めんどくさい?嫌われた?女子がLINEを未読スルーする理由4選

女子がLINEを未読スルーする理由4選|めんどくさい?嫌われた?

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

片思いの相手や友達、気になっている人などに送ったLINEが返ってこなかったとき、とても心配になりますよね。嫌われたかな?変な文章送ったかな?なんて気にしてしまうこともあるかもしれません。今回はそういった不安に対する解決法も含め、どうして相手が未読スルーするのか?についての理由をご紹介していきます。必ずしも、めんどくさい・嫌われたということにはならないので、是非参考にしてみてくださいね。

疲れている

送ったLINEの返信がなかなか帰ってこないという場合、1つの理由として、ただ「疲れている」ということが挙げられます。人によりますが、女子はLINEなどの連絡がまめな場合が多く、1人とはいわず多くの人とLINEをしている可能性が考えられます。その場合、多くの人と繋がっていたいと考えてLINEをしつつも、疲れている時には返信する時間が取れなくなったりします。「疲れているから時間を置いて返信しよう」と後回しにしている可能性も大いに考えられるので、一概に既読が付かない・返信がこないからといって落ち込む必要はないといえます。

また、余裕がある時にちゃんと返したいと考えている場合も考えられます。疲れている時に適当に返すより、返信したい時に返す方がいいと思っている可能性もあります。その方が楽しくLINEを続けられると思っているかもしれません。

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


他には、厚生労働省が利用を推奨している「COCOA」というアプリもおすすめです。

COCOAはスマホのBluetooth機能を利用して、新型コロナウイルスへの感染が判明した人との出会い・濃厚接触の可能性を確認することが可能で、ウイルスの感染拡大、クラスターの発生を防止できるんです。

上で紹介した他のアプリとは異なり、顔写真やプロフィールなどの登録をしなくても使うことができ、非常に手軽で、さらに18歳未満でも利用可能です。

もし自分が陽性になってアプリから情報を登録しても、個人情報は公開されないので安心。

ただし、このアプリはみんなで使わなければ効果も期待できないので、「どうせみんな使ってないでしょ」などと言わず、まずはあなたがダウンロードして使ってください。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan無料posted withアプリーチ


めんどくさい・連絡を取りたくない

一番気になるのは、めんどくさいと思われているのではないか?本当は連絡を取りたくないと思っているのではないか?ということだと思います。未読スルーになる理由の1つとして考えられるのが、めんどくさいから、という理由です。この場合、未読スルーになる前のやり取りの感じで読み取れる場合が多く、淡々とした「そうだね」「うん」という返事やスタンプが多かったりした場合、この理由に繋がる可能性があります。

自分と相手のやりとりの感覚が同じなのか、相手も楽しんでLINEしている感じが読み取れるかを考えてみると、めんどくさいと思われているかどうかが分かるかと思います。

返信がめんどくさいと思っている場合の中にも、2つパターンが挙げられます。1つはやり取り自体がめんどくさいと思っている場合。もう1つは、一時的に返信することがめんどくさいと思っている場合があります。後者の場合は、時間を置くことでまたやり取りが再開される場合もあるので、気長に待ってみるのもいいでしょう。前者の場合は完全に脈なしですので、きっぱり諦めて他の子にアプローチしましょう。

忙しくて返信するのを忘れていた

相手のスケジュールにより、忙しくて返信ができなかったという可能性も大いに考えられます。1日、2日の未読スルーで落ち込む必要はありません。人によっては学校や仕事が忙しく、携帯を見る時間がないという人もいます。もしかしたら相手は忙しくしているかもしれないと疑ってみることで、一概にめんどくさいと思われているかもと落ち込まなくて済みます。

もしも相手の都合が気になる時には、ダイレクトに聞いてみるのも1つの手です。相手にとっては、「気にかけてくれている」「自分の都合だけ押し付けてこない」という好印象に繋がり、後々楽しくやり取りできるようになる可能性も。

夜の仕事をしている

可能性の1つとして、夜の仕事をしているというものも考えられます。多くの人と連絡を取らなければならず、返信が後回しになっている場合があるかもしれません。夜の仕事をしている女の子は、仕事以外でいかにお客様と繋がるか、連絡を取るかが売り上げにかかわってくる場合も多く、LINEの返信に追われている場合があります。未読のLINEの数が100を超えている、なんてことも容易に考えられます。

そうなった場合、なかなかすぐに返信するというのは難しいのかもしれません。ただ、めんどくさくて返信をしないのと違って見込みはあります。未読スルーをされたことに対して不安を抱くことなく、もう少し待ってみてもいいかもしれませんね。

また、夜の仕事をしている場合は1日の時間の使い方が昼間に活動している人と違うため、すぐに返信がもらえていないということもあるかもしれません。送ったLINEが朝や昼間だった場合、相手は仕事の都合上寝ている時間だった、なんてことも考えられます。未読スルーがまだ半日、あるいは1日程度なのだとしたら、時間のずれで都合が合わなかったのかもしれないと考えてみてください。

返信を返してもらいたいときはどうすれば良い?

LINEの返信を返してもらいときは、相手の都合に合わせてやり取りをするよう心がけることが大切です。忙しい場合や疲れている時は別としても、めんどくさいと思われないようにするために大切なのは、自分の都合ばかりを押し付けないということです。相手は今どんな状況か?忙しいかもしれない、疲れているかもしれない、と予測してみることで、一方的に押し付ける形でのやり取りにはならずに済みます。

相手の都合を優先的に考えてLINEをするだけで、女性には好印象を与えることが可能です。「自分の事を考えてくれている」という感覚を覚えてもらうだけで、やり取りがどんどん楽しくなり、返信する感覚も狭まるでしょう。

また、変に「嫌われたかも」「めんどくさいのかも」と否定的に考えることで、その後に返信を強要する連絡をしてしまったり、追い打ちをかけてしまったりする行動を起こしかねません。だからこそ、まずは否定的に考えて落ち込むよりも前に、相手の立場に立って考えてみることが先決です。本当はとっても楽しんでやり取りをしているかもしれない相手に変な疑いをかけてしまう事はもったいないですし、チャンスを潰してしまいかねません。気長に待ってみるのも方法の1つです。

 

今回紹介した、「女子がLINEを未読スルーする理由4選」の中に、これかも?と気になった理由の1つが見つかりましたでしょうか?必ずしも嫌われたという訳ではないことがお分かりいただけたかと思います。女の子は特に感情が変化しやすく、ある時期に返信がめんどくさくなった、なんてことも大いに考えられます。未読スルーが一定期間続いたからといって悲観的にならず、次に何を話そうか楽しみに考えておくくらいの方が、自分のためにも相手のためにも良いかもしれませんね。