「シングルマザーが再婚を決意する決め手とは?おすすめの出会いスポットも紹介

この記事を書いた人
❁.。IZUHAZU。.✽

2年間の社内恋愛を経て7歳年上の男性と2014年結婚。2015年長男を出産し、2018年に長女を出産。現在2人の育児に奮闘する専業主婦。

こちらの記事は結婚を考えている相手が、シングルマザーという人に向けて書いています。

「彼女と彼女の子供との未来を考えているけれど、彼女はそうではなさそう」「彼女との結婚に踏み切れない理由とは?「どんなアプローチをすれば、再婚を決心することができるのか?」

気になるアレコレを、シングルマザーと結婚した男性の生の声と一緒に紹介します!

シングルマザーと結婚した男性の心理は?

数々の困難を乗り越え、めでたくシングルマザーと結婚した男性がいます。これからシングルマザーとの結婚ライフを想定している人にとって、ゴールインできた男性の心理はかなり気になるはず。

結婚した多くの男性が「シングルマザーという壁を感じていなかった」と答えます。

彼らが共通して口にすること。それは「好きになった人がたまたまシングルマザーだっただけ」というもの。

彼らは「シングルマザーとの結婚=たくさんの壁が存在」と捉えていないのです。こんな風に言ってのける男性に懐のデカさを感じますね。

シングルマザーが再婚しようと決心する決め手3選!

シングルマザーが再婚しようとする際、ハードルは想像以上に高いもの。

一度結婚生活に心配し、自信をなくしていることもハードルが上がる理由の一つ。また子供という自分より大切な存在がいることも、再婚へ踏み出せない大きな理由です。

ですが、世の中には再婚という道を選んだシングルマザーが多くいます。その女性達にとって、何が再婚の決め手になったのでしょうか?

再婚の決め手となるポイントをいくつかご紹介。シングルマザーとの結婚を見据えて交際中の男性は必見です!

①子供とあなたが本当の親子に見えた時

結婚は自分と相手の相性を第一に考える必要があります。ですが、子連れの再婚となると話は別。彼女とあなたの相性はバッチリということもあるでしょう。ですが、子供との相性は悪いのに、再婚に踏み切る女性はほぼいません

シングルマザーは女でありながら母親

彼女にとって子供は、何よりも守るべき存在。その子供の感情を置き去りに、自分の幸せを選ぶ母親はいないでしょう。

全員ではないものの「父親がいなくなったこと」に、後ろめたさを感じるシングルマザーもいるでしょう。「子供を大切にできる新しい父親がいれば」と、願うのも無理ありません。

あなたと子供の相性が良ければ良い程、再婚へのハードルは低くなるでしょう。もちろん、最初から相性がピッタリな方がレアケース。

「あなたが子供との距離をうまく詰められるのか?」「あなたと子供がいつか本当の親子になれるのか?」と、双方の姿勢やコミュニケーションの取り方を常にチェック!

「この人ならいつか本当の親子になれるかも?」と、シングルマザーに感じてもらえれば、大きく再婚へ前進します!

②あなたが彼女の心の拠り所になれた時

シングルマザーは、とにかく多忙。朝から晩まで働き動き続けることもしばしば。

家に帰ってもお母さん役、お父さん役を1人でこなしているのです。シングルマザーに休む暇は、ほとんどないことも。

だからこそ、心の拠り所になっている男性を見つけた時、再婚という言葉が頭をよぎります。

優しく穏やかだったり、自分の過去を受容できる、器の大きな男性に心を預けやすいのは道理でしょう。

③経済的に頼れると感じた時

シングルマザーの多くが再婚相手に求める条件として「経済力」と回答。男性の中には「やはりお金が最重要ななんだ…」と感じる男性もいますよね?

しかしシングルマザーにとって、パートナーの経済力はものすごく大切な要素なのです。

仕事、家事、育児全て1人でこなしているシングルマザー。仕事をしながら育児となるとフルタイムで働くことは、想像以上に大変。そのため、少ない給料でやりくりしながら、育児をする女性もたくさんいます。

「愛があれば他に何もいらない」なんて簡単に答えられる程、現実は甘くないというのを肌で知っている彼女たち。

もちろん「お金さえ持っていれば誰だっていい」と思っている女性は、多くありません。ですが「好きだけど、経済力がないから結婚をやめよう」と思う女性は、たくさんいます。

結婚したいと思う相手がシングルマザーなら、ある程度の経済力をつけておくことが鉄則です。

シングルマザーの再婚相手に適している男性の特徴3つ!

では、どんな男性がシングルマザーの再婚相手に適しているのでしょうか?

自分の性格と重ねながら読んでみてくださいね。

①分け隔てなく愛情を注げる

シングルマザーと再婚した後、自分の子供を授かるかもしれません。その際、連れ子と自分の子供、愛情に差をつけてしまう男性が中にはいるのだとか。

この問題は離婚理由にもなってくる程、大きな問題です。自分の子供が可愛いのは当たり前。ですが、シングルマザーと結婚し、連れ子を自分の子供として育てる覚悟をしたのも事実。

愛情に差をつけてしまうのは、父親としての器が足りません。どちらにも分け隔てなく愛情を注げる男性が適しているのはいうまでもないでしょう。

②優しくおおらかな人柄

この条件は、全女性が希望する条件ではないでしょうか?

もちろん、誰もが優しくおおらかな男性を結婚相手として求めるでしょう。

ですが、シングルマザーは一度結婚に失敗した過去が…。そのミステイクを許し受け入れることができる男性は限られています。

一度深い傷を負っているからこそ、博愛的な男性を求めているのです。

③安心感がある

シングルマザーは、前回の結婚でさまざまな不安を経験してきています。精神的不安なものだけでなく、経済的な不安も覚えていたでしょう。

先程、再婚の決め手になる条件でも触れました。シングルマザーは総体的に、生活が窮困しやすい傾向にあります。経済力があれば安心できるのは、当然。

また女性は男性よりも何かと心配しやすい生き物。元来、憂鬱に傾きやすい性質があるのです。しっかりと支えてくれるパートナーがいれば、大きな安心感に包まれます。

それが全ての面に、良い影響を与えるのは間違いありません。

再婚相手を見つけるための絶好のスポットは?

最近では、マッチングアプリなど手軽に出会えるツールも多く利用されています。ですが、余りに手軽すぎて結婚相手を本気で見つけるには不向きな面も。

「本気で結婚相手を見つけたい!」そんな男性にオススメなのは、ズバリ!
結婚相談所
婚活パーティー
です。

結婚相談所や婚活パーティーは、お金を払わなければ登録や参加が不可。マッチングアプリなど、気軽に始めることができるツールより、結婚に対してより本気な人が登録しています。

また、好みや条件などに応じて仲介をしてくれる方がいるのも安心。お互いに結婚をゴールと定めパートナー探しをしているため、トントン拍子で二人の仲が進むことも十分ありえます。

シングルマザーが再婚する時の不安点

シングルマザーが再婚する際に抱く不安は大きく3つ。
①子供との相性
②あなたの両親との相性
③あなたと理想の家庭像が同じか
です。

①、②はあなたや彼女の頑張りでなんとかなりそうな気もしますが、③は頑張りだけでは解決できません。

再婚してから、理想の家庭像に相違があるとわかれば、また同じ失敗を招いてしまうかも?

「再婚相手とどのような家庭を築き、どんな人生を歩んでいきたいのか」進むべき道を定める必要があります。

シングルマザーと新しい幸せを掴むために

シングルマザーとの結婚は、初婚同士の結婚より困難ははるかに多いでしょう。

一度結婚生活に失敗しているから、意図的に男性を遠ざけてしまう女性もいます。

しかし、幸せな結婚生活に強い憧れを抱いているのもまた事実です。

「今はシングルマザーで大変だけど、いつかはもう一度幸せを掴みたい!」と願う方がほとんど。

子供のこと、お金のこと、あなたのこと、全てを大切に思うからこそ、慎重にならざるをえません。

あなたが彼女の心の拠り所になってあげることで、お互いに幸せを掴むことがきっとできるはずです。