ホワイトニングの方法と黄ばみの原因とは?歯をずっと大切にしたい人に届ける必読書

この記事を書いた人
青紫蘇
元風俗嬢WEBライター

長野県出身東京都在住、20代の女性フリーライター。自身のキャバクラや風俗での勤務経験を元に、ナイトワークや性に関する記事を多数執筆。また、恋愛や美容、酒、ガジェット、旅行関係など、さまざまなジャンルの記事執筆を手がけている。

「歯は一生物だから大切にしなさい。」

そんな言葉を昔よく言われましたよね?

この言葉、大人になって痛感してる人もいるのではないでしょうか。

普段の生活習慣で黄ばんでしまった歯を、何とか綺麗にしたいと思っている男性陣はたくさんいるはず。

そこで、そもそもどうして歯が黄ばんでしまうのか、また自宅でできるホワイトニング方法について解説していきます!

この記事はこんな人におすすめ!
  • 歯の黄ばみに悩んでいる人
  • 自宅でできるホワイトニングケアを知りたい人
  • 歯が黄ばんでしまう原因を知りたい人

昔は綺麗だった歯が黄ばんでしまった…!

子供の頃は綺麗な白い歯だったのに、大人になるにつれて黄色く変色してしまうのはよくあることです。

歯の黄ばみの原因は普段の生活習慣はもちろん、ご自身のデンタルケアが足りていない可能性もあります。

黄ばんだ歯のままよりも白くて綺麗な歯のほうが印象もよく、話しているときも自信が持てますよね?

この機会に、正しいケアと本格的なホワイトニングを視野に入れてみましょう!

歯が黄ばんでしまう原因4つ

そもそも、どうして歯が黄ばんでしまうのかを知っておかないと、注意したくてもできません。

まずは、しっかり歯が黄ばんでしまう原因について理解を深めましょう。

1.ステインによる着色

ステインは、コーヒーやワイン、チョコレートなどに含まれている色素のことを言います。

食べ物・飲み物はもちろん、タバコのヤニもステイン着色の大きな原因のひとつです。

そのため、白い食べ物や飲み物はステイン着色の心配が少ないと言われていますが、バナナや大豆製品もステイン着色の原因になるので見た目で判断するのが難しいのです。

ステイン着色を防ぐためには?

ステインの着色をできるだけ防ぐために、簡単にできるケアを押さえておきましょう。

歯磨きで歯を傷つけない

研磨剤が含まれている歯磨き粉を使ってゴシゴシ歯を磨いてしまうと、表面に細かい傷がついてしまいます。

この傷の隙間にステインなどの汚れや細菌が付着してしまうのです。

歯を綺麗にしたい気持ちは分かりますが、あまり強く磨きすぎないようにしましょう。

飲食後は口をゆすぐ

できれば毎食後に歯磨きできればいいですが、日中仕事していたり出かけているとなかなか時間がとれませんよね?

そんな時は、水で口をゆすいで汚れを落としておきましょう。

口の中をゆすぐだけでステイン着色を防止することができ、口臭対策にもなります。

また、ガムを噛んで唾液をたくさん分泌させるのも同じ効果があるのでおすすめですよ!

2.加齢

年齢を重ねていくと、歯の黄ばみが目立つようになります。

歯の表面にはエナメル質と呼ばれる白色物質がコーティングされています。

このエナメル質が、年齢に伴い少しずつ薄くなって内側の象牙質が透けて見えることで黄ばんで見えてしまうのです。

3.虫歯

虫歯は、初期段階のホワイトスポットと呼ばれる白い斑点のような状態から黒色に進行し、最終的には神経が死んだ茶色の状態になります。

部分的に歯の変色が気になる場合は虫歯の可能性があるので、早めに歯科医院を受診するようにしましょう。

4.抗生物質

実は、薬剤の中でもテトラサイクリン系の抗生物質が、歯や骨に影響を及ぼす可能性があると言われています。

歯の着色原因のひとつと言われていますが、普段から日常的に抗生物質を服用している人は少ないと思います。

心配な人は、病院から薬を処方される際に確認してみてくださいね。

自宅でもできるホワイトニング方法2つ

歯の黄ばみになる原因が分かったら、今度は自宅で行うデンタルケアを見直してみましょう。

明日にでも実践できる方法もあるので、気になる人は試してみてくださいね。

1.ホワイトニングに特化したアイテムを使う

手軽にできる方法として、ステインの除去を助けてくれるアイテムを使うといいでしょう。

重曹や研磨剤が配合されている歯磨き粉や、歯の表面を磨いて歯を白く見せるホワイトニングペンが最も手軽なアイテムです。

また、電動歯ブラシのステイン除去機能もホワイトニングにおすすめ。

ただ、電動歯ブラシは振動数が多い分歯を傷つけるリスクも高いので、研磨剤が配合されている歯磨き粉は使わないようにしましょう。

電動歯ブラシを使う際は、汚れを浮かしてくれる歯磨きを選ぶと適度な強さでステインを落としてくれますよ!

2.ホームホワイトニング

自宅で本格的なホワイトニングができる「ホームホワイトニング」という方法もあります。

ホームホワイトニングは、あらかじめ歯科医院で使用するマウスピースホワイトニング剤を処方してもらい、自宅でホワイトニングをする方法です。

歯の白さを実感するまでに時間がかかりますが、細かく色素を分解するので長期間ホワイトニングを長持ちさせることができます。

一番は歯科医院で定期的にクリーニングしてもらうこと!

口内環境を綺麗に保つために、やはりプロに定期的なクリーニングをしてもらいましょう。

特に、歯石除去や表面磨きはセルフケアではできないクリーニングなので、歯科医院でやってもらう必要があります。

また、定期的にクリーニングをしてもらえば小さな虫歯の早期発見にもなります。

歯の健康を守るためにも、できるだけ歯科医院でクリーニングをしてもらうようにしてくださいね!

自分で絶対にやってはいけないホワイトニング方法

先程、セルフケアでも手軽にできるホワイトニングアイテムがあるとご紹介しました。

研磨剤や重曹を配合している歯磨き粉や、表面を白くしてくれるホワイトペン。

一見便利なアイテムですが、使い方を間違えると歯が削れて余計に汚れが目立ってしまったり知覚過敏症の原因になってしまいます。

歯を綺麗にしようと意気込みすぎて、力強くやりすぎないように注意しましょう。

本格的なホワイトニングは専門店で!

自宅でできるセルフケアもいいですが、やはりプロのホワイトニングをしてもらうとどれくらい歯が白くなるのか、気になる人もいますよね?

気軽に・安全にホワイトニング体験をしたい人におすすめしたいのが、「スターホワイトニング」というホワイトニング専門店なんです!

こちらは、なんと1回2500円で施術を受けることができ、全額返金保証も付いています。

専門店でありながら、歯科医師や歯科衛生士が虫歯のチェックから施術まで行うので、歯科医院と変わらないホワイトニングを体験できます。

ぜひ、お近くの「スターホワイトニング」でホワイトニングを体験してみてくださいね!

スターホワイトニング公式はこちら!

弊社代表取締役が実際にホワイトニングを体験しているので、合わせてチェックしてみてください。

自分の歯は一生かけて大切に

大人の歯は一生物です。

今より健康にするのも放置して後悔するのもあなた次第。

ぜひ、綺麗な歯を手に入れて自信に満ちた笑顔を武器にしてくださいね!

メンズホワイトニングが気になる人はこちらの記事
メンズのホワイトニングってどうなの?気になるHow toをご紹介!

ホワイトニングのメリット・デメリットをチェックしたい人はこちらの記事
ホワイトニングのメリット・デメリットとは?気をつけたいことまとめ

【種類別】ホワイトニングの比較はこちらの記事
ホワイトニングの効果や費用って?気になる疑問を種類別に比較!

歯以外の清潔感も上げたい人はこちらの記事
清潔感は男のモテ要素!女性に好印象を与えるポイント7つ