職場に好きな人がいるときの女性心理って?好意を寄せる男性に見せる5つの態度・行動

今回ご紹介するのは、職場に好きな人がいるときの女性心理です。職場に好きな人がいる女性は、どんなことを考えながら仕事に取り組んでいるのでしょうか。なお、この記事では、職場に好きな人がいる女性が好意を寄せる男性に見せる5つの態度・行動についてもご紹介しています。こちらも職場の女性の気持ちを探るときの参考にしてくださいね。

職場に好きな人がいるときの女性心理5つ

まずは、この記事の本題である、「職場に好きな人がいるときの女性心理」についてご紹介していきます。職場に好きな人がいるときの女性心理としては、以下の5つがあげられます。

①ランチは何時に誰と食べるんだろう?

女性にとって、ランチタイムは好きな人に近づく絶好のチャンス。このため、職場に好きな人がいる女性は好意を寄せている男性のランチの過ごし方に敏感です。親しい仲なら「一緒にランチ行こう!」と誘うことができ、男性との幸せな時間を過ごせるのです。

好意を寄せている男性とそこまで親しくない女性においては、「あの人と一緒がいい!」という想いから男性と同じ時間にランチをとろうとします。男性と同じ時間に食堂へ行く女性や、中には偶然を装って男性と同じ店でランチする女性もいます。

②仕事終わりは誰かと予定あるのかな?

職場に好きな人ができた女性は、好意を寄せている男性のプライベートな部分にも興味を持つため、男性の仕事終わりの過ごし方が気になって仕方ありません。仕事が終わる度に「職場の人と飲みに行くのかな?」「もしかして女性と過ごすのかな?」といったことを一人悶々と考えて落ち着かなくなるのです。

「今日終わったらどうするの?」とストレートに予定を聞くことができればよいのですが、それができるのは好意を寄せている男性と親しい仲の場合だけ。

このため、好意を寄せている男性とそこまで親しくない女性は、仕事中に耳をダンボにして男性同士の会話を聞いたり、男性の帰る時間帯などをチェックしたりして、男性の仕事終わりの予定を探ろうとする傾向にあります。

男性の仕事終わりのタイミングを観察し、偶然を装って電車のタイミングを合わせたり、一緒に帰ろうとしたりする女性も多いです。

③ライバルはいないだろうか?

職場に好きな人ができると、好意を寄せている男性の職場での人気も気になってきます。好意を寄せている男性が職場で人気のない男性ならライバルの心配をする必要はないのですが、反対に人気のある男性ならライバルの存在が気になって仕方ありません。

ライバルが誰かわからない場合には「誰がライバルなんだろう?」と職場全体を見渡して探ってしまいますし、ライバルが明確に分かった場合には「彼とどれくらい親しいのかな?」「プライベートでは食事に行ってるのかな?」「両想いだったらどうしよう?」という余計な詮索によって気を滅入らせてしまうことも。

自分に自信のある女性なら「負けてたまるか」と闘争心を燃やすようですが、自分に自信のない女性は「ライバルがいるんじゃ無理かも…」と恋愛に対して消極的になってしまうようです。

④職場では誰と親しいのかな?

職場に好きな人ができた女性は、好意を寄せている男性の職場での人間関係を探ろうとします。仲の良い女性が誰か分かれば、その女性が自分のライバルであるかどうかを確かめ、仲の良い男性が誰か分かれば、その男性から好意を寄せている男性のことを自然に聞いたりして、男性のことを探ろうとするのです。

中には、好意を寄せている男性が職場で親しくしている人に恋愛相談を持ち掛ける女性もいます。このような場合、「良かったら飲み会や食事セッティングしようか?」なんて気を利かせてくれる人が多いので、結果として好意を寄せている男性との距離を縮められたりします。

⑤「あの子いいかも!」って思われたいな

好きな人ができると、好きな相手に好印象を与えたくなるもの。このため、職場に好きな人ができた女性は好意を寄せている男性に好印象を与えようとして、服装や髪型、メイクなどに気合い入れ気味です。そして、接するときは終始笑顔を絶やさず仕事もバリバリこなし、「できる女」「可愛い女」をアピールします。

好意を寄せている男性と親しくない女性においては「私のことを知ってほしい」「私の存在に興味を持ってほしい」という気持ちから、男性の近くでは声が大きくなる傾向もあります。

女性が職場で好意を寄せる男性に見せる5つの態度・行動

職場に好きな人がいるときの女性心理がわかったら、次は女性が職場で好意を寄せる男性に見せる5つの態度・行動についてご紹介していきます。この5つの態度・行動は、いわば「あなたのことが好きよ」という好意のサインでもあります。心当たりのある男性は、職場の女性から好意を抱かれている可能性が高いですよ。

①挨拶を欠かさない

女性は、職場で好意を寄せている男性に対して挨拶を欠かしません。好意を抱いている男性と親しい関係でも、親しい関係でなくても、「おはようございます!」「おつかれさまです!」と笑顔で挨拶を行い、「爽やかで明るい女性」「常識のある女性」をアピールしようとします。

職場でにこやかに挨拶をしてくれる女性がいるという男性、自分にだけ挨拶をしてくれる女性がいるという男性は、挨拶をしてくれる女性から好意を寄せられている可能性が高いといえます。

②男性と同じタイミングで退社する

女性心理の②でもお話しましたが、女性は職場で好意を寄せている男性の退社のタイミングを観察していることが多いです。

そして、偶然を装うかのように男性と同じエレベーターに乗ったり、男性と同じ電車に乗ったりして、少しでも男性と同じ空間を共有します。

このため、帰りのエレベーターや電車で一緒になる女性がいるという男性は、その女性から好意を寄せられている可能性が大。その女性は、あわよくばあなたから話し掛けられることを期待しているため、女性の気持ちに応えられる場合には「よく一緒になりますね」なんて一言を掛けてあげると良いでしょう。

③誕生日を覚えている

女性は職場で好意を寄せている男性の誕生日に敏感です。本人が話しているのを聞いたり、人づてに聞いたり、SNSなどでリサーチしたりして、好意を寄せている男性の誕生日を知ろうとするのです。

そして、男性の誕生日当日には、親しい間柄ならちょっとしたプレゼントを渡し、親しい間柄でないなら「人から聞いたんですけど、今日って誕生日なんですよね!おめでとうございます!」と祝いの言葉を贈って好感度のアップを狙います。中には、誕生日を男性と会話するためのきっかけに利用する女性も。

職場の女性から誕生日プレゼントを贈られたことがある男性や、親しい仲でもないのに職場の女性が誕生日を覚えてくれていたという男性は、その女性から好意を寄せられている可能性が高いといえるでしょう。

④悩み事を相談する

男性に悩み事を相談するのも、女性が職場で好意を寄せている男性に見せる行動のひとつです。

「相談があるんですけど…」と職場の女性から話を持ち掛けられて、まず断る男性はいませんよね。女性はこれを理解しており、悩み事を相談するフリをして(実際に悩み事を抱えている場合もある)男性との距離を縮めようとするのです。

中には「職場じゃ話しにくいんで、良かったら仕事が終わってから時間作ってもらえますか?」という積極的な行動に出る女性もいます。

職場の女性からやたらと悩み事を相談されるという男性は、相談元の女性から好意を寄せられていることを期待して良いでしょう。

⑤男性が参加している飲み会やランチ会に出席する

女性にとって職場で好意を寄せている男性が参加する飲み会やランチ会は、男性と距離を縮めるためのチャンス。

親しい間柄でも親しくない間柄でも、自然と男性の隣に座ったり、男性と二人っきりで会話したり、ボディタッチなどの積極的なアピールをしたりする絶好の機会なのです。

このため、女性は職場で好意を抱いている男性が参加する飲み会やランチ会には、絶対に出席します。男性に好印象を与えるため、服装や髪型、メイクに気合いが入っている女性も多いです。

自分の参加する飲み会やランチ会に毎回出席してくる女性がいるという男性、自分の参加する飲み会やランチ会で毎回隣に座ってくる女性がいるという男性は、その女性から好意を寄せられていると言って良いでしょう。

女性の好意を見抜いて社内恋愛を満喫しよう

女性心理の項でもご紹介したように、職場ではこっそりと同じ職場の男性に好意を寄せている女性が多いです。社内恋愛を満喫するためには、そんな女性達の女性心理や行動・態度で示される好意サインを見抜き、女性の気持ちに応えてあげることが大切です。

なお、職場の女性達の女性心理や行動・態度で示される好意サインを見抜けるようになれば、意外と自分がモテ男だったという事実に気付かされることもあるでしょう。