彼女に「寂しい」と言われた際の対処法7つ|正しい対応で絆が深まる

彼女に「寂しい」と言われた際の対処法7つ|正しい対応で絆が深まる

この記事を書いた人
❁.。IZUHAZU。.✽

2年間の社内恋愛を経て7歳年上の男性と2014年結婚。2015年長男を出産し、2018年に長女を出産。現在2人の育児に奮闘する専業主婦。

自分では、彼女への態度が変わったつもりはないのに「寂しい」と彼女が不安をもらしてきた経験はありませんか?女性は、男性のどんな小さな変化でも敏感に感じとり、寂しいと感じてしまいます。

今回の記事では、彼女の寂しさを埋めながら、2人の絆をさらに深めることができる、おすすめの対処法を7つ紹介します!

微妙な変化を感じとり不安になるのが女心

彼氏がいても、ふとした瞬間に寂しくなり、いつもと同じ時間に連絡が来ないだけで不安になるのが女心。

遠距離だから寂しい。

仕事が忙しくて2人の時間がとれないから寂しい。

など明確な理由があれば対処することもできますが、女性は寂しいと感じる時、相手の微妙な変化を感じ取ってしまっただけで、どうして寂しいと感じているのか明確な理由が自分でわからないことも多くあります。

いつもと変わらず過ごしていたはずなのに、なんか急に寂しくなってしまうことがあるのです。

そんな時に、めんどくさそうに彼女の相手をするのは、タブーです。

なんでも敏感に感じとってしまうのですから、めんどくさそうにしていることにも、気付きたくないのに、気付いてしまいます。めんどくさそうにされているの感じとってしまうと、余計に寂しさを感じるだけでなく、不満へと変わってしまうので要注意!

今すぐ駆けつけてあげる

女性は、いつまでもロマンチックなシチュエーションに憧れていて、お姫様のように扱ってくれる男性に魅力を感じてしまいます。そんな彼女が「寂しい」とつい本音をもらしてしまった時に、すぐ駆けつけてくれる男性はポイントが高いです!

「忙しいのに自分のために時間を作ってくれた!」と真っ直ぐに感じることができますよね。次の日に朝早くから仕事があったりすると、夜に駆けつけるのは、躊躇う気持ちもあるとは思います。ですが、そんな状況なのに、わざわざ来てくれたという事実が彼女にトキメキを与えることができ、安心させてあげることができるのです。

すぐに行けない時は電話して安心させてあげる

今すぐに駆けつけたい!と思っても、遠距離だったりすると現実的に不可能な場合もありますよね。そんな時は、電話であなたの声を聞かせてあげてください。

寂しさを紛らわせるような優しい言葉をかけてあげるのももちろん素敵ですが、その優しさが余計に寂しさを倍増させる結果にもなりかねません。「大丈夫?」と聞かれても、あなたを困らせたくなかったら寂しいという気持ちは押し殺して「大丈夫」と答えるしかないのです。

あなたを思っての嘘が、彼女を苦しめてしまうことになってしまう事もあるのです。

それなら、他愛もない会話を楽しみ、寂しいと感じていたことさえ忘れて、電話越しなのに隣にいるかのような時間を過ごすのが一番です。

実は、女性は好きな人の声を聞くだけで、癒され心が安心してします。照れ臭くなってしまうような優しい言葉をかけられなくても、あなたの優しい行動に触れるだけで、彼女の心は満たされています。

気持ちが落ち着くまでこまめにLINEで連絡をとってあげる

彼女が何をして過ごしているのかわからなかったら不安になってしまいませんか?

「寂しい」と感じている時に相手の行動が読めなければ寂しいと思う気持ちが空回りし、あなたの事を疑う気持ちが芽生えて来てしまうかも。

やましいことは何もないのに疑われる事ほど、嫌なことはありませんよね。ですがら、彼女の気持ちが落ち着くまで、LINEなどでこまめに連絡を取ってあげるといいでしょう。

LINEでの会話の中で、「これから昼休憩だよ!」「今仕事が終わってこれから帰るよ!」などのように、あなたが今何をしているのがわかる文章をさりげなくいれてあげるのもポイント!

さらに「会えなくてごめんね!」「仕事が落ち着いたらすぐ会いにいくね!」など文字にして気持ちを表してあげるだけで、彼女は寂しさを乗り越えることができます。

プチ旅行など楽しいイベントを企画してみる

交際期間が長くなり、お互いにドキドキしたりする事がなくなってしまったことに対して「寂しい」と感じているのかもしれません。

「初心を忘れない」「いつまでも仲良しカップル」なんてなかなか難しいものですよね。本当は、隣にいることが当たり前になって会話がなくても安心できる関係になれたということは喜ばしいですが、ふと昔を思い出し寂しくなってしまうこともあります。

そんな時には、日帰りプチ旅行に行ってみたり、付き合った当初よく通ったデートスポットやレストランに行ってみるのもおすすめ。

マンネリしていた2人の時間に少し変化をつけてあげると「今週末には〇〇デート!」などのように目標となり、前向きに寂しさを乗り越えることができます。

また、いつもと違うデートは、会話も広がるので彼女の心をより身近に感じられます。

自分の今の気持ちを素直に伝えてみる

「2人の将来のために今は仕事を頑張ってお金を貯めたい」「自分も彼女に会えなくて寂しい」などのように、自分の今の気持ちを打ち明けてみるのもおすすめ。

自分との将来のために頑張ってくれていることや、相手も自分と同じように寂しいと感じていて同じ気持ちを共有することができれば、彼女にも頑張る意欲が湧いてきます。

本音を打ち明けるということは、心を許した相手にしかできません。彼女だからこそ、打ち明けることができていることをプラスアルファで伝えてあげると、自分だけの特別感に女性はキュンとします。

ただ、抱きしめる

ちょっぴり照れ臭い、優しい言葉をかけるのが苦手、口下手な男性に特におすすめの方法です!

言葉や行動で寂しさを埋めてあげることもできますが、彼女が寂しいと感じている心まで抱きしめてあげるのが、一番手っ取り早い!

女性は、自分の体と好きな人の体が触れ合っているだけでストレスが和らいでしまう生き物です。
ギュッと抱きしめられると、あなたの温もりを感じ、素直に身を預けることができます。

いざという時に守ってもらえる安心感、頼れる男らしいあなたに魅力を感じ、ますます恋に落ちてしまうかも!

思い切って同棲してみる?と提案してみる

一緒にいる時間が少なくて寂しくなってしまうのなら、あなたの方から「同棲してみる?」と提案してみるのもおすすめ。

そのままトントン拍子に話が進めば、一緒にいられる時間は必然的に増えますよね。一日の始まりと終わりには、大好きな人に触れることができるだけで、彼女の寂しいという感情は消えてしまうでしょう。

ですが、同棲は簡単にスタートさせることができるわけではありません。実際に同棲をスタートさせることがなくても、提案してあげるだけで、あなたが彼女に対して「自分もあなたを必要としているよ」「同棲してもいいくらい大切に思っているよ」と、わかりやすく伝えてあげることができます。

必要とされていること、大切にされていることが実感することができるだけで、気持ちを落ち着かせることができます。

彼女の寂しさを取り除き、絆をより深く

女性ホルモンのバランスが崩れていたり、プライベートが上手くいっていないと、精神的に不安になったり、急に寂しくなってしまうことが女性にはあります。

仕事が忙しかったりすると、彼女のケアまで手が回らないこともあるかもしれません。特別何かがあった訳ではないのに「寂しい」と本音をもらしてしまう彼女に「どうして?」という気持ちが芽生えてしまうこともあるでしょう。

ですが、突き放すことなく、彼女の気持ちを理解し、大きな器で受けとめてあげられるかが男の見せ所!

寂しさをあなたに支えられながら2人で乗り越えた時、今よりもっと深い絆で結ばれていること間違いなしです。