女子ウケする服装の王道を徹底解説!メンズファッションでカッコよく決めるポイントは?

女子ウケ服装の王道を徹底解説!メンズファッションでカッコよく決めるポイントは?

この記事を書いた人
しののめとも

ちょこっとオタッキーなところがあり、不思議なお話を聞くのも大好きなマニアック体質。絵を描いたりレジンで小物を制作したり物語を書くのが好きです。「作る」ことが生き甲斐でもあります。DARLでは「どうしたら男性を応援できる記事を書けるか」を真面目に面白く研究中です!

顔がイケてなくても、服装だけでカッコよく見せることはできる!

顔がダサくてイケてないからモテない……そんな風に思っている男性はたくさんいるのではないでしょうか。

実は、女性は顔だけでなく男性の全体像を見て「イケているか」どうかを判断しています。女性にとって重要なのは、顔よりも雰囲気。だから、顔がイケてなくても服装を見直せばカッコよくなれちゃうんです!

でも、なかには「どの雑誌を読んでも、どのWEB記事を読んでも女子ウケがいいファッションってなに? ワカラナイ」という人もいますよね。今回は、そんな男性に向けて、メンズファッションでカッコよく決めるポイントを徹底解説していきます。

女子ウケがいい服装の王道ポイント|TOP5

まずは、女子ウケ服装に必須の王道ポイントを、ランキング形式でご紹介していきます。

5位|TPOを意識する

5位は、服装の「TPOを意識する」です。

TPOとは、

  • Time(時間)
  • Place(場所)
  • Occasion(場合)

の頭文字を取った言葉で、「時と場所、場合にあわせること」を意味します。

服装のコーデでいうと、「季節性を無視しない格好をする」「ドレスコードがある場所に行くときはシーンに合ったものを選ぶ」といったところでしょうか。

ちなみにTPOを無視した格好をすると、残念ながらゲンナリする女性はいます。

例えば、こんな感じ。

  • 上品でおしゃれなレストランに、よれよれのTシャツでサンダルをはいてきた
  • 真夏のビーチで、きれいめのかっちりジャケットスタイル
  • 初デートでパジャマ着のようなスウェットを着てきた

ここまで極端な例は稀ですが、TPOを無視した格好をすると周りに違和感を与えます。TPOを無視した格好をする男を見ると、女性は「この人、周りをちゃんと見てるの?」と心配になります。

好きなものを着るのもファッションの醍醐味です。でも、例えばあなたがふだんはカジュアルな服装を着ている場合、ドレスコード決まっているパーティーできれいめのきちんとした格好をしたら……彼女はそのギャップに胸キュンするかもしれません!

いえ、間違いなく「普段と違う姿が見れて……ウレシイ💕」とあなたに惚れ直します。

4位|色づかい

ファッション初心者だと迷いがちな「色づかい」。女子モテと正反対の色づかいが、カラスのような「黒一色」だったりします。とくに初心者に陥りがちなパターンですが、悲しきかな、黒ずくめの服だとお葬式みたいです。

かたや、鮮やかなビビット系の色ばかりの色の組み合わせだと、今度は子供っぽくなってしまいがち。

外れのない色の組み合わせとしては、3つあります。

白・黒・モノトーン系の無彩色で組み合わせを考える

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dcollectionさん(@dcollection_official)がシェアした投稿

モノトーンと有彩色一つの組み合わせ

 

この投稿をInstagramで見る

 

とっしーさん(@sasa_toshi)がシェアした投稿

モノトーンと有彩色二つの組み合わせ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dcollectionさん(@dcollection_official)がシェアした投稿

基本的に、この3つのパターンを意識すると「まとまり感」が出て、カッコいい女子モテファッションになります。

  • 白・黒・モノトーン系の無彩色で組み合わせを考える
  • モノトーンと有彩色一つの組み合わせ
  • モノトーンと有彩色二つの組み合わせ

ちなみに、有彩色は青や緑といった色彩がついたのカラーのことを言います。

3位|ゴテゴテさせない

見た目を「ゴテゴテさせないこと」も重要です。カッコよく見せたいからといって、ブランド物で固めすぎるのは威圧感があるのでNG派手な柄もの色がキツイ服もあまり女子には好まれません。

奇抜なデザインの服は、どちらかというと上級者向けです。好きだから身につけたいのであれば止めませんが、ファッション初心者はなるべく避けた方が無難でしょう。

アクセサリーもつけすぎるとゴテゴテした印象になるので、ポイント使いとして1つか2つつけるようにする方が、おしゃれに見えます。

2位|サイズ感

2位は服の「サイズ感」。

なかには着心地優先で、サイズの大きい服を選ぶ男性もいるかもしれません。ですが、体のサイズに合っていないダボついた洋服だと、着たときにダラしなく見えてしまうんです!😭

せっかくカッコいいコーデでも、サイズが合ってないと、彼女から「なんか変じゃない?」と指摘されちゃうかも……。

自分の体に合っている服のサイズを選ぶときには、「体にフィットするもの」を選ぶのがマスト。王道パターンとしては、上半身はスマート、下半身は細身に見える服を選ぶと、すっきりとしたIラインのシルエットになって、カッコよくキマります。

すらっとしたシルエットは、女子ウケポイントかなり高しです!

1位|清潔感

そして最も重要な要素は……「清潔感」! たくさんの女子たちが、一番、気にするポイントは「清潔感」なのです。ここを外してしまうと、彼女の表情が100パーセントどんより曇ります。台詞で例えるなら「えー……うっそー(アリエナイ)」。

清潔感のチェックポイントとしては

  • 服にシワがないか
  • シミなどの汚れがないか
  • フケはついていないか

最低でも、この3つがクリアできたらオールOK。

身だしなみとかぶるところはありますが、まず第一に「清潔感」を意識すれば、女子の好感度はぐぐっとうなぎ登り間違いなしです!

一番女子にウケがいいのは「ジャケット×パンツ」スタイル

一番、女子ウケがいいスタイルとは何かというと、きちんと感が出て、だいたいの女性にいい印象を与えるのが「ジャケット×パンツ」スタイルです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

men’sFUDGE/メンズファッジさん(@mensfudge)がシェアした投稿

ただし、すべてキレイめのアイテムでまとめると堅い印象になり、相手にも抵抗感が出てくるのでカジュアルに着こなすのが女子ウケ服装のポイント。

コツとしては、カジュアルなアイテム、キレイめのアイテムを半分ずつのバランスで着こなすようにすると、カッコよくきまります。
ちなみに「テーラードジャケット」はオールシーズンで使えるので、一着持っているといろんな着回しができて便利です。

ここからは、さらに参考になるよう3つのコーディネート例をご紹介します。

「ジャケット×パンツ」スタイル|その1

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dcollectionさん(@dcollection_official)がシェアした投稿

カジュアルなアイテム、キレイめのアイテムを半分ずつ配分した理想的なバランスコーデがこちら。
モノトーンでまとめたスタイルが、「スタイリッシュ💘」と、女子のハートをぐっと掴んでくれそう。

「ジャケット×パンツ」スタイル|その2

 

この投稿をInstagramで見る

 

セレクトショップ エイチケー/HKさん(@mens_selectshop_hk)がシェアした投稿

暑くてジメジメした季節でも「ジャケット×パンツ」を着こなしたい男性もいますよね。
軽量のナイロンジャケットなら、湿気が多い季節でも大丈夫。
こちらは、ベストを着ることでスポーティのなかにさわやかな印象のするコーデになっています。
彼女も思わず「カッコイイ💕」とつぶやきそう。

「ジャケット×パンツ」スタイル|その3

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dcollectionさん(@dcollection_official)がシェアした投稿

他の素材と合わせるのがなかなか難しいワイドパンツを組み合わせた「ジャケット×パンツ」スタイル。上半身はキレイめのアイテムでまとめて、下半身をカジュアルにしています。

ヌケ感が絶妙で「デートで一緒に歩きたい!」と言い出す女性がたくさん出てきそうです。

女子は「まとまり感がある」コーディネートを評価する

「女子にはシンプルな服装が好まれる」と、よく言われます。でも「はて、(おしゃれで)シンプルなファッションとはどんなもの?」と疑問に思いますよね。

賛否両論はありますが、コーディネートで重要なのは「まとまり感」があること。色づかいのところでも少し触れましたが、「まとまり感」があるとファッションに統一感が生まれてバランスよく見えます。

バランスよく見える服装=女子にモテる服装なのです!

まとまり感を出すコツとしては、

  • 色づかいを気にする
  • 服装のテーマを決める

この2つをおさえるだけで、ぐっと統一感が増します。

まとまり感をハズすといった高度なテクニックもありますが、まずはコーデの統一感を出せるようにしましょう。

服の組み合わせがわからない場合は、ウィンドウショッピングでショップのマネキンが着ている服のコーデを参考にするといいですよ。彼女がいるなら、ウィンドウショッピングのデートで、一緒に服のコーデを考えるのもいいかもしれません。彼女がいない場合は、友達や姉妹に付き合ってもらって選んでもらうのも手です。

迷ったら彼女の好みに合わせるのも手

いろいろな女子ウケするファッションのポイントをご紹介しましたが、ときには「めんどくさいから、誰もが評価する女子ウケスタイルって、ないかなぁ?」と思うこともあるでしょう。

しかし、残念ながらそんなものはありません😢

なぜかというと、女子によって好みのバラつきがあるから。極端な例をあげれば、尖ったようなホストファッションが世間でNGと言われても、そのスタイルが好みだという女子もいます。

もしコーディネートで迷ったら、彼女の好みに服装を合わせるのも一つの手。

これは類は友を呼ぶ」の法則を用いた方法です。同じもの同士は惹かれやすいという性質があるんです。

例えば、こんな感じ。

  • カジュアルファッションが好きな女子にはカジュアルで。
  • きれいめコンサバファッションが好きな女子には「ジャケット×パンツ」スタイル。
  • ギャルファッションが好きな女子にはチャラい系やサーファースタイルを。

彼女がいなくても「こんな子にモテたい」という女子に合わせて服装をコーディネートしてみると、意中の女性の心を射止めやすくなります。

王道ポイントを押さえて、女子ウケを狙っていこう

女子ウケファッションの王道ポイントを徹底的に解説させていただきました。

女子にウケる服装を研究していくと、たくさんの情報が錯綜していて「奥が深すぎる……」と、途方に暮れる男性もいるのではないでしょうか。

しかし、ここだけは押さえたほうがいいモテ服装の王道ポイントは存在します。特に、清潔感は女子ウケポイントが高いです。見た目が不潔だと、彼女は「ナイナイ、さようなら」と速攻でお別れのあいさつを口にします。

今回、ご紹介した5つの王道ポイントをおさえるだけでも確実に女子にモテる服装になっていきます。ファッション選びに慣れてきたら、流行のトレンドを取り入れていくと、さらに女子ウケ間違いなし。

ぜひ、王道ポイントを押さえて女子ウケを狙っていきましょう!