菜々緒も通う最先端ジム|「電気で負荷をかけるEMSトレーニング」の実態

この記事を書いた人
倉本(仮)
DARL編集部

ここに倉本(仮)さんのプロフィールが入ります。ここに倉本(仮)さんのプロフィールが入ります。ここに倉本(仮)さんのプロフィールが入ります。ここに倉本(仮)さんのプロフィールが入ります。

人気TV番組「林先生の初耳学」で、トップモデルの菜々緒さんも通う最先端のジムが紹介されていました。そのジムではウエイトなどの器具を使うのではなく、特殊なスーツを身につけて体に電流を流し、その負荷で全身が鍛えられるとのこと。

なんでも、1日たった15分のトレーニングでかなりの効果が期待できるそうです。

気になる実態を調査してみました。

EMSトレーニング

電流を流して体を鍛えるトレーニングは“Electrical Muscle Stimulation”を略してEMSトレーニングと呼ばれています。サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド選手がイメージキャラクターを務めるSIXPAD(シックスパッド)はEMSの技術を利用しており、今話題のSIXPADの販売元はEMSトレーニングが一般の人でも体験できるジム「SIXPAD STATION」を展開しています。

SIXPAD STATION

SIXPAD STATIONは現在東京の六本木、代官山に2店舗をオープンしています。2019年9月9日には赤坂店もオープンするそうです。

SIXPAD STATIONの店舗一覧

EMSトレーニングの効果

EMSトレーニングでは、ダンベルなどの器具は使わず、専用のスーツを着て体に電流を流します。電流が刺激になって筋肉が効率よく鍛えられるのに加えて、重いウエイトは用いため、トレーニング後の疲労感も少ないと言われています。

普通の筋トレなどでは、体の各部位を鍛えるために複数のトレーニングを組み合わせてメニューを組む必要がありますが、EMSトレーニングでは電流を流すことで全身を効率よく鍛えることができ、全身を鍛えるのにも15分程度のメニューで済むという研究もあります。