々なことが積み重なり「母親が嫌いだ」と思ったとしても、まずは一度冷静になりましょう

冷静になることで、

  • 苦労しながら育ててくれた記憶
  • 楽しかった思い出

など、母親に対する感謝の気持ちが芽生えてくるかもしれません。

相手を変えるのではなく、自分の気持ちを変えることで、物の見え方はきっと変わってくるはずですよ。