女性を虜にする「男らしい」人を目指すには?特徴や行動パターンを詳しく解説

この記事を書いた人
❁.。IZUHAZU。.✽

2年間の社内恋愛を経て7歳年上の男性と2014年結婚。2015年長男を出産し、2018年に長女を出産。現在2人の育児に奮闘する専業主婦。

あなたは「男らしさ」と聞いて何を連想しますか?

•筋肉があってたくましい
•いつでも前を向いている
など、「男らしさ」と聞いて連想するタイプは、人それぞれ。

また、男性が思う「男らしさ」と女性が思う「男らしさ」とは、若干異なる場合も。

今回の記事では、女性ウケのいい「男らしさ」を解説しています。

メンタル面はもちろん、見た目から「男らしさ」を目指せる方法も解説しています。

女性がトキメク「男らしい男性」の定義とは?

「男らしい男性」は、女性からだけでなく、男性から見ても好感がもてます。

男性が感じる「男らしさ」は、なんとなくわかりますよね。ですが、女性はどこに「男らしさ」を感じているのか、いまいちピンとこない男性も。

女性がトキメク「男らしさ」の定義は『素直で弱者に対して優しく、前向き』女性は、他人に優しく、芯がある男性が大好物なのです。

女性は男性の◯◯なところに「男らしさ」を感じてる!

女性は、男性のどんなところに「男らしさ」を感じているのでしょうか?ここでは、7つの男らしいポイントを解説しています。

①自分に自信を持っている

•「自分には、できないから」
•「自分は、あの人の足元にも及ばない」
などと、卑屈になったり、他の第三者と比べてている男性に「男らしさ」は感じません。

自分に自信を持っている男性は「男らしい」と感じるのは当然です。また、仕事で成功している男性は「男らしい」ですよね。

成功を掴んだ男性の根源は『自信』にあります。

自分に自信をつけることで、全てが上手く回り出すこともあるのです。

②過去の失敗に捕らわれない

恋愛や友達関係、仕事など、誰もが失敗を経験しています。「男らしい男性」は、過去の失敗には、捕らわれません。

もちろん、過去を振り返ることはあるでしょう。

「男らしい男性」が過去を振り返る時は、失敗を糧に成長しようとしているのです。

③心に余裕がある

トラブルが起きた時、慌ててしまうのは誰だって同じ。ですが、慌てて自分を失うのか、心に余裕を持って自分を取り戻すのかで「男らしさ」が見えてきます。

ピンチの時ほど、その人の本質が見えますよ。

④決断力がある

優柔不断な男性からは「男らしさ」を感じることはできません。

自分がどの道を進みたいのか、明確な答えを持って進んでいる男性は、やっぱり「男らしい」。YESマンではなく、断るときはきちんと断ることができます。

⑤小さな約束も守る

「男らしい」人は、何事にも誠実な人です。社交辞令で約束したりせず、どんな小さな約束も守ります。

どんなことも、有言実行な男性には、女性も魅力を感じます。また「絶対に裏切らない」という信頼も生まれるでしょう。

⑥高い目標を持っている

高い目標、志を持って挑戦している男性に、女性は「男らしさ」の他に「たくましさ」や「頼りがい」を感じます。

目標に向かって頑張っている男性を「支えたい」と思う感情を女性に生むことができます。

⑦プライドを曲げることができる

自分の意思を持って行動することも、もちろん「男らしい」と感じます。ですが、さらに上の「男らしさ」を磨くなら、

•自分の非を認めて謝罪する
•部下のために頭を下げる
など、必要に応じてプライドを捨てることも大切です。

「男らしさ」を遠ざける6つのNG行動

男性の中には「男らしさ」を履き違えている男性も。

勘違いした「男らしさ」は、かえって女性の心を遠ざけてしまいます。絶対やってはいけない6つのNG行動をご紹介。

①言葉遣いが乱暴

「言葉遣いが荒い=強い」と、勘違いしている男性がいます。

女性にとって言葉遣いが荒い男性は、威圧感があり怖い存在。女性に対して、命令口調で話をするのはやめましょう。

また、不意打ちの「お前呼び」にはキュン💗とする女性も多いです。ですが、常に女性を「お前」と呼ぶのはタブーです。

②見え見えな男らしさ

「男らしい男性」になるために、自分磨きをしていると、つい「男らしさ」をアピールしたくなってしまうもの。

ですが、過度にアピールをされると女性はドン引きしてしまいます。

③無表情•無愛想

「男らしく寡黙な男」を、演じたい気持ちはわかります。

しかし無愛想で無表情な男性はどこかとっつきにくいのも確か。

•暗い人
•協調性のない人

など、あなたの印象がネガティブなものになってしまうかも。「男らしさ」は、黙って表現できるものではないのです。

④店員さんなど、弱い立場の人に威圧的

店員さんや部下など、弱い立場の人に威圧的な態度をとる男性に、好意を持つことはまずありません。

誰にでも分け隔てなく、同じ態度で接することを心掛けましょう

弱い立場の人にも、同じように接するあなたにこそ「男らしさ」や「頼りがい」を感じます

⑤「男らしい」の先入観に固められている

•「男って〇〇であるべき」
•「〇〇だから男らしいよね」
など、「男らしさ」の先入観に固められている男性ほど「男らしくない」と女性は感じています。

世間一般の「男らしさ」ではなく、自分自身で「男らしさ」を確立している男性にこそ、魅力を覚えます。

⑥自分がいつも正しいと思っている

「自分の意見が、全て正しい」と思うことが「男らしい」と勘違いしている男性がいます。

そもそも第三者の意見を、聞き入れる心の余裕がない男性に、女性は「男らしさ」を感じていませんよ。

「男らしい」見た目になるための4つの方法

内面の「男らしさ」を磨くのは、「難しい」と感じる人もいるでしょう。

すぐにでもゲットしたい女性がいる場合は、あまり時間もかけていられませんよね。

ここでは、外見を「男らしく」見せる方法を解説。見た目を変えるなら、誰でも気軽に挑戦しやすいですよ。

①清潔感のある髪型

ロングやマッシュヘアなど、中性的なヘアスタイルも流行していますね。ロングやマッシュヘアは、やはり「可愛い」といったイメージが強くなるのも事実。

「男らしい」魅力をアピールしたいなら、刈り上げや、ツーブロックなど爽やかなヘアスタイルがおすすめです。

②体型に合った程よい筋肉

ムキムキに鍛えている男性を「怖い」と、感じる女性も中にはいます。

自分の体型に合った、程よい筋肉をまとっている男性には、思わずうっとり。

筋肉がついていると、力を入れたときに「血管」が浮き出ます。実は、「血管」に「男らしさ」を感じキュン💗と、している女性も多いのです。

③シンプルな服装

「男らしさ」を追求するなら、アクセサリーは必要最低限に、シンプルな服装を意識。おすすめのアクセサリーは「腕時計」。

ネックレスやピアスをジャラジャラつけている男性に「男らしさ」を感じる女性は少ないでしょう。

•シャツのシワを伸ばす
•綺麗な靴を履く

など、さりげなく「男らしさ」をアピールするのがポイントです。

④髭や眉毛を整える

女性の中には、男性の「毛」に魅力を感じる人もいます。

無造作に生えた毛ではなく、きちんと整えられていると、「ワイルドさ」を演出できますよ。

自分で上手く整えられない場合は、理容店などに足を運んでみるといいでしょう。

女性を虜にする「男らしい男性」を目指しましょう!

女性が感じる「男らしい男性」の特徴を解説しましたが、いかがでしたか?

最近では「男らしい」男性よりも「中性的」な男性の人気がアップ。

ですが、やっぱり女性は、強くたくましい男性に惹かれてしまうもの。女性は、本能的に「男らしい男性」を求めてます。そのため「男らしい男性」は、いつの時代もモテるのです。

手取り早くモテ男子になるなら、「男らしさ」を身につけるのが一番

「男らしさ」を磨いて、世の中の女性をメロメロにしちゃいましょう!