カラオケでモテる男の選曲は?女性とカラオケへ行く前に知っておきたい4つの心得

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

女性とのカラオケでモテるための選曲と振る舞いとは?

女性とのカラオケでモテたい男性は多いはず。しかしながら、女性とのカラオケって難しいですよね。「何を歌えばいいかわからない」「女性が歌っているときはどうすればいいの?」この中にはこんな悩みを抱えている人もいるはずです。

そこで今回は、女性とカラオケへ行く前に心得ておくべき、カラオケでモテる男の選曲とマナーについてご紹介します。女性とカラオケへ行くときには、是非参考にしてください。

女性ウケ抜群!カラオケでモテる男が実践する4つの心得

まずご紹介するのが、カラオケでモテる選曲です。ここでは、カラオケでモテる曲の特徴や、カラオケでモテる男が実際に歌っている曲などをご紹介していきます。女性とカラオケへ行った際は、ここで紹介する曲を歌っておけばモテること間違いなしです。

モテの心得1.みんなが知っている曲を選ぶべし

カラオケでモテるためには、みんなが知っている曲を選ぶことが大切。売り上げ枚数の多いヒット曲、テレビの歌番組でよく紹介されている曲、有線などで頻繁に流れている曲を選ぶと良いでしょう。悩んだ場合は、デンモクのランキングをチェックするのがおすすめ。

ランキングには、過去から現在までのカラオケの人気曲がズラリと並んでいます。ランキングに入っている曲には知名度の高い名曲が多いので、女性も高確率でその曲を知っているはずです。

モテの心得2.メロディやテンポのわかりやすい難易度低めの曲を選ぶべし

カラオケでモテるためには、メロディやテンポのわかりやすい曲を選ぶことも大切です。

メロディやテンポのわかりやすい曲は難易度が低いので歌いやすいですし、歌っていない女性も手拍子をしたり全身でノッたりして一緒に楽しむことができます。有名な振り付けがある曲なんかもいいですね。

モテの心得3.自分の声に合った曲を選ぶべし

カラオケでモテたいなら、声が低いのに高音のX JAPANを歌ったり、声が高いのに低音の福山雅治を歌ったりと、自分の声に合っていない曲を選ぶのはNGです。いくら女性ウケの良い曲でも、上手に歌いこなせないのでは意味がありません。

モテるどころかドン引きされてしまう可能性だってあります。声が低い人は低音を活かせる曲、反対に声が高い人は高音を活かせる曲を選びましょう。

モテの心得4.女性の好きな歌手の曲を選ぶべし

カラオケでモテるには、女性の好きな歌手の曲を選ぶのもおすすめ。

「普段どんな曲を聴くの?」「好きなアーティストは?」と質問を投げかけ、その回答に合わせて選曲してあげると高確率で喜んでもらえます。女性の好きなものについても知れるわけですから、一石二鳥です。

モテる男が実際に選んでいる鉄板の3曲!!

①星野源のSUN

星野源のSUNは、ゆったりとしたリズム、ポップで軽快なメロディが特徴。みんなで歌える曲なので、女性も一緒に楽しめます。音程が高過ぎず低すぎないので、歌いやすさも抜群。「恋」ほど定番過ぎないので音楽好きのアピールもできますし、可愛いプロモーションビデオで女性を喜ばすことも可能です。

②スキマスイッチの奏

スキマスイッチの奏は、女性をキュンとさせるバラード。切ない歌詞とメロディによって曲の中に入り込んでしまい、歌に聞き惚れてしまう女性も多いでしょう。声を張り上げることなく、優しく歌うのがおすすめです。

③Mr.childrenのHANABI

モテる男のカラオケにミスチルは外せません。HANABIはテレビドラマの主題歌にも使用されたヒット曲。知名度抜群な上に、「もう一回もう一回~」の歌詞で聴いている側の女性も一緒に盛り上がれるところが魅力です。恋愛系の歌詞でムードを演出できるところもおすすめポイントです。

ムードを壊す可能性大!モテたいならNGな3つの選曲パターン

カラオケでモテる曲があるなら、反対にモテない曲もあります。ここでは、モテるためには避けるべきカラオケでNGな選曲の特徴についてご紹介していきます。

①知名度の低い曲

無名アーティストの曲やアルバム曲、古すぎる曲やマニアックなアニソンといった知名度の低い曲はモテません。曲の間奏や曲が終ったときにはシーンとしたしらけた空気が流れてしまうので、注意してください。女性に「いい曲だよ!君も聴いてごらん!」と無理に曲を勧めるのもNGです。

②ラップやシャウトが多い曲

有名な曲なら問題ありませんが、ラップやシャウトが多い曲もおすすめできません。ラップの曲は難易度が高く一緒に歌えないので女性が暇になりますし、シャウトの多い曲はうるさいので女性を不快な気分にさせてしまいます。

③洋楽

一見、クールで知的なイメージを与えてくれそうな洋楽ですが、カラオケでモテるためには避けるべきといえます。洋楽は難易度が高いので、相当な歌唱力がない限りは歌いこなせません。また、英語の歌詞の発音がうまくできなかったとき、恥をかいてしまう可能性もあります。

歌以外でもアピール!カラオケでモテるために注意すべきマナー

カラオケでモテるためには、選曲だけでなく、女性が歌っているときのマナーにも気を付ける必要があります。ここでは、カラオケでモテるためのマナーについてご紹介していきます。

女性が歌っているときは歌を聴く

自分の番じゃないからといって、デンモクを延々操作するのは禁物。女性が歌っているときは、しっかり歌を聴いてあげましょう。一緒に歌ったり、手拍子などでリズムをとったりできれば尚良いです。ちゃんと歌を聴いていること、一緒に楽しんでいることが女性に伝わるようにしましょう。

自分の曲ばかり入れない

女性とカラオケに行ったら、女性と交互に曲を入れるようにしてください。たくさん歌いたいからといって、自分の曲ばかり入れるのはNG。女性が暇になってしまいます。女性から「あの曲歌って!続けてあの曲も歌って!」とリクエストがあった場合はOKです。

携帯を触らない

カラオケでモテたいなら、できるだけ携帯を触らないようにしましょう。女性が歌っていると、ついつい携帯を触りたくなりますよね。そこで携帯を触ってしまうと「私の歌、微妙なのかな?」「私とカラオケしても、つまらないのかな?」なんてことを女性に思わせてしまいます。

重要な電話やメールが来ない限り、携帯は触らないようにしましょう。

何度も同じ曲を歌わない

稀にいるんです。カラオケで何度も同じ曲を歌う人。そういう人は大体「練習したいんだよね」と言うのですが、練習なら1人でやってくださいという感じですよね。女性とのカラオケでこれをやるとモテるどころかウンザリされてしまうので、心当たりのある人は気を付けてください。

女性の歌を批評しない

カラオケでモテるたいなら、女性の歌を批評しないようにも気を付けてください。

「上手だね」と褒めるのは問題ありませんが、「高音が出てないんじゃない?」「もっとお腹から声を出さないと」といったアドバイスのようなことを言うのはNGです。上手い・下手は意識せず、純粋に楽しむことが大切です。

歌が下手でもカラオケでモテることは可能!

今回ご紹介した選曲のコツやマナーを心得ておけば、たとえ歌が下手な人でもカラオケでモテる男になれること間違いなし。アップテンポの曲で一緒に盛り上がったり、バラードでメロメロにさせたりして、相手の女性のハートをGETしちゃいましょう。

女性とカラオケに行く機会が多い人やカラオケでモテたいという人は是非参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください