シングルマザーとの恋愛で悩まないためのポイント3つ|辛い、疲れたを回避するコツ

この記事を書いた人
❁.。IZUHAZU。.✽

2年間の社内恋愛を経て7歳年上の男性と2014年結婚。2015年長男を出産し、2018年に長女を出産。現在2人の育児に奮闘する専業主婦。

素敵だなと思っていた彼女が、実は結婚歴がありしかも子供がいるということが判明!予想外の出来事に、一歩引いてしまう男性もいるのでは?

結婚歴があるから、子供がいるからといってその彼女を諦める必要はありません。シングルマザーとの交際で幸せを掴んでいる方も多くいます

今回の記事では、シングルマザーとの恋愛で立ちはだかる大きな壁を乗り越えるためのコツや、シングルマザー相手だからこそ楽しめる恋愛パターンも紹介します!

シングルマザーと恋愛する男性の生の声を紹介

シングルマザーだと打ち明けられると、将来への不安から、前へ進むことを恐れてしまう男性も。

ですが、その不安を乗り越え、シングルマザーとの恋愛で幸せを手に入れられた男性も多くいます。

その男性の多くは、

①好きな人に子供がいたから仕方ない!過去も全て愛せている

②子供とのコミュニケーションを大切にしていることで、他の家族より強い絆で結ばれている
③家事、育児、仕事を一人で頑張って来た彼女をとにかく楽にさせてあげたい、守ってあげたい

と前向きに向き合っている人が大半です。

「シングルマザーだから、幸せをつかめない」ということは全くありません。

シングルマザーであることをネガティブに捉えるのかポジティブに捉えることができるのか、気持ちの持ちよう。そうです!自分次第で未来は変えられるのです

シングルマザーが恋愛に抱く悩み・不安とは

もちろん、シングルマザーということに悩みや不安を抱いているのは男性だけではありません。

「自分が恋愛することで、子供は悲しまないかな?」「男性の負担になることはないのか?」などと悩みは尽きません。

子供とあなたの間に挟まれ一番不安な気持ちと戦っているのは女性です。

シングルマザーが抱いている悩みや不安を優しく取り除くことで、あなたに少しずつ心を開いてくれることでしょう。

では、ここでシングルマザーが何に対して不安や悩みを抱いているのか紹介します。

どんな声をかければ、あなたに心を預けやすくなるのかも紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

①男性と子供が仲良くなれるのか

シングルマザーが一番多く抱えている不安No. 1は子どもに関すること。

やはり、子供は自分の命より大切な存在。「自分のせいで悲しませるようなことはしたくない」と誰もが思っています。

子供とあなたの関係が上手くいかないなら、「結婚を諦めよう…」という気持ちがチラつく方もいるかもしれません。

そんな不安を抱えている女性には、「子供のことは俺に任せて!」「今は心を開いてくれなくても本当の親子になってみせるよ」などと、前向きに伝えるのが効果的。

自分の子供だと思って育てたいと本気で思っていることをアピールするといいでしょう。

②同じ失敗を繰り返してしまうかも

離婚した原因がなんであれ、一度失敗してしまったという事実は、大きなトラウマになってしまいます。

また「同じ失敗を繰り返すなら、最初から結婚なんてしない方がいいかも?」と思っている女性が多数いることも事実。

そんな女性には「過去も丸ごと愛すよ」「二度と悲しい思いはさせないよ」など、前の人と自分との結婚は別物であると、言葉で伝えましょう。

過去も含めて全てを愛し、一生守り続けるという覚悟を見せてあげてください。

③周りから反対されてしまうかも

結婚は2人だけのことではありません。

いくらあなたが「結婚したい!」と真っ直ぐに気持ちを伝えていても、結婚歴、子持ちの自分をあなたの両親は妻として認めてくれるのかは、気になるところ。両親の反応が心配な男性も多くいます。

そんな時には「反対されても自分の気持ちは変わらない」「必ず両親を認めさせる」など、両親の言葉で意思が変わらないとしっかり宣言を。

「どんな困難にも2人で立ち向かっていきたい」というあなたの思いこそが大切。

男側が頼もしさを言語化すれば、女性の心はうんと軽くなります。

シングルマザーとの恋愛にはだかる大きな壁

初婚同士の恋愛に比べて、シングルマザーとの恋愛は大きな困難があるのは否定できません。

ですが、必ず乗り越えていける壁でもあります。

ここでは、どんな壁があるのか、またどんな風に乗り超えていけばいいのか具体例を2つ紹介します。

①男性の両親の反対

今ではシングルマザーとの結婚も耳にする機会が増えました。しかし、まだまだ親世代には受け入れ難いのが実情。

男性が初婚だと、特に反対されるかもしれません。

そんな時には、女性が強く前に出るのではなく、あなたがクッションとなる必要があります。

女性の過去を見るのではなく、「今を見てほしい」と根強く話し合うことが大切。

②子供が父親だと認めてくれない。

本当のお父さんと離れることになり、一番不安だったのはやはり子供でしょう。

急に現れた男性に、子供が不信感を持ってしまうのは仕方ありません。

無理に距離を詰めるのではなく、時間をかけることが肝要。

まずはお父さんではなく「友達」のように身近な存在になることを目標にしてくださいね。

簡単に乗り越えられそうな壁ではないけれど、大好きな人と一緒なら乗り越えられそうな壁ですよね?

2人で乗り越えることで、今よりもっと強い絆で結ばれることでしょう。

シングルマザーとの恋愛で悩まないためのポイント3選!

初婚どうしの恋愛でも悩みは付き物。シングルマザーとの恋愛は、さらに悩みが増えてしまいやすい傾向に。

できるだけ悩みを減らせるよう、押さえておきたいポイントを3つ紹介します。

①いい父親アピールをしない

誰だって最初から、いいお母さんやお父さんではありません。後悔したり悩んだりしながら親になっていくのです。

ですが、シングルマザーと恋愛中の男性は、「子供に認めてもらいたい」という一心で、いいお父さんになろうとしすぎる傾向が。

実はこの思いがネックになることもあります。

焦っていいお父さんを無理に演じるのはNG

ですが、ずっといいお父さんでいるわけにはいきません。

いいお父さんになろうとしていたばかりに、彼女や子供を「初めはいいお父さんだったのに…」と、ガッカリさせてしまうと返ってマイナス。

いいお父さんを演じるというのに、そもそも無理があるのです。

失敗も後悔もするけれど、時間をかけて本当のお父さんになるつもりで接することをおすすめします。

②彼女と対等でいること

子供がいることを引け目に感じ、下手に出てくる女性も多くいますよね?

気持ちはわかるものの、それだと本当の家族にはなれません。

子供がいてもいなくても、あなたの存在を大切に思っていることをお忘れなく。

「いつも対等でいたい」と伝えることを常に意識してくださいね。

③生活リズムを理解する

シングルマザーの生活リズムは全て子供中心。なかなかあなたを優先する時間はないでしょう。

もしかしたら、寂しく感じてしまうこともあるかも?

お互いの生活スタイルを尊重しあうことで、上手くいきやすくなります。

「普段は、彼女や子供の生活リズムに合わせるから、時には自分との時間を作ってほしい」と事前に決め事をすれば、すれ違いを回避できるでしょう。

シングルマザーだからこそ楽しめる恋愛パターン

初婚同士、いわゆる普通のカップルではないからこそ楽しめる恋愛パターンもあります。

①恋愛の段階で擬似家族体験

付き合っている段階で、実際の家族を想像することはできません。

デートに必ず子供がいるから「この人と家族になればこんな感じなのか」などと想像しながら、楽しめます。

②気取ったデートではなく気を使わない心から楽しめるデートばかり

記念日や誕生日はおしゃれなディナーなど、気取ったデートは、やはり気を使うもの。

子供を含めたデートだと、おしゃれなレストランよりは居酒屋やファミレス。

変に肩に力を入れることなく、いつもリラックスした状態でデートを楽しむことができます。

シングルマザーとの恋愛も気軽に楽しんで!

シングルマザーとの恋愛事情、いかがでしたか?

もちろん、デリケートな問題があるのも確か。一見ハードルが高いように感じてしまうシングルマザーとの恋愛も、ポイントを抑えれば、気軽に楽しめそうな気がしませんか?

「素敵…」と思っている女性が、シングルマザーだからといって、一歩も前進しないのはもったいない!

シングルマザーだからこそ楽しめる恋愛パターンが無数に存在。新しい自分を発見することも可能です。

幸せは、シングルマザーだから訪れないのではありません。お互い上を向いていれば幸せは訪れます

なかなか前に進めずにいるあなた。さあ勇気を出して、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

沢山の困難を乗り越えるからこそ、得られる大きな幸せがきっとありますよ。