イケメンなのにモテない?残念メンズの特徴5選

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

身近に「イケメンなのに全然モテない男性」はいませんか?「顔が整っていて、誰から見てもイケメンなのに、なぜかいつも彼女がいない」「高学歴で経済力もあるのに、女性からアプローチを受けている様子がない…」

そんな、なぜか残念な男性には、ある特徴があります。今回は、5つの残念メンズの特徴をご紹介します。「顔はそこそこのはずなのになぜかモテない」と悩んでる方は、ぜひ参考にしてみてください。

イケメンなのにモテない男の特徴①:清潔感が無い

イケメンなのになぜか「惜しい」と言われる男性は、清潔感に欠けていることが多いのではないでしょうか?

例えば、髪の毛を整えず寝癖がついていたり、服装にこだわりがなく常に普段着のような格好だったり。このような男性は、一般的に言われる「素敵なイケメン」とは違った印象を受けます。

イケメンなのに、手入れが行き届いておらず、「清潔感がない男性」は女性からモテません。清潔感がない男性とは、イメージ通り、服装がだらしなかったり、髪の毛がボサボサであったり、肌ケアを怠っている男性のことを指します。

恋愛に対して興味がなく、自分ケアを怠ってしまっている男性も多いようです。恋愛したいと思っていない男性は、出かける前の服装選びを意識的にする必要もないので、だらしない格好になりがちですし、ヘアスタイリングや肌ケアにも意識が回らないのです。

「イケメンなのにもったいないな…」と感じてしまう男性がいたら、その男性はまさに「残念メンズ」だといえます。清潔感を感じさせない男性は、女性に嫌悪感を抱かせてしまい、好感を持たれないことがほとんどでしょう。顔がイケメンだからこそ、より周りが抱く残念度が高いのかもしれませんね。

イケメンなのにモテない男の特徴②:体臭や口臭がキツい

女性は匂いに敏感な人が多く、恋愛対象の相手も匂いで見分けるといわれています。あなたの周りに、体臭や口臭がきつい男性はいませんか?

「体臭や口臭がキツい男性」は、どんなにイケメンでも女性に好感を持ってもらうことは難しいといえるでしょう。香水である程度ごまかすことは可能かもしれませんが、男性自身が持つ体臭や口臭を完全に消し去ることはできません。

原因は、食生活や自分の匂いに対するケア不足にあるようです。普段の食生活がジャンクフードばかりである人は、やはり体臭がきつくなりやすく、自然と口臭も気になってしまうでしょう。素敵なイケメンは、人から見えない生活態度にも意識が高いのかもしれませんね。

自分の体臭と口臭は大丈夫かどうか確認し、対策を取ることで、残念メンズから抜け出せるはずです。

イケメンなのにモテない男の特徴③:そもそも周囲に女の子がいない

当たり前ですが、イケメンでも出会いがなければモテません。「なぜイケメンなのに、いつも彼女がいないのだろう…?」と不思議に思う男性が身近にいたら、そもそも女の子との出会いがないのかもしれないと考えてみましょう。

新たな環境に踏み出さず、女の子と出会う機会をもたない男性は、モテないメンズとして認識されがちです。はなからモテようと思っていないか、恋愛自体に一切興味がなく、女の子と出会おうとしていないのかもしれません。あるいは、顔がイケメンでも、おとなしい性格で、出会いの場に出向くことが苦手なタイプの男性も、モテにくくなるでしょう。

これといった残念ポイントが見当たらず、しかもイケメンの男性がいるなら、ただ出会いがないからモテないと判断できます。

イケメンなのにモテない男の特徴④:立場の弱い相手に横柄な態度を取る

あなたの周りに、プライドが高く、立場が下の人に対して横柄な態度をとる男性はいませんか?「お前は…」と相手を責めるような口調で話したり、逆に「俺は…」と自分の立場を立てるような傲慢な口調で話したりする男性は、優しい「イケメン男性」とはかけ離れているといえるでしょう。もしも顔がイケメンなのだとしたら、周りの人も余計ショックが大きくなるかもしれませんね。

こんな男性は、イケメンなのに外見の手入れを怠ってしまっているばかりにモテない男性より、はるかにやっかいな残念メンズです。なぜなら、残念なポイントが内面にあると、直すのに結構な時間を要するからです。

横柄な態度を取って周りを脅かす男性は、自覚がない場合が多いので、どんなにイケメンでもモテない場合がほとんどでしょう。直そうと思ってもなかなか難しいのも特徴です。イケメンは、やはり顔だけではなく、内面の優しさも関係してくるのです。どんな立場の人にも優しく接することができ、笑顔がさわやかな男性は、魅力的に見えるはずです。

イケメンなのにモテない男の特徴⑤:愚痴や人の悪口を言いがち

横柄な態度をとる男性と同様に、愚痴を言ったり人を悪く言ったりする男性も、モテるはずがありません。「あいつ、本当にダメだよな」と飲み会などで人の悪口を言う男性がいますが、このような男性は「イケメン」とは呼ばれにくくなります。

特に、他人への当たりが強い男性がイケメンであればあるほど、より残念に映ってしまうかもしれません。仕事の愚痴が絶えなかったり、楽しい飲みの会の席にまで悪口を持ち込む男性も少なくないようですが、そのような男性と一緒にいたいと思う人は果たしているのでしょうか?

本当のイケメンであれば、周りにいる人をハッピーにするような明るいオーラを放つはず。「この人のそばにいたい」と思われる男性は、男女関係なく好感を持たれ、「モテ」にもつながってくるのです。イケメン男性と言うのは、内面に余裕があり、優しい心を持ち合わせていることが大切なのです。

 

今回は、「イケメンなのにモテない残念な男性の特徴」をご紹介しました。

イケメンと判断される特徴としては、顔だけでなく、高学歴で経済力があったり、真面目で優しい男性が挙げられます。そんな男性が残念イケメンに認定されてしまうのは、自分に対するケアの怠りや、恋愛に関心がないことが原因のようです。自分に当てはまる傾向があったり、周りにそのような男性がいたら、外見的要因なのか、それとも内面的要因が原因なのかを判断してみるといいですね。