キャンプ女子と出会うためのポイント3つ!イベントへの参加も効果的?

この記事を書いた人
マッスル北川

筋肉と愛の戦士。某格闘漫画にハマったことをキッカケに体を鍛え始める。「脂肪が筋肉に変わる」「腹筋だけしていれば痩せる」そう思っていた時期もありました。間違った知識で時間を無駄にしたことを教訓に、効率的に痩せる&鍛える方法をお届けします!

キャンプが趣味で、毎週のようにどこかの山に出かけてはキャンプを楽しんでいる。そのような人が、男女問わず増えています。つまり、キャンプ好きの男性が、キャンプ女子と出会えるチャンスが増えているんです。

キャンプ女子は恋愛にとてもアクティブ!

キャンプを趣味にしている女子は、新しい出会いに対しても抵抗がありません。つまり、キャンプ女子と仲良くなりやすいんです。

アウトドア派な人は、コミュニケーション能力の高い人が多いんです。あなたもキャンプ好きなら、心当たりがあるんじゃないでしょうか。

キャンプはひとりでも楽しめますが、仲間や友達と一緒なら何倍も楽しいもの。でも、他人と一緒に狭いテントの中で過ごすなんて、人見知りにの人には無理ですよね。キャンプ好きな女子は、他人との交流にも慣れていて、初対面の人にも気軽に接することができるんです。

キャンプ女子と出会うためのポイント3つ

ひとりでゆっくりと、大自然を堪能できるソロキャン。目の前に広がる風景を眺めながら、のんびりと過ごす時間はとても贅沢。ですが、キャンプ好きの女性と同じ時間を共有できたら、ソロキャンとは違った幸せを味わうことができるはず。

そこで、キャンプを趣味にしている女性と出会うための、3つのポイントをご紹介します!

トラブルを味方につける

キャンプ場を訪れているのは、全員慣れている人とは限りません。中には最近キャンプにハマったという女性も多いんです。そんな初心者が、テントを設営するのがどれだけ大変か、キャンプ歴の長い人ならわかると思います。

キャンプ場に到着し、まずつまずくのがテントの設営です。説明書とにらめっこしながらテントを組み立ててみるものの、なかなかうまくいかなくて四苦八苦。設置し終えた頃にはクタクタになっているはず。

女性だけで慣れないキャンプにきたのなら、そんなトラブルに見舞われていてもおかしくありません。そこで、「大丈夫ですか?」、「お手伝いしましょうか?」と、困っている女性にあなたが手を差し伸べるのです。

困っている女性を助けてキッカケを作る

慣れた手付きでテントを組み立てたら、女性はあなたのことを「頼りになる男性」と思うことでしょう。はじめてのキャンプは慣れないことばかり。でも、近くに上級者の男性がいれば、困った時に助けてもらえると考えるはずです。

もしかしたら、一息ついた頃に女性の方から、食事の誘いをしてくれるかもしれません。このように、トラブルを味方につけることで会話のキッカケを作ることができるんです。

もちろん、テントの設営に限った話じゃありません。慣れない人は必ず何かしら失敗をしているものです。忘れ物や機材の扱いに困るなどなど。そんな時は、面倒臭がらずに助けてあげましょう。

キャンプイベントに参加する

女性と出会いたいなら、人の集まる場所に行かなくてはいけません。そこで、全国各地で開催されているキャンプイベントに参加しましょう。

例えば「キャンプフェス」。名前の通り、キャンプが好きな人たちが集まるお祭りのようなイベント。毎年数千人の人たちが集まり、音楽やイベントで盛り上がっているんです。

同じ趣味の人たちが集まっている

初心者でも参加しやすいのがキャンプフェスの特徴。同じイベントに参加しているという一体感。アーティストによる演奏や、美味しい屋台など、様々なイベントが楽しすぎてキャンプフェスハマってしまう人も多数存在。

あなたと同じ趣味を持っている人たちの集まりですから、当然会話も盛り上がります。フェスという普段とは違った雰囲気に、テンションも上がって女性も開放的に。これほど出会いの場として整った環境はありません。

普通にキャンプに行った場合、同じキャンプ場にいたとしても赤の他人。話しかけるのはハードルが高いと感じるもの。でも、キャンプフェスに集まっている人たちは、同じイベントに参加している者同士なので、声をかけるハードルも低くなるはず。

婚活サイトや出会い系アプリを活用する

キャンプ女子と出会いたいのなら、出会い系アプリを使うのも方法のひとつです。

出会い系アプリには趣味を書く欄があります。そこに「キャンプ」と書かれている女性を誘ってみましょう。共通の話題があるため、きっと盛り上がるはず。

より確実に彼女を作りたいなら、結婚相談所や婚活パーティーに参加するのもいいでしょう。費用はかかりますが、あなたと同じ趣味をもつ女性と出会う可能性が高まります。

デメリットもしっかり理解しておこう

出会い系アプリは、信頼できるものばかりではありません。中にはサクラを雇っているケースもあるのです。さらに、登録は無料というアプリも多いので、遊び半分で登録している女性もいます。

インターネット上に転がっている情報は、全てを鵜呑みにするべきではありません。これは出会い系アプリでも言えること。プロフィール欄に書かれていることが真実とは限らないのです。

また、「基本無料」とうたっているアプリでも、登録している女性は無料ですが、男性は有料というのが大半です。自分が思っている以上に出費がかさむことも考えられます。どの程度の費用がかかるのか、アプリを使う前にチェックしておきましょう。

キャンプで知り合ったあと、出会いの森でデートしよう!

もし女性と知り合うことができなたら、デートにぴったりな場所があります。それが「出会いの森総合公園オートキャンプ場」

自由に好きな場所にテントを設置できるフリーサイトだけでなく、区画サイトや電源付きのスペースも用意されています。

近くには、入浴施設やいちご園などもあります。川遊びや魚釣り、ハイキングも楽しめるので、アウトドア派な人にピッタリ。あなたの住んでいる場所が栃木県に近いなら、彼女をデートに誘ってみてください。きっと喜んでくれるはずです。

キャンプで出会い結婚することだって十分できる!!

キャンプがキッカケで仲良くなり、そのまま結婚するカップルも大勢います。ひとりで楽しむキャンプも良いですが、彼女と一緒に大自然を満喫するのも最高の時間でしょう。

キャンプ場ではルールを守りましょう

ただし、女性と出会いたいからと言って、キャンプ場のルールを破るのは論外です。気になる女性がいるからと、その近くに無断でテントを設置するなんて行為はNG。

フリーサイトは、自分と他人の場所に境界がありません。テントを設営する際は、先客に一声かけるのがキャンプ場の暗黙のルール。それを無視して勝手にテントを設営したら、トラブルが起きてもおかしくありません。

他人のテントや園周辺にあるものは、その人の家と同じこと。勝手に手を触れたり、敷地に不法侵入すれば警戒されるのは当然のことです。テントを設営する時は、無用のトラブルを回避する意味でも、確認してからにしましょう。

強引に誘うような真似もやめましょう

せっかくキャンプを楽しんでいるのに、見ず知らずの男性にしつこく誘われたら、誰だって嫌な思いをします。

キャンプを楽しんでいる中で、女性との出会うキッカケを作れるのが理想。それなのに、困っている女性をちょっと助けてあげただけで、恩着せがましくするのはやめましょう。「せっかく手伝ってあげたんだから、食事くらい一緒に」なんてことを言ったら、女性はキャンプにきたことを後悔するはず。

特に女性だけのキャンプは、不安に感じることも多いもの。そこに、見知らぬ男性からしつこく付きまとわれたら、不安になるのも当然です。

こちらのサイトを参考にしていただき、理想の女性と出会えるように、頑張ってください!