ホワイトニングのメリット・デメリットとは?気をつけたいことまとめ

この記事を書いた人
青紫蘇
元風俗嬢WEBライター

長野県出身東京都在住、20代の女性フリーライター。自身のキャバクラや風俗での勤務経験を元に、ナイトワークや性に関する記事を多数執筆。また、恋愛や美容、酒、ガジェット、旅行関係など、さまざまなジャンルの記事執筆を手がけている。

毎日ちゃんと歯磨きしていても、歯の色素沈着や黄ばみが気になることってありませんか?

仕事や女性への第一印象を上げるためにも、白い歯は必要不可欠!

今からでもホワイトニングで、白い歯を手に入れましょう。

しかし、ホワイトニング未経験の人にとって施術方法や費用面が不安に思うはず。

そこで今回は、あまりクローズアップされていないホワイトニングのメリット・デメリットについて紹介していきます。

白い歯に憧れているならホワイトニングにチャレンジ!

毎日念入りに歯磨きしていても、歯を白くするのはなかなか難しいでしょう。

一度色素沈着で黄ばんだ歯を白くするためには、やはりプロにホワイトニングをして貰う必要があります。

しかし、ホワイトニングは芸能人がやってるイメージが強くて手が出しにくく感じたり、そもそも危ないんじゃないかという不安も大きいはず。

その不安を払拭するために、ホワイトニングのメリットとデメリットをしっかり理解すれば、行動にも移しやすくなりますよ!

メリット・デメリットをしっかり押さえて、自分にあった方法のホワイトニングを試してみましょう。

歯が白い男は女性にモテる?爽やか男子になるための7つのミッション

【方法別】ホワイトニングのメリット・デメリット

ホワイトニングには、主に「ホームホワイトニング」「歯科医院」「ホワイトニング専門店」の3種類があります。

ホームホワイトニングは、その名の通り自宅でできるホワイトニングのことを指します。

歯科医院とホワイトニング専門店は「オフィスホワイトニング」と呼ばれるカテゴリーで、歯科医院やサロンに出向きプロにホワイトニングの施術をしてもらう方法です。

歯を白くするという目的は一緒ですが、方法やかかる費用は変わってくるので、メリット・デメリットを照らし合わせて自分に合ったホワイトニングを探してみましょう!
メンズのホワイトニングってどうなの?気になるHow toをご紹介!

ホームホワイトニングのメリット3つ

ホームホワイトニングは歯科医院でマウスピースを作り、薬剤の処方を受ける必要があります。

薬剤が無くなるタイミングで追加購入すればいいので、それ以外は通院する必要は基本的にありません。

まずは、ホームホワイトニングのメリットからチェックしてみましょう。

1.自分のタイミングでいつでもホワイトニングができる

なんと言っても、ホームホワイトニングは自分のタイミングでいつでもできるのが最大のメリット!

そのため、学業や仕事で忙しい人や、歯科医院やサロンに通うのが面倒な人におすすめなんです。

何より、自宅で好きな時間にできるのは嬉しいポイントですよね。

2.ホワイトニングが長持ちする

オフィスホワイトニングと比べて、ホームホワイトニングは白さが長持ちしやすいです。

ホームホワイトニングは、長い時間を使って歯に付着した色素を細かく分解するので、綺麗な白さを保ってくれます。

ホワイトニングを長持ちさせた人にとっては、重要な項目ではないでしょうか?

3.透明感のある仕上がりになる

ホームホワイトニングはたっぷり時間を掛けて歯を白くするので、歯の表面の荒れも抑えられます

そのため、透明感ある自然な仕上がりになりやすいので、不自然になるのが心配な人にも安心できる方法なんです。

ホームホワイトニングのデメリット3つ

自宅で手軽にできるホームホワイトニングは、手軽さゆえにデメリットも存在します。

後悔しないように、しっかりチェックしておきましょう。

1.長時間マウスピースを付けなければいけない

ホームホワイトニングの最もネックになる部分と言っていいのが、このマウスピースです。

マウスピースは、ホワイトニングに必要不可欠な道具。

短い場合だと1日1回30分から、長いと就寝中ずっと付けておく必要があります。

歯の白さをキープするために毎日マウスピースを付けなければならないので、面倒に感じてしまう人には厳しいかもしれません。

2.効果がでるまでに時間がかかる

ホームホワイトニングは色素分解を細かく行うので、目に見える効果がでるまで時間がかかります

そのため、毎日継続してホワイトニングをしないと、なかなか結果がでにくいのです。

即効性がある方法ではないので、地道に継続してホワイトニングができない人には難しいかもしれません。

3.食べ物やタバコの制限が必要

ホームホワイトニング直後は、飲食物やタバコのヤニなどの色素が歯に吸収しやすいです。

そのため、ホワイトニング後はタバコはもちろん、白色以外のの食べ物・飲み物を我慢する必要があります

また、自宅で使う薬剤は低い濃度で処方されるため、長い期間を使って歯を白くします。

長い目で歯を白くしていくのがホームホワイトニングなので、色素が濃い飲食物やタバコには注意しましょう。

歯科医院のメリット3つ

続いて、歯の悩みだけでなく口内環境のメンテナンスもできる歯科医院のメリットについてご紹介します。

1.ホワイトニング施術が安全

歯科医院のメリットは、なんといっても安全なホワイトニングの施術を受けられることです。

歯のホワイトニング=歯科医院と思っている人も多いですよね?

それくらい、口腔内の施術に関して歯科医院の信頼度は根強いものです。

安心・安全を最も重要視するなら、歯科医院でのホワイトニングを検討してみてください。

2.ホワイトニング効果が早い

歯科医院で行うホワイトニングは、ホームホワイトニングやサロンに比べると強い薬剤を使用しているので、目に見える効果が早いことが多いです。

強い薬剤を使えるのも、口腔内のプロが揃っている歯科医院だからこそ!

そのため、効果を早く実感したい人は歯科医院で本格的なホワイトニングをしてもらうのがいいでしょう。

3.ホワイトニング以外のメンテナンスができる

せっかくホワイトニングをしても、虫歯や歯肉炎で口内環境が悪化していては意味がないですよね?

歯科医院の最大のメリットと言えるのが、ホワイトニング以外のトラブルにも対応してくれること!

専門的なアドバイスはもちろん、虫歯や歯肉炎など口内環境のトラブルはしっかりチェックしてくれるので、健康な歯を保つことができます。

また、ホワイトニング途中で虫歯などになってもしっかり対応してくれるので、元々歯が弱かったり虫歯になりやすい人は歯科医院で相談してみるのがいいでしょう。

歯科医院のデメリット3つ

安全性が非常に高い歯科医院での施術ですが、気になるデメリットにも注目してみましょう。

1.施術費用が高額

本格的にホワイトニングができて安全性も高い歯科医院ですが、一方で施術費用が高額になってしまうというデメリットがあります。

施術方法によって変わりますが、数千円で行えるものから数十万円かかる高額な施術までさまざまです。

より早い効果を実感するためには、ある程度高額な費用になるのは覚悟したほうがいいでしょう。

2.保険が使えない

歯科医院でのホワイトニングが高額になってしまう大きな理由の一つが、保険が使えないということです。

ホワイトニングは保険適用外なので、自費負担になります。

そのため、普段の虫歯や歯肉炎の治療に比べるとかなり高額な費用になってしまうのです。

しっかりした安全性と確実な効果を求めるなら、自費負担で高額になってしまうのは仕方がないかもしれませんね。

3.定期的に通院する必要がある

歯科医院で行うホワイトニングの持続期間は、大体3ヶ月〜半年と言われています。

セルフメンテナンスをしっかり行っていれば白い歯は長持ちしますが、日常的に喫煙やコーヒーを飲んでいるとせっかくの白い歯も黄ばんできます。

ホワイトニングで手に入れた白い歯をキープするなら、定期的に通院してホワイトニングしましょう。

歯科医院の施術によって通院期間が指示されると思うので、ご自身のペースやお財布と相談してみてくださいね。

専門店のメリット2つ

最近増えてきたホワイトニング専門店は、手軽に通えることから人気が高まってきています。

そんな専門店のメリットもチェックしておきましょう。

1.安価でクオリティーが高い

ホワイトニング専門店では、歯科医院並みの高いホワイトニング技術を安い費用で受けられることが一番のメリット!

ホワイトニング専門店なら、自費診療でも相場が5,000円からできるところがあります。

安価でしっかりホワイトニング効果を実感できるので、ホワイトニング=高額と思っていた人にとっては、少し身近なものに感じるのではないでしょうか?

2.数回の施術で効果が実感できる

数回の施術だけで満足度が高いホワイトニング効果が得られることも、専門店ならではのメリット!

健康な歯を削らずに施術を受けられるのも魅力的でしょう。

また、ホームホワイトニング以上の白さを手に入れられ、歯科医院のように定期的に通う必要がないので、忙しい人にもぴったりな施術方法なんです。

専門店のデメリット2つ

安価で高クオリティーな専門店にもデメリットがいくつかあるので、しっかり押さえておきましょう。

1.色素沈着が目立ちやすい

専門店の場合は、歯科医院より弱い薬剤を使うことが多いので、ホワイトニングの効果が半永久的なことが多く色素沈着が目立ちます。

特に、コーヒーやお茶などの飲み物や色が濃い食べ物、タバコといった嗜好品は影響が大きいです。

メンテナンスを怠ると白くなった歯に再び着色してしまうことがあるので、しっかり歯の管理をするようにしましょう。

2.歯の白さを維持すれば高額になる

ホワイトニングは、元の歯の色や質などの影響で効果が出にくい場合があるので、費用が高額になることも少なくありません。

また、ホワイトニング専門店で施術を受けたあとは、主にホームホワイトニングを続けて白い歯をキープする必要も出てきます。

長期的に歯の白さを保つなら、ホワイトニングの維持費がかかることも頭に入れておいてくださいね。

3種類のホワイトニングメリットデメリット
ホームホワイトニング・好きなタイミングでできる
・ホワイトニングが長持ちする
・透明感のある仕上がりになる
・長時間マウスピースを付ける必要がある
・効果がでるまで時間が必要
・食べ物やタバコを我慢する必要がある
歯科医院・施術が安全
・短期間で歯が白くなる
・ホワイトニング以外のメンテナンスもできる
・本格的なホワイトニングほど高額になる
・保険が使えないので自費負担
・定期的な通院が必要
専門店・安価でクオリティーが高い
・数回の施術で歯が白くなる
・歯が黄ばみやすいのでメンテナンス必須
・歯の白さを維持するなら高額になることも

初心者さんにおすすめオフィスホワイトニングはどこ?

ホワイトニング初心者さんにとって不安要素はさまざまだと思うので、カウンセリングや施術がしっかりしたホワイトニングを選びたいはず。

ホワイトニングに初めてチャレンジする人におすすめなのが、主に首都圏や大阪に店舗がある「スターホワイトニング」

ポイントは、1回の施術がたった2500円と相場よりも安いこと!高い技術力で良い口コミも多数あります。

「スターホワイトニング」のおすすめコースは、カウンセリング付きのホワイトニングコース

自分好みの納得のいく白い歯に近づけることができますよ!

また、店内・施術ともに徹底した清潔感と優しい雰囲気が人気になっています。

ホワイトニングが気になっている人は、ぜひ「スターホワイトニング」で施術をしてみてくださいね!

スターホワイトニング公式はこちら!

▼弊社代表取締役が実際に「スターホワイトニング」で施術を行った様子が記事になっているので、合わせて読んでみてください!
【タバコ大好き社長のスターホワイトニング体験談|第1回】500本タバコを吸う男VS業界最安値ホワイトニングサロン

今からでも白い歯は手に入る!

ひとこと「ホワイトニング」といっても、さまざまな種類や方法があります。

その種類や方法によって、メリット・デメリットが異なってくるので、自分に合うホワイトニングの施術を選ぶことが大切です。

魅力的な白い歯で、笑顔の自分に自信を持ちましょう!