スキューバダイビングの出会いが、恋愛につながる3つの理由を解説!

この記事を書いた人
マッスル北川

筋肉と愛の戦士。某格闘漫画にハマったことをキッカケに体を鍛え始める。「脂肪が筋肉に変わる」「腹筋だけしていれば痩せる」そう思っていた時期もありました。間違った知識で時間を無駄にしたことを教訓に、効率的に痩せる&鍛える方法をお届けします!

実は、あなたが趣味にしているスキューバーダイビングは、彼女を作りやすいレジャーなんです。ダイビングをしているだけで、どうして恋愛につながりやすいのか、気になりませんか?そこで今回は、スキューバダイビングで彼女を作りやすい理由をご紹介します。

スキューバダイビングは出会いにつながりやすいレジャー

スキューバーダイビングは、女性と出会いやすい環境が整っているレジャーなんです。普段の生活では絶対に見ることのできない海中。特殊な環境で行うダイビングは、未知なことだらけ。好奇心半分、不安半分でドキドキが止まらなくなります。

そんな不安だらけの状況が「吊り橋効果」など、様々な心理状態を引き起こします。不安や恐怖を感じている女性に、あなたが優しく手を差し伸べてあげられれば、きっと頼れる男性と感じてくれるはず。

そんな、楽しさと危険が隣り合わせのスキューバーダイビングは、恋の生まれやすいレジャーなんです。

スキューバダイビングで出会い結婚する人も!

スキューバーダイビングを通じて、生涯の伴侶を見つけてゴールインする人も少なくなくありません。

ダイビングをする時、ほぼ一日中女性と一緒に行動します。言葉のコミュニケーションがとれない海中なので、自然と触れ合う機会も多くなりますよね。同じ状況を共有することにもなりますから、お互いの距離もどんどん近づきます。

スキューバーダイビングは仲間を作りやすい

スキューバーダイビングのツアーに、ひとりで参加する女性も多いんです。

潜ることに慣れている人もいれば、初心者の人だっています。はじめてのスキューバーダイビングは、楽しみと不安が入り交じるもの。そんな人達が多く集まっていますから、感情を共有しやすいんです。

ダイビングポイントまでの移動中に、参加者同士で会話する機会が生まれます。普段は他人に話しかけるのが苦手な人も、興奮状態にあると饒舌になるもの。打ち解けて仲間意識が芽生えるのに時間はかかりません。

仲良くなった女性に「今度一緒に潜りませんか?」と提案しながら、自然な形で連絡先も交換できます。「最初は一緒にダイビングをする趣味友だったのに、気づけば生涯の伴侶になっていた」という男女が実は多いんです。

ダイビングは彼女を作りやすい要素がたくさん!

・不安や緊張が吊り橋効果を生む

・一日中女性と潜ることになる

・言葉が通じないので触れ合う機会が増える

・同じ状況を共有するから仲間意識が芽生えやすい

ダイビングの出会いが恋愛につながる3つの理由

「スキューバーダイビングが出会いにつながりやすいレジャー」というのは分かっていただけたと思います。では、どうしてそれが恋愛にまで発展するのか?それにはちゃんとした理由があったんです。

恋のドキドキと勘違いする

「海の中は面白そう!」と思う半面で、「溺れたらどうしよう」、「酸素がなくなったら…」と、考えてしまいます。いくら事前に安全だといわれていても、初心者は不安になるもの。このドキドキが「吊り橋効果」を生むのです。

吊り橋効果とは?

「吊り橋理論」、「恋の吊り橋理論」とも言われています。強い不安や恐怖を感じている時に出会った人に対して、恋愛感情をいだきやすくなる効果のことをいいます。

1974年に、カナダの心理学者「ダットン」と「アロン」が提唱した学説。まず、揺れる吊橋と揺れない橋の中央に女性を配置。その吊橋を、実験に選ばれた男性が渡ります。

男性が橋の中央まで来ると、女性が突然アンケートを求めます。そして、「結果が気になる場合は電話をして」と、男性に電話番号を渡すのです。すると、安定した橋を渡った男性より、吊橋を渡った男性の方が多く電話をしたというのです。

このことから、緊張や不安、恐怖などのドキドキと、恋愛感情の興奮を勘違いすることが実証されました。

海の中はドキドキが一杯!

海中にいることで、吊り橋効果が期待できます。暗くて広い海の中に潜るスキューバーダイビングは、不安と恐怖がそこかしこに溢れています。

普段見ることのない世界を体験しているという興奮、「空気がなくなったらどうしよう」という不安、「皆とはぐれたら生きて戻れないのでは…」という恐怖など、様々な感情が入り乱れています。そのドキドキが吊り橋効果を生み、恋愛感情と錯覚させるのです。

男性に守られて安心する

スキューバーダイビングをはじめたばかりだと、慣れない感覚に戸惑うものです。焦りが焦りを生み、どんどん体の制御ができなくなってしまいます。自分の体が思い通りにならないと、どうして良いかわからなくなりますよね?

軽いパニック状態になりかけている時に、横から男性に体を支えられたら、女性は安心します。

女性は守られたいと考えている

多くの女性は男性に「守られたい」という願望を抱いています。

ヒョロヒョロでガリガリな人や太っている人よりも、筋肉質でたくましい肉体を持った男性の方が女性にモテますよね?

マッチョや細マッチョがモテるのは、どんな服でも似合うしスタイルが良いから、という理由だけではありません。女性は危険から自分を守ってくれる男性に心惹かれるのです。

海中は陸上と違って体の制御も効かず、恐怖や不安に襲われます。そんな時、男性に寄り添ってもらったら、女性は頼りになると感じるはず。自分を助けてくれるたくましい男性を、魅力的に思わないわけがありません。

同じ趣味を持っている人に共感する

想像してみてください、あなたと同じ趣味を持っている人と、まったく興味を示さない人がいたとします。話しかけるならどっちにしますか?おそらく、共通の趣味を持っている人のほうが話しかけやすいと感じるはず。

恋愛でも同じこと。スキューバーダイビングという共通の趣味を持っていることで、女性とも話があいます。一緒に潜ることで長い時間を共有することにもなるでしょう。綺麗な海の中で、ふたりっきりの時間を過ごすのです。最高にロマンチックだと思いませんか?

上から目線で接するのNG

女性との出会いを求めているなら、上から目線で命令するのはやめましょう。いくら同じ趣味を持っていたとしても、技術や知識に差は生じるものです。例えば、あなたのダイビング歴が長く、出会った女性がダイビングにハマったばかりの初心者だったとしましょう。

スキューバーダイビングという共通の趣味があるので、会話が盛り上がることは間違いありません。もし一緒にダイビングをして、女性をエスコートできたら頼りになると思ってもらえるはずです。

初心者でも同じ趣味の仲間と考えよう!

でも、初心者が相手だからと上から目線で「あれしろ!」、「こうしろ!」と命令したり、聞いてもいないのに知識をひけらかされたら…。女性がうんざりするのは目に見えています。きっと、高くなった好感度も急降下、女性は冷めてしまうでしょう。

あなたに知識や技術があるなら、女性を引っ張ってあげるのは問題ありません。むしろ頼もしく見えるので、女性も安心するはず。あとは、上から目線で接するのではなく、同じ趣味を持つ者同士として接しましょう。その方が、女性も楽しめますし、お互いの距離も縮まります。

ダイビングで彼女を作りやすい理由まとめ

・不安や緊張のドキドキと恋愛感情を錯覚する

・女性の「守られたい」という本能を刺激する

・趣味が同じだから共感できるし話も合う

恋の海にダイブしよう!!

あなたがスキューバーダイビングを趣味にしているなら、同じ趣味を持つ女性と出会いたいですよね。一緒に神秘的な海中を泳げたら…想像しただけで幸せになるはず。

ダイビングに慣れている女性なら、心ゆくまで海中散歩を楽しめます。初心者だったとしても、あなたがエスコートしてあげれば済むこと。女性が不安に感じる状況で、あなたの頼れるところを見せられたら、心惹かれないはずがありません。

水難事故にだけは気をつけて!

楽しい反面、危険とも隣り合わせなのがスキューバーダイビング。知識や技術が不足していたり、ダイバーの不注意で事故に遭う可能性も高いんです。

例えば、浮上したいのにコントロールが上手くできない、口からレギュレーターが外れてしまい、それをもとに戻せないなど、ちょっとしたことが大惨事を招きます。

また、体調が優れなのに潜ってしまい、事故に遭うケースも多々あります。体調管理はしっかりと行い、万全の準備を整えた上でスキューバーダイビングを楽しんでください。

スキューバーダイビングは恋の生まれやすいレジャー。同じ趣味を持つ女性と出会い、恋の海にダイブしましょう!