好き避けして後悔しているなら、今すぐ8つのことを改善してください

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

「好きだけどうまく伝えることが出来ず、逆に避けてしまう」、「緊張してしまう」、「恥ずかしくなってしまう」、「素直になれない」などという理由から、相手を避けるような行動をとると、後から「なぜあのとき避けてしまったんだろう」と後悔してしまうことがありませんか?

実際に好き避けをしてしまうと、好きな人は「避けられた」と思ってしまいますし、あなたへの印象もよくありません。好き避けをして後悔したときは、早めにカバーするに越したことはありません。今回は好き避けをしても、すぐに改善するべき点を紹介していきます。

どう受け取られるかを考えられるようにしよう

好き避けを後悔している場合、既に相手によく受け取られていないことを自覚している、ということです。今一度、自分の行動がどう受け止められたかを考え直すことが大事です。

このときのポイントは、「自分が好きな相手から避けられたとき」を想像することです。もし、好きな相手に冷たい態度をされたり、避けられたら辛いですよね。人は、相手の気持ちを100%読み取ることは出来ません。

もしあなたが好きだと思っていても、相手に良くない印象を残してしまうような行動は、「自分に対して好意はない」と相手に伝わります。どう受け止められるかを一度しっかりと考え直すことで、次からの行動を変えることが出来るでしょう。

謝れるようになろう

好き避けをして後悔しているときや、特に「相手のことを傷つけてしまったな」と思うときは、まず先に謝りましょう。相手が傷ついているかどうかの見極め方は、好き避けをしたときに悲しそうな表情をしていたり、他の人から「悲しんでいたよ」という報告を受けたときです。このときは早急に対応したほうがいいでしょう。

すぐに対処できないと、今後の関係を修復することも難しくなってきます。自分の好き避けをしてしまう理由を正直に告げてから、素直に謝ることがベストです。恥ずかしい場合でも「あなたのことを悪く思っていない」ということは、確実に伝えましょう。

相手がショックを受けていることが明らかな場合は、謝ることで自分自身の気持ちも整理しやすくなります。

素直に自分のことを伝えられるようになろう

「好きになると、つい避けてしまうタイプ」であることを正直に伝えることは、非常に勇気がいりますが、伝えてしまえばその後の関係がうまくいくかもしれません。特に、付き合っている方へは、ぜひ伝えるべきです。

一度伝えることで、次に好き避けしたときにも相手に悟ってもらえたり、相手に「好き避けだったのか」と納得してもらえる可能性もあります。自分の性格や考え方を気にかけてもらうことで、好き避けをしたときの後悔も軽く済みます。

ただし、好き避けすることを理解してもらえるからといって、好き避けを繰り返すことはよくありません。相手にとっては避けられている感覚があるので、徐々に自然と対応できるようにしましょう。

周りの目を気にしすぎないようにしよう

好き避けをしてしまう人は周りを気にしすぎる傾向があります。最初はなかなか難しいかもしれませんが、周りを気にしないようにすることで、次から好き避けを防げる可能性があります。

人は、あなたが思っているよりも他人のことは気にしていないものです。いつも周囲の目を気にして好き避けをし、後悔しているのであれば、一度周りへの意識を消してみてください。その上で好きな人にコンタクトをとってみるべきです。好き避けして後悔しているのならば、次からは必ず好き避けをしないようにしなければなりません。

そのためには「なぜ好き避けをしてしまうのか」という部分について、自己分析をしましょう。あなたが「周りの目が気になる」という理由で好き避けをしてしまうのであれば、自己分析が根本的な解決につながるかもしれません。

相手をさりげなく褒められるようになろう

どうしても、好きな人を目の前にすると緊張しますよね。また、「好きな人に好意を悟られたくない」という人も多いでしょう。そのようなときは「さりげなく褒める」ことを意識してください。こうすることによって、相手に好意を悟られることもありませんし、相手に悪い印象を与えることもありません。

第三者に協力してもらおう

好き避けによって相手に与えた悪い印象を、すぐに解決へと導くには、「第三者に協力してもらう」という方法があります。共通の知り合いや仲の良い人から好きな相手に対して、「緊張してうまく話せないんだって」「悪く思っていなくて、むしろいつも褒めてるよ」などと伝えてもらうのです。

この方法だと、自分から好き避けで与えた誤解を解かなくてもいいので気楽ですね。しかし、この方法を毎回使っていると「本当に嫌われてないのかな」と相手が疑う可能性があるので、最終的には、やはり、自分から働きかけて好き避け自体しないように改善していくことが大事です。

自ら働きかけるようにしよう

好き避けをしてしまうと、相手は「嫌われているから近寄らないようにしよう」と考えるでしょう。このままだと好きな人との距離は広がっていくばかりです。

そのようなときは、思いきって自分から働きかけてみましょう。そうすることで相手は「嫌われていなかった」と気づくことができます。つい好き避けをする人は、なにごとも受け身になってしまっていませんか?勇気がいることですが、1歩踏み出してみましょう。

笑顔を見せるようにしよう

好き避けをした相手に、笑顔で安心感を与えることも重要です。嫌いな相手へは、あまり笑顔は見せませんよね。笑顔は「あなたのことは嫌いではない」というメッセージの代わりにもなるので、好き避けして後悔している相手と関わるときは、笑顔で楽しく接するようにしましょう。

 

今回は、好き避けをして後悔をしているときの改善点を紹介していきました。好き避けで後悔しているのならば、1つ1つ行動を起こしていくことが大事です。1回好き避けをしてしまったからといって「嫌われた」と落ち込む必要はありません。好き避けをしたあとの行動次第で、自分の印象も変えることが出来ます。ぜひ、今回紹介した改善点を参考にしてみて下さい。