おすすめマッチングアプリ情報はこちら

オナニーは筋トレに悪影響?自慰行為と筋肉の関係、オナ禁の効果も解説

この記事を書いた人
マッスル北川

筋肉と愛の戦士。某格闘漫画にハマったことをキッカケに体を鍛え始める。「脂肪が筋肉に変わる」「腹筋だけしていれば痩せる」そう思っていた時期もありました。間違った知識で時間を無駄にしたことを教訓に、効率的に痩せる&鍛える方法をお届けします!

筋トレするならオナ禁は必要?

「オナ禁」をすることで、テストステロンの値が上昇し、筋肉が付きやすい状態になります。

過剰なオナニーや射精は、時間を無駄にするだけではありません。

筋肉の分解を促進したり、やる気が減退するなど、筋トレにも影響を与えます。

筋肉をつけやすくし、テストステロン値を高めるために、オナニーをしない「オナ禁」をする男性が多数。

オナ禁をすることで、7日目にテストステロンが最高値になるといわれています。

つまり、筋肉がつきやすい状態が整うんです。

ただし、8日目以降はテストステロン値が緩やかに下降し、14日目にはリセットされた状態に逆戻り。

さらに、オナニーを過度に禁止していると、ストレスが溜まったり、前立腺がんのリスクが高まるという研究結果もあります。

筋トレを効率的に行うなら、オナニーは1週間に1度にするのが良いでしょう。

筋トレ・ダイエット中の食事はマッスルデリがおすすめ!

高たんぱく低カロリー
「筋トレ中の食事管理が大変で、バランスの取れた食生活が続けられない」と悩んでいる人は多いでしょう。コンビニでサラダチキンなど美味しくて低脂質、高たんぱく質の食事も手軽に買えるようになりましたが、毎日食べると飽きてしまいますし、自炊は面倒になってしまうときもありますよね。

そんな人におすすめなのが、自分がダイエットや筋トレで目指すスタイルに合わせて管理栄養士が栄養バランスを計算したお弁当を届けてくれる「マッスルデリ」です。

PFC(たんぱく質・脂質・炭水化物)バランスが優れており、ビタミンやミネラルも豊富な栄養満点、しかも美味しい食事を冷凍便で届けてくれるので、忙しい人でも簡単にボディメイクのための食事を摂ることができるのです。

お弁当は1食ずつ小分けになっており、レンジで温めればすぐに食べられます。本格的に食事制限をして理想のボディを手に入れたい方は、ぜひチェックしてみましょう。

▼マッスルデリをチェックする

筋トレの効果を高めたいならオナニーは1週間に1度がベスト!

オナニー自体は筋肉に悪影響を与えることはほぼありません。

しかし、射精をしてしまうとテストステロン値は低下。

コルチゾールの分泌も促してしまい、筋肉が分解されてしまいます。

さらに、射精をするとやる気や体力も減退するため、筋トレを最後まで行えなくなります。

オナニーは1週間我慢することでテストステロンの値がUPし、筋トレの効果も高まるんです。

テストステロンが高まることで、筋肉がつきやすくなるだけでなく、集中力や記憶力が高まるなど、男性にとって良い事づくめ。

ただし、オナ禁を長期間続けると、前立腺がんのリスクが高まったり、テストステロン値が低いままになるといわれています。

オナニーをするなら1週間に1度がベスト

自分の性欲と上手に付き合い、効率的に筋トレを行いましょう!