人気のメンズコスメブランドREDENのスタイリング剤(ヘアワックス&ジェル)を徹底レビュー

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

人気コスメブランドのREDENから、スタイリング剤が新発売されました。

REDENは爽やかな香りのシャンプーやボディソープがかねてより人気でしたが、今回はその香りと髪の毛のセットを長時間キープできるスタイリング剤を実際に試してみました。

髪の毛のセットで悩んでいる方向けにスタイリング剤の選び方も解説しています。

今回試したREDENのスタイリング剤

  • ヘアワックスフリーズキープ(ショートヘア向け)
  • ヘアワックスタフハード(ミディアムヘア向け)
  • ヘアジェルウルトラハード

ヘアワックスフリーズキープ(ショートヘア向け)

ショートヘア向けの「フリーズキープ」は、程よいツヤ感でカッチリと仕上げたいという人にオススメです。

束感を出すのにも優れているので、男性らしい強い印象のヘアセットをしたいときには大活躍してくれます。

香りは今回ご紹介するREDENのスタイリング剤は、3商品ともにマリンムスクの香りで、ムスク感は程よく主張しますがそれほど強くはありません。

ムスクの香りが苦手な人でもそれほど気にならないでしょう。

フリーズキープは長時間経ってもスタイルが崩れにくく、多少の汗にも負けない強いキープ力が特徴です。

ヘアワックスタフハード(ミディアムヘア向け)

REDENの「タフハード」はミディアムヘア向けのナチュラルな仕上がりを演出できるワックス。

サイドやバックの髪を少し遊ばせたい人や、パーマを当てている人、ボリューム感を出したい人はこちらを使うのが良いでしょう。

フリーズキープと比べると少しキープ力は落ちますので、タフハードでセットしたときは、時間が経ったら少し付け直してもう一度セットするのが良いと感じました。

髪を遊ばせたいけど、もう少しツヤ感が欲しいというときは、タフハードのワックスとこの後ご紹介するジェルを3:1ぐらいの割合で手に広げて混ぜてからセットすると、良い感じに仕上げることができました。

また、ショートヘアでも髪質が柔らかい方は、タフハードを使うとボリューム感を持たせるセットが可能ですので、フリーズキープとどちらを選ぶべきか迷ったときには、自分の髪質に合わせてみるのも良いでしょう。

ボリューム感を出したいときは、髪の表面よりも内側と根本にしっかりとワックスを馴染ませ、持ち上げるようにセットするのがコツです。

ヘアジェルウルトラハード

ガッチリ決めたいときはジェルがオススメ。

速乾性があり素早くまとめることができるので、忙しい朝のヘアセットも簡単になります。

ジェルの難点は、特に汗をかきやすい人はスタイルが崩れやすいところです。

そんなときは、崩れてしまったときは手に少量の水を付けて髪の毛に馴染ませることで、ジェルを付け直さなくても整えることが可能です。

ブラシを使うと綺麗に仕上がりますので、ジェルでセットする機会が多い方は用意しておきましょう。

ただし、乾いた後にブラシを通すと白い粉が出てしまいます。

もう一度水を馴染ませてからブラシを使えば大丈夫ですので、再セットする場合は気をつけてください。

REDENのスタイリング剤でモテる男を演出

「人は見た目が9割」とはよく言われることですが、見た目の中でも髪型は印象を大きく左右する要素です。

寝癖があるなどの状態では不潔、だらしないといった印象を持たれてしまいますので、外出するときはもちろん、リモート会議などで誰かと顔を合わせる機会があるときは、REDENのスタイリング剤でセットしてから臨んでみてはいかがでしょうか。

スタイリング剤の選び方は、髪質とセットしたい雰囲気を考慮して、ここまでの説明を参考にしてみてください。