「異性の友達」に関する男女の考え方の違いと、男女の友情が壊れる瞬間

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

とても仲がいいのに、恋愛関係には発展しない。でも、異性として意識してしまう瞬間もある…。異性の友達がいるけれど、この関係をどう捉えたらいいのか分からなくなる瞬間があるのではないでしょうか?

今回の記事では、異性の友達に関する男女の考え方の違いを解説します。どこのラインまでなら友達でいられるのか、果たして男女の友情は成立するのか、異性の友達がいないけど作りたい!といった疑問にもお答えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

女が考える「男友達」とは

女性が考える「男友達」は、はっきり「友達」と割り切っているという意見が多いです。恋愛関係に発展することはないと割り切り、仲の良い異性の友達としてお付き合いしている場合が圧倒的多数。

あまりに会う回数が多かったり、仲が良かったりすると、「もしかしたら恋愛関係に発展するかな?」なんて、男性側は淡い期待を持ったりしますが、その可能性はかなり低いでしょう。

女性は恋愛関係に発展する可能性がある男性かどうかを、理性で見極める傾向にあると言われています。気になる異性なのか、それとも全く恋愛対象にはならない男性なのかを見分けた上で、仲良くなる友達を選んでいます。

しかし、時には、仲良くなっていくうちに、相手の良い所を知り、途中から気になる異性に変わるということもあるようです。やはり、どんなに仲の良い友達であっても、「異性」であることに変わりはないので、今は友達でも、恋愛感情も生まれる可能性が全く無いとは言い切れません。こればかりは予測不可能でしょう。

ただ、男性より女性の方が、男友達に対してシビアに理性的に判断していることが多いです。また、「仲良くなりたいと思う男友達は魅力的なので、恋愛感情が生まれる可能性も全然ありえる」という女性も多いです。

この場合は、「もしかしたら恋愛関係に発展するかもしれない」という意識を持って、初めから仲良くなります。

女性のタイプにより、男友達の捉え方は異なると言えますね。

男が考える「女友達」とは


一方で、男性が考える「女友達」とは、一体どんな存在なのでしょうか?

男性は理性よりも、本能で女友達を見極める傾向にあります。共通の話題が多く、話をしていてとても楽しかったり。恋愛関係には発展しないけれどかわいかったり。そんな「どこか気になるところ」があって女友達になることが多いです。

そして、男性の多くは、「女友達」から「彼女」になる可能性はあると考えており、ここは女性と異なる点ですね。やはり男性の方が「本能」で動くと言えます。

女友達とどんどん仲良くなるにつれ、2人で遊びに出かけたり、ご飯を食べに行ったり、2人でいることが多くなります。そうすると、自然と相手の良い所が見えたり、必然的に「かわいいな」と思う部分が出てきます。その結果、相手を「女性」として意識してしまうケースも数多くあります。

女性は理性で友達を貫く場合が圧倒的に多いため、途中で相手を意識してしまうことは比較的少ないですが、男性は「彼女にしたいな」と思う瞬間がたくさんあるのではないでしょうか?

これらが男女の「友達」に関する捉え方の違いです。女性の方が理性的に判断することが多く、男性は比較的本能で動いているとわかりますね。

どんなに「友達」だと割り切っていても、相手が魅力的に見えてしまう瞬間は、男女共にあるでしょう。その時は恋愛関係に発展してもいいのかどうか、よく考えてみることが大切です。お互いに彼氏・彼女がいない場合は、ベストパートナーになれる可能性も大いにあります。

男女の友情が壊れてしまう瞬間は?

男性は、仲のいい女友達と一線を超え、関係を持つことも可能と考えている人が多いようです。「ドキッ」とする瞬間があったり、だんだんとかわいく思えてくることもあるのでは無いでしょうか。部屋でふたりきりになる機会があったら、キスしたくなることもあるでしょう。

一方、女性は意識してしまう瞬間があっても、理性でその気持ちを抑えています。しかし、男性が本能のおもむくまま行動したり、女性も本能のまま動いてしまう瞬間があったら…。それが「男女の友情が壊れるタイミング」です。

男女ともに、一線を越えてしまったら、もうただの友達には戻れないでしょう。一線を越えなくても、どちらかに恋心が芽生えてしまえば、友達の関係を続けるのは難しいですよね。

男女の友情は壊れやすいもの。そのことを頭に入れて異性の友達と付き合いましょう。友情を壊したくなければ、常に理性的でありましょう。

別れた後に「友達」に戻ることはできる?

恋人同士が別れた後に、「友達になろう」と話し合うケースがありますが、男女別にこのケースをどう捉えているのか見ていきましょう。

まず女性は、友達への捉え方を見るとわかりますが、「彼氏」と「友達」は別物です。元カレを「友達」にするとなれば、それは「復縁したい」という意味も含まれていると思って良いでしょう。

別れるとき、元カレから「友達になろう」と言われ、関係を切るのはもっと辛いからと「友達」として仲良くすることを選ぶ女性も多いです。

女性は別れた後、「友達」になることを望んでいないのです。どこかで復縁を願っていて、そのために「友達のポジション」をキープしているだけで、結果的に友達には戻れないと思いましょう。

逆に男性はどうでしょうか?男性は友達から恋愛関係になることへの抵抗があまりなかったのと同様に、別れた後に友達に戻ることへの抵抗もないようです。別れてしまっても、仲の良い友達としてつき合うことが可能なのです。

これは女性と全く異なるところ。友達に戻って、やっぱり元カノだけだと思えば、復縁も可能だし、そのまま自分をよくわかってくれている友達として付き合い続けるということも可能なのです。

本能で動いているからこそできることであり、理性で判断する女性には理解できないことなのかもしれませんね。

異性の友達が欲しい

「異性の友達が欲しいけど出来ない」という悩みを抱えている人もいるかもしれませんが、「男」「女」と性別で区別している時点で、異性の友達がいないのは仕方ないということが言えてしまいます。

もちろん性別・ジェンダーの多様化などの要素はありますが、一番大きな人間の違いである「性別」を乗り越えられるほどの人間としての魅力や共通点があれば、「男友達」「女友達」という呼び方をすることもなく親しい友人関係が築けるでしょう。

「異性の友達が欲しい」という人は、まずはそもそもの考え方を改め、相手の「人」としての魅力を見出し、自分も「人」として魅力的になれるように努力すれば、気がつけば友達の中に異性も多くなっているという状況に着地するかと思います。

 

今回は、「異性の友達」に対する男女の考え方の違いをご紹介しました。あくまでも世間で言われている通説や一般の意見を広くまとめた限りですので、男・女の傾向に当てはまらない考え方をしている方も多いでしょう。そうした個人差はあれども、男女の考え方に一定の違いがあるということ自体は頭に入れておいた方が、異性の友達と仲良く付き合っていくことが可能です。