【男性向け】LINEのトプ画(アイコン・プロフィール画像)でモテるには|女子人気を獲得する5例

この記事を書いた人
青紫蘇
元風俗嬢WEBライター

長野県出身東京都在住、20代の女性フリーライター。自身のキャバクラや風俗での勤務経験を元に、ナイトワークや性に関する記事を多数執筆。また、恋愛や美容、酒、ガジェット、旅行関係など、さまざまなジャンルの記事執筆を手がけている。

女子が必ず見ていると言っても過言ではないもの…それはLINEのトプ画(アイコン、プロフィール画像)です。

LINEでの連絡が主流になっている今、トプ画はあなたの印象を大きく左右するんです。

トプ画のセンスが悪いと女の子からのメッセージの返信が来なかったり、会話が途絶えてしまうことも!

今回は、モテたい男子のためにNGなトプ画や逆に女子にモテるトプ画をご紹介します。

LINEだけでなくFacebookなどのSNSでモテたいときにも使えるので、参考にしてみてくださいね!

女子にモテるトプ画で好感度を上げよう

LINEのトプ画って、設定するときはあまり深く考えずに設定してしまいますよね?

ですが、女子は男子のLINEのトプ画を意外としっかり見ているものなんです。

初めてLINEを交換した男子やLINEで会話している相手など、何気ない時に男子のトプ画はチェックするもの。

というのも、トプ画にはその人の顔や身体だけでなく趣味やセンス、性格まで表れているため、自分との相性もチェックしやすいのです。

あなたも上手にトプ画を設定して、女子により良い印象を与えましょう!

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


他には、サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


女子に引かれる…アウトなLINEトプ画とは

モテるトプ画を知る前に、そもそもアウトなトプ画も知っておかなければいけません。

そこで、モテるどころか女子に引かれてしまう、絶対に避けるべきNGなLINEトプ画はどんなトプ画なのかご紹介します。

自撮りやプリクラはナルシスト判定されるかも?

まず、自撮りやプリクラで盛ったLINEトプ画は避けましょう。

自撮りやプリクラの写真は確かにカッコよく映って見えますが、実物とギャップがあまりにも大きいと悪い印象を与えてしまいます。

盛り盛りの自分の写真をトプ画にする男子はナルシストにみえるので、女子にはかなり不評なんだとか…。

また、LINEのトプ画は名前と顔を一致させるときや顔を思い出す時にも使われます。

格好良くても本物とかけ離れて映った写真は、誰だか分からず覚えてもらえません。

snowなどで画像の雰囲気などを少し加工する程度なら良いですが、やりすぎないように気をつけましょう。

女性アイドルやキャラクターの画像は我慢!

女性アイドルやモデルの写真、アニメキャラクターの画像もNG!

オタクっぽい印象を与えやすいですし、女性の好みを表明しているように映ります。

「自分って対象外?」と言われている気分になってしまうことも…。

「LINEを使っているときも、お気に入りのアイドルやキャラクターを見ていたい!」という気持ちはわかりますが、女性にモテたいのであればやめておきましょう。

LINEのトプ画でモテる5つのパターン

ここまでで避けるべきLINEのトプ画を紹介してきました。

ではここからは、モテたい男子が実践すべきLINEのトプ画を5つご紹介します!

これであなたも明日からLINEのトプ画でモテモテかもしれませんよ?

1.ペットなど動物の写真

 

この投稿をInstagramで見る

 

PECOねこ部さん(@pecocats)がシェアした投稿

動物の写真は女性にとても好評です。

女子は動物が好きな人が多いので、まず写真に注目してくれる可能性があります。

動物はなるべく小動物など一般的にかわいらしいといわれる動物がおすすめ。

また自分のペットをトプ画にすると、より効果的です。

気になる女子が同じ種類のペットお飼っていれば同じ話で盛り上がれます。

また動物をペットとして飼っているだけで、動物好きな「愛情豊かな人」という印象を与えられますよ。

2.旅行先の写真

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yusukeさん(@yubulb)がシェアした投稿

旅行先の写真もトプ画としておすすめです。

旅行に行くような行動的な人がタイプの女子は結構多いので、好感度もアップすること間違いなし!

そんな旅行先の写真トプ画にしたい場合、注意したいポイントが2つあるので合わせてチェックしておきましょう。

人気の観光地の写真

1つは旅行先として人気の場所です。

箱根や沖縄、台湾など安く気軽に行ける場所であれば、意中の女の子が訪れたことや行く予定である可能性が高いため、共通の話題として盛り上がれますよ!

少しマイナーな観光地の写真

2つ目は、あまり人が観光先として行かないような特殊な場所です。

土地の思い出や特徴的なエピソードを語ることで、ワイルドでバイタリティのある人という印象を与えることができます。

また、初対面の場合は「○○に行ったことのある人」と旅行先の印象で覚えてもらえるかも?

自分の旅行の経験やゲットしたい女子の性格にあわせて選びましょう。

3.スポーツをやっている自分の写真

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆう@写真アカさん(@sbskgk920528)がシェアした投稿

スポーツをやっている人は、スポーツをしている自分の写真をトプ画にするといいでしょう。

スポーツマンは女子にとても人気なので、モテ要素として効果的なんです。

トプ画にする自分の写真は自分の顔がアップになっているものではなく、チームメイトと一緒であったり、競技中や賞を取った時の写真がgood!

この場合も自撮りではなく、他の人が撮った写真の方がおすすめです。

筋肉をアピールするトプ画は「さりげなく」がポイント!

また、筋肉が映っている写真も女子の注目を集められます。

筋肉の写真を載せる場合は、あくまでも「さりげなく」映っているものにしましょう。

いくら筋肉があっても、裸で撮るなど筋肉を前面に押し出したような写真はNG。

やはりナルシストのイメージを持たれやすいです。

わざとらしくない筋肉アピールで、男らしさを出しちゃいましょう!

4.友達との写真

 

この投稿をInstagramで見る

 

岩崎勇樹さん(@yuubopanp)がシェアした投稿


友達との写真もモテるトプ画のひとつ。

友人と一緒に写っていることで、友達が多い社交的な性格であるというイメージを与えることができます。

また女子にとって、自分と接しているときのあなたの表情を想像できるので、親近感がわきやすいのだとか。

友人との写真は、友人と一緒に自然な笑顔で映っているような明るい雰囲気のものを選びましょう。

一部の男子が喜ぶような下品な面白写真は、苦手な女子もいるのでくれぐれも避けるように!

5.趣味の写真

 

この投稿をInstagramで見る

 

テルミャンさん(@theremeow)がシェアした投稿

趣味の写真も種類によっては効果的とても効果的。

スポーツはもちろん、映画のポスターや楽器の写真も知的で上品な印象があるのでおすすめ。

もしゲットしたい女の子がいるのであれば、その女の子が好きそうなジャンルの趣味の写真にしてみても良いでしょう。

同じ趣味を持っていたり、自分が好きなものを気になっていることがトプ画で分かった場合、女子の方からLINEで話しかけてくれるかもしれません。

LINEを制するものは恋を制す

LINEのトプ画は、女子の印象や気持ちを左右するとても大事なものです。

自分を格好良く見せることも大事ですが、いろいろな工夫をして自分の内面の良さを伝えましょう。

LINEのトプ画でライバルに差をつけて、女子にモテモテなLINEライフを送ってみませんか?