2回目のデートをOKする女性心理は?会話と行動で揺れる女性の気持ちを仕留めよう

1回目のデートの後、「良かったら次もデートしてくれる?」と2回目のデートを誘って女性からOKの返事をもらえると、「これって脈ありなんじゃない?」と舞い上がってしまうもの。しかしながら女性から2回目のデートをOKしてもらえたからといって、脈ありと決めつけるのはまだ早い。女性心理は複雑なものです。

実際に男性と付き合う気がないにも関わらず、2回目のデートをOKする女性だっています。そこで今回は、2回目のデートをOKする女性心理について解説!2回目のデートで脈あり率を高めるのに効果的な会話・行動についても解説しているので、こちらも是非チェックしてください。

2回目のデートをOKする女性心理5つ

まずはこの記事の本題である2回目のデートをOKする女性心理について解説していきます。2回目のデートをOKする女性心理としては、以下の5つがあげられます。2回目のデートをOKしてくれた女性の気持ちを探るときの参考にしてくださいね。

①良いところもあるけど微妙なところもあるしなぁ…

この女性心理に当てはまる女性は、男性のことを恋愛対象として意識していながらも、1回目のデートで男性に少し気になる点があったため、2回目のデートでは男性が自分にふさわしい相手であるかどうかを再度確かめようとしている傾向があります。

男性の食事の食べ方が汚かった、自慢話をひたすら聞かされた、経済的に余裕がなさそうだった、笑いのツボが合わなかった、男性の服装に違和感を感じたなど、1回目のデートにおいて男性に苦手な行動をされたり、男性と価値観の不一致があったりした女性に多い女性心理といえます。

②私のことはどれだけ本気なんだろう?

この女性心理に当てはまる女性も、男性のことを恋愛対象として見ています。しかしながら、1回目のデートで「ただの遊び相手として利用されているのでは?」「下心があるだけでは?」といった不安を感じてしまったため、2回目のデートでは男性の本気度を確かめようとする傾向があります。

1回目のデートにおいて、男性に不誠実な遊び人のイメージを抱いてしまった女性、男性からの好意を実感できなかった女性、過去男性に裏切られた経験がある女性に多い女性心理といえます。

なお、女性から「何を考えているかわからない」と言われることが多い男性は、この女性心理によって2回目のデートをOKしてもらえることが多いです。

③最初だけ頑張る男かどうかを確かめたい!

男性にとって1回目のデートは気合いの入れ所。実際に1回目のデートに気合いを入れる男性は多く、ちょっと奮発したレストランに連れて行ったり遠出のドライブをしたりして、女性に好印象を抱いてもらおうとするのです。

2回目のデートをOKする女性の中には1回目のデートに気合いを入れる男性が多いことを理解している女性がいて、こういった女性は2回目のデートにも足を運ぶことで、男性が最初だけ頑張る男じゃないかどうかを確かめようとします。

2回目のデートが1回目のデート同様に充実した内容であれば「毎回私を楽しませてくれる人なんだな♡」と好印象を与えられますが、2回目のデートが1回目のデートよりも手抜きで劣った内容であれば「最初しか頑張れない男なんだ」とガッカリさせてしまうことになるでしょう。

自尊心の強い女性や自分に自信のある女性、恋愛において感情よりも損得を重視する女性に多い女性心理といえます。

④今回あたりでいよいよ付き合っちゃうのかも♡

この女性心理に当てはまる女性は、1回目のデートで男性への気持ちが高まり、付き合うことを心待ちにしている女性です。

1回目のデートでの男性の脈ありな行動・会話、デート後の男性の脈ありなLINEから、やや不安を感じながらも男性と両想いであることを実感しており、2回目のデートを「告白される(告白される)ためのデート」という風に意識しています。

このため、2回目のデートには1回目のデートよりロマンティックでムードある内容を期待していることが多く、実際の2回目のデートが期待通りでなかった場合には「えっ?付き合う流れにならないのかな?」と不安を感じます。

そして、デート中に男性に告白されなかった場合や、自ら告白するタイミングを逃してしまった場合には、「付き合えると思ってたのに…」と酷く落ち込んでしまったりします。

素直で純粋な女性に多い女性心理です。

⑤私のことが好きみたいだし行っても損はしないはず♡

この女性心理に当てはまる女性は、男性のことを単なる男友達か暇つぶしだと思っています。

男性を恋愛対象として見ていないものの、男性が自分に対して恋愛感情を抱いていることはわかっているため、男性から好意を寄せられているという優越感や、自分が損することはないだろうという損得勘定で、2回目のデートをOKする傾向にあります。

恋愛対象として見てもらえない限りは、どんなにデートの内容を充実させても、男女の関係に発展することは難しいでしょう。

男性から好意を寄せられることに慣れている水商売の女性、男性を手の平で転がすのが上手い小悪魔的な女性に多い女性心理です。

2回目のデートで脈あり率を高めるのに効果的な会話・行動5つ

以下では、2回目のデートで脈あり率を高めるのに効果的な会話・行動について解説していきます。前項の女性心理で解説した通り、2回目のデートをOKする女性には1回目のデートでの男性の会話・行動や気持ちについて不安を感じている女性が多いです。

そこで、2回目のデートでは以下5つの会話・行動を心掛けて女性の不安を解消し、脈あり率のアップを狙いましょう。

①友人に女性を紹介する、友人に女性の話をしていることを打ち明ける

女性を普段から親しくしている友人に紹介すると、女性は「私との関係を自慢してくれてるのかな?」といい気分になりますし、「私は友人に紹介できるほどの存在なんだ!」と男性の気持ちに対して安心感や信頼感を抱くようになります。

このため、2回目のデートでは友人が働いている店へ女性を連れて行くのがおすすめです。

友人が働いている店へ女性を連れていくのが難しい場合には、「友達に〇〇ちゃんのことを相談してるんだけどさ…」といった風に、女性との関係やデートのことを周囲に報告している様子を見せると良いでしょう。

②下心を見せない

男性の中には、女性から2回目のデートをOKしてもらえると「もしかしてお持ち帰りOK?」なんてことを期待してしまい、デート中に女性をホテルや家へ誘おうとする男性がいます。これは2回目のデートで絶対にやってはいけないNG行動です。

女性の多くは、きちんと交際してからそういう関係になることを望んでいます。2回目のデートで下心を見せると「私のことは遊びなんだ…」「真剣な付き合いを望んでいたのは私だけなんだ…」と女性の信頼を裏切ってしまうことになるため、きちんと交際に発展するまでは下心を見せないようにしましょう。

③デート内容に気を抜かない

2回目のデートではある程度の女性への慣れによって、1回目のデートのときのような緊張感や初々しさが減少。女性から「なんだか1回目のデートより手を抜かれている気が…」と思われてしまう男性も多いです。

1回目のデートが充実した内容であった場合、女性は2回目のデートにも充実した内容を期待しますので、2回目のデートでは1回目のデート同様に気を抜かないようにして、女性の期待に応えてあげるようにしましょう。

④付き合っているつもりにならない

男性の中には、女性が2回目のデートをOKしてくれたという事実だけで“付き合っているつもり”になってしまう男性がいます。

付き合っているつもりになってしまうと、女性に告白するタイミングを逃してしまったり、ついつい馴れ馴れしい行動・態度をとってしまったりして、女性を不安にさせるだけです。

女性は“付き合っている”“付き合っていない”という明確な事実を大切にする傾向にあるため、女性と付き合う気があるのであれば必ず「俺と付き合ってくれない?」という告白をして、女性を安心させてあげるようにしましょう。

⑤女性との共通点を見つける

女性は自分に共通点のない男性とは付き合うことを躊躇ってしまいます。男性と共通点がないことに対して「このまま付き合って上手くいくのかな?」と不安を感じてしまうのです。

これを踏まえ、2回目のデートでは女性との共通点を見出すようにしましょう。女性が1回目のデートで話していた内容をもとに、女性の趣味や特技に関することをデート内容に盛り込んでみたり、また自分の趣味・特技を女性に楽しんでもらうのも良いでしょう。

また、2回目のデートでは、男女共に未体験なことにチャレンジするのもおすすめ。最新の体感ゲームやふくろうカフェなどの新しく珍しい場所へ2人で行ってみると、初心者同士という共通点を見出せる上に、2人だけの思い出によって距離をぐっと縮めることも可能です。

女性心理を参考に2回目のデートを成功させよう!

2回目のデートでは、女性の期待に応えること、女性を不安にさせないこと、この2点が成功の鍵となります。

2回目のデートで女性への告白を考えている男性や脈あり率を高めたいと考えている男性は、今回ご紹介した女性心理やデート中にすべき行動・態度を参考にして、2回目のデートを成功へと導いてくださいね。