モテる女を落とすたった2つの心理テクニック|相手は同じ人間と心得よ

この記事を書いた人
ジョン(仮)

もともとファッションメディアを中心に執筆活動を行っていましたが、予定調和的な記事を書くことに嫌気がさし、DARLに参加させていただく運びとなりました。 趣味は”価値転倒”です。既存のメディアとはまた違った、毒のある記事作成に努めていきたいと考えています。 ”Fair is foul, and foul is fair."

本記事は「自らが所属しているコミュニティ内に存在するモテる女子」、いわゆる「アワー・マドンナ」を、なんとかして自分のものにしたい。そのように考えている男性諸君に贈る「五輪の書」です。

 

・どうせ付き合うのなら、みんなの憧れの的である「あの子」と付き合いたい

・ハイレベルな子を自分のものにして、自分に自信を持ちたい

 

上記のような思いを抱きつつも、どのようにして実行に移せばいいのかわからない方。ぜひご一読を。

自己啓発書みたいな要約になってしまいましたが、そこはご愛嬌。あくまで落とし込むのは自分。ぜひ実践あれ。

「モテる女子」のタイプはコミュニティによって様々

学校や職場など、様々なコミュニティに1人はいるであろう「モテる女子」

男女問わずに憧れの対象である「高嶺の花」タイプや、やたらと男受けがいい「小動物系タイプ」など、各コミュニティによってジャンルは様々です。

綺麗系もいれば、可愛い系もいる。グラマラスな子だっていれば、身体の線が細い子だっている。もちろん男性側からしても好みは人それぞれ。

そう、モテる女子に絶対というものはなく、相対的な評価のもとによってでしか「モテる女子」というのは生まれて来ないんです。

「モテる女子」がコミュニティ内でモテる女子というポジションに就けるのは、それを評価する人たちがいるからなんですね。

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


他には、サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


「コミュニティ内のモテる女子」。実は彼女たちには共通項が…

周りの評価によって形成される「モテる女子」。ジャンルは多種多様ですが、実は共通項があるんです。

①自分の魅力を適切に表現できる

ルックスや体型は人それぞれ。モテる女子は、自分の長所をより良く、あるいはコンプレックスを逆手にとって自分の魅力に還元してしまうことに長けています。

簡単な例)

<服装>

・男らしい顔立ちに、相当高い身長→ボーイッシュで爽やかなコーディネート

・他のみんなより背が低い→女の子らしい「か弱さ」を前面に押し出したコーディネート

②誰とでも分け隔てなく接することができる

「誰とでも分け隔てなく、対等に接する」。モテる女子はこれが完璧にできてしまいます。

異なる価値観を持った人に真剣に耳を傾け、決して他人を否定することをしない。だからこそ、人の信頼を集めることができて「モテる」んですね。

③身なりを清潔に保っている

モテる女子は、メイクからファッション、ヘアスタイルにおけるまで、徹底して清潔感をキープしているというもの。

「こいつらと一緒にいるだけだから、服装なんてテキトーで、メイクもすっぴんでいいや」なんてのは、まずモテませんからね。

つまり…モテる女子は「手を抜かない」

自分をよく見せることが上手で、誰に対しても気配りができ、誰に見られてもいいように清潔な印象をキープする…つまり、モテる女子というのは「手を抜かない」ものなんです。

「でもこれって、ほんの少し努力すれば、自分にだってできそうだぞ…?」と考えた方もいるのではないでしょうか?

そう、実践しようとする意欲さえあれば、そんなに難しいことではありませんよね。モテる女子を手に入れるためには、まずは自分を磨くことが先決。楽して意中の子を手に入れようとなんて考えは、いますぐに捨ててしまいましょう!

モテる女子を落とす前の下準備

モテる女子にアプローチをかける前に、ぜひとも自分磨きを行っておきたいところ。モテる女子が心がけていることを、そのまま自分も実践してしまいましょう。要約すると…。

・身なりを清潔に整える

・コンプレックスをむやみに隠さない。自分の特性を良しとして受け止めることを心がける

・自分と異なる価値観の人をむやみに否定せず、柔軟な姿勢を持って受け入れる

以上の3点に気をかけることができれば、自ずと男が磨かれるはず。

モテる女子を落としたい!という思いが強くなった時が、自分を見つめ直す絶好のチャンスです。

実践!モテる女子を落とす2つのテクニック

さて、上記の3点を心に留めて、実践していこうという意思を持つことができたなら、次は「モテる女子」を落とすための具体的なテクニックを紹介していきます。

①接触回数をとにかく増やす!

心理学には、はじめのうちは関心の外にあったものが、何度も繰り返し触れることによって、次第とその対象に好意を抱いていくという「ザイアンスの法則」、またの名を「単純接触効果」というものが存在します。

このテクニックを恋愛に応用しない手はまずありません。とはいえ、むやみに接触回数を増やすことがいいのかと言われたら、当然そんなことはない。

ストーカーだと思われぬように、スマートな触れ合いを心がけるのが肝要です。

はじめは「共通点」を大切に

学校や職場は、共通の話題が自然と用意されているフィールド。担任や上司、共通の学問領域や仕事内容を「うまく使って」、話題を常にストックしてしまいましょう。

直接会うだけじゃない!LINEや電話でも十分効果的!

対面のコミュニケーションだけでなくとも、LINEや電話でやり取りする方法も接触に含まれるんです。

例えばLINEであれば、

明日の授業で必要なレジュメってなんだっけ?

環境うまく使う君

前に〇〇さんが担当してたタスクってどんな内容だっけ、もしかしたら必要な知識になるかもしれないから教えて欲しくて…

環境うまく使うさん

など、同じコミュニティにいれば共通の話題はいくらでも作ることができてしまいます。事務的なやり取りから始めて、徐々にプライベートな話題にシフトしていくのが、賢いやり方であることは間違いありません。

②モテる女子と自分の類似性を演出する

「単純接触効果」以外にも押さえておきたい心理学のテクニックが「類似性の法則」。ことわざにも「類は友を呼ぶ」なんてものがありますよね。

人間は自分のパーソナリティーを他人と照らし合わせて安心感を得るという性質が備わっています。

実はこれが先に述べた「モテる女子の特徴を真似る」というところで活きて来るんですね。

「この人は分け隔てなく人と接することができる。」、「この人は小綺麗な格好をしている。」という、自らが普段備えているものに高評価をつけることで、自分のしていることに誤りがないかを無意識に確認し、共感を覚えるんです。

この性質を上手く利用すれば、モテる女子も自分を意識してしまうことは確実ですよ。

「モテる女子」をより魅力的に見せる「姿見」となれ!

上記の2点を総合すれば、モテる女子の気を引くには、その対象の「姿見」になることが大切。しかしながら、女性自身をそっくりそのまま映すだけではダメなんです。よりモテる女子を落とすには、「対象をより良く見せる姿見」になる必要があります。

アパレルショップの鏡で自分を見た際に、スタイルが良く見えたりするなど、いつもより見栄えがいいなと感じることってありますよね。

それになるんです!「対象の良さを十分に反映した上で、より綺麗に見せる。」

つまり、「モテる女子の良いところをより誇張し、対象が不満に思うことに対してはアドバイスを提示する。」…それが重要ということです。

モテる女子を落とすには「心地の良い存在」になろう

モテる女子を自分のものにするための方法は、「モテる女子のパーソナリティーをしっかりと真似た上で、相手の女性がもっと輝けるような方法を提示する」というもの。この感覚さえ掴んでおけば、「アワー・マドンナ」も自分をきっと必要とするはずです。

思い立ったが吉日。自分を磨いて対象にアプローチをかけ、一刻も早く「マイ・マドンナ」にしてしまいましょう!