年齢と共に「男の魅力」は変化する?顔やお金だけじゃない大人の男の武器とは

この記事を書いた人
Josa

フィリピン生まれ日本育ちのミレニアル女子。 事務員時代にマーケティングを学び、その魅力にハマって取り組んだ結果業績が向上。営業事務からEC部主任へ抜擢される。現在はフリーランスライターとして活動中。 好きなものは心理学とインスタ映え。

20代〜30代の独身女性が集まると、ほぼ必ず恋愛や男性の話題になります。そこでたびたび話題に上がるのは「年下、同い年、年上、どれがタイプ?」という話。

そしていろいろと議論をしてみた結果、10人中9人くらいは

「年上が良いよね」

という結論に着地するのです。

しかし、男性にとってはオジサンの何が良いのかわからない人もいるでしょう。そんな自分の魅力を知らないオジサンのために、今回は年齢と共に変化する男の魅力をご紹介します。

女性と逆!?年齢を重ねると開花する男の魅力

女性は10代後半頃からの需要が高まり、女子大生時代をピークにして「蝶よ花よ」と愛されていきます。しかしそれ以降、年齢を重ねるほど瑞々しい若さも初々しさもなくなり、ただのオバサンと化すのです。

そんな女性の運命とは逆に、男性は年齢を重ねるほど魅力が開花する生き物。頼りなさげな「若さ」は男らしい「渋さ」に変化し、女性のハートを射止めやすくなるのです。

20代の魅力

20代と言えば、年上の人たちからすれば社会に出て10年も経っていないような青二才であり、それと同時に可愛い後輩でもあります。いわゆる舎弟っぽさを持っている男性ほど世間では可愛がられるのです。

では恋愛ではどうなのか?というと、婚活市場に出ている女性たちからすれば、20代は同い年か年下。まだまだ「大人の男」の魅力は未熟で、大人の男が好きな女性からは対象外に見られるかもしれません。

何においても「若さ」を武器にできる

ただ、そんな20代でもモテている人は「若さ」を武器にしている人です。20代を過ぎてしまった男性たちにはない、若さゆえの勢いや勇敢さを持っています。

成功が難しそうな課題に挑戦したり、見知らぬ分野の勉強を始めてみたりと、勢いで飛び込んでも「若いもんね」で許されてしまい、時には応援されるのです。これが30代40代になると「良い歳して何してるの?」と冷ややかな目で見られてしまうため、挑戦するなら20代のうちに!

若さを武器にすることで女性の母性本能がくすぐられ、さらに若い肉体にも魅了されます。私が出会った同い年の男性はまさに若いパワー全開の人で、その姿がたくましく感じられました。

20代で注意したいこと

ただ、勇敢さは悪い方に転がるとただの無鉄砲になります。

同い年の彼は蓋を開けてみたら将来設計もなく、起業するために会社を辞めたものの、ただバイトを転々とする生活。お金もないのに大人ぶって高価な革靴なんかを買おうとするので、そこで私は目が覚めました。

20代の男性は早く大人になりたいのか、背伸びしてしまうこともしばしば。勇敢さと無鉄砲を取り違えず、挑戦の先には地道な努力も必要だということを覚えておいてください。

30代の魅力

そろそろ結婚を視野に入れたい30代。仕事や社会にも慣れてきて、20代のうちにたくさん遊んで、親戚や既婚の同級生から「良い人いないの?」と聞かれる頃合いでしょう。

婚活市場では30代の男性の人数が最も多く、さらに最も需要が高いです。この頃から大人の魅力が開花し始めていきます。

仕事もプライベートも「余裕」がある

私が出会った30代の男性は、普通のサラリーマンですごい仕事をしているわけでもなかったし、年収も平均的だし、顔も「中の中」ぐらいの、ザ・平均マンでした。

そんな彼に惹かれたのは仕事もプライベートも時間的・精神的な「余裕」を持っていたから。

仕事を定時上がりしては美味しいお店を開拓し、まだ時間があれば副業。週末も基本ゆっくりしていて、婚活しているわりには何かにセカセカ焦っている姿を見たことがありません。

女性はそんな余裕のある姿を見ると安心します。忙しくて会えないハイスペック高収入マンよりも、余裕があって美味しいお店に連れて行ってくれるザ・平均マンの方が将来的に結婚を考えられるのです。

また、一説によると男性の精力は30代がピークだとか。夜の生活の方でも余裕が持てれば、きちんと女性を満足させられるでしょう。

30代になったら止めてほしいこと

中には、20代のハートのまま30代に突入してしまう男性もいます。つまり、勇敢さと無鉄砲さを履き違えたまま成長したピーターパンです。

年齢だけ「30」になって中身は伴っていないのに、大人になったと勘違いして女性を見下ろすのはぜひ止めていただきたいところです。女性の方が精神的に発達しているので、30歳の男性よりも25歳の女性の方が大人な対応ができることもよくあります。

そろそろイヤラシイ目で女性のお尻を追いかけたり、夢を見て定職に就かずバイトで食いつないだりするのを止めて、本当の意味での大人になる準備を進めていきましょう。

▼関連記事
30代の男がモテる4つの理由|男の色気が滲む30代男性の魅力とは

40代の魅力

体の老化が気になる40代ですが、実はこの年齢、一部の女性からかなりの需要があります。最近は「パパ活」と呼ばれる活動をしている若い女性も増えており、相手として選ばれやすいのが40代以降。

そんな一時期な楽しみではなく、本気の婚活をしている人でも、40代の魅力を前面に押し出せばどんな女性でもコロッと落ちてしまうかもしれません。

若い世代には真似できない「包容力」

20代も30代も魅力がありますが、そんな若造には到底真似できないのが40代の「包容力」です。社会の荒波に揉まれ、あらゆる理不尽に耐えてきからこそ、「まぁそんなこともあるよね」と受け入れられる懐の深さがあります。

女性は受け入れられたいし、優しく包み込まれたいと思っているもの。自分の欠点や過ちすらも認めてくれる、そんな包容力の豊かな男性に抱かれたいのです。

私より20も年上の45歳の男性は、役職が付いていても決して驕らず、どんと構えていて、それでいて話してみると物腰柔らかい人でした。部下1人1人の個性を認めていて、まさに「モテるおじさまってこういう人のことを言うんだな」と感じたものです。

40代が避けられないようにするために

ただ、その素敵な男性はモテませんでした。実は「臭い」という要素が周りの人を遠ざけていたのです。

40代の加齢臭対策はもはや必須項目。他にも爪を短く切る、髪をセットする、歯のメンテナンスをするなど、身なりを整えることも忘れずに。

内面が良くて包容力があっても、「不潔さ」はすべてを台無しにします。避けられないようにするために、清潔感には常に気を遣いましょう。

意外とモテるのは清潔感のある40代かも?

女性目線から20代、30代、40代の魅力を紹介しました。私の感覚では、婚活市場で需要が高いのが30代であっても、意外と40代の方が若い女性にモテている印象があります。

あなたが40代の男性であれば、「もうこの年齢じゃモテない…」なんて悲観することはありません。清潔感の対策さえしっかりすれば、渋くて包容力のあるおじさま好きな女子たちが集まってくるのです。

これから大人の魅力を開花させていく20代30代の男性たちは、そんな素敵な40代になることを目指して、前向きに年齢を重ねて行ってくださいね。

 

▼関連記事
40代のモテる男性に共通する4つの特徴|モテ男と非モテの比較 モテる50代男性が持つ5つの魅力とは|若い女性の恋愛対象になる中年男性の特徴