女性の好き避けLINEの特徴4選|照れ屋なあの子のハートをつかもう!

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

LINEのやり取りはしているのに、なんとなくそっけなくて、避けられているように感じる…。もしかすると、相手は好きな人を避けてしまう「好き避け」状態なのかもしれません。「好き避け」をしてしまう女性は、照れ屋で恥ずかしがり屋の人が多いです。

そのため、顔を合わせなくてもいいLINEでも、ついそっけない態度をとってしまうのです。今回は、「好き避け」をしてしまう女性について、LINEの特徴と、その裏にある心理も紹介していきます。「好き避け」をしてしまう女性のLINEについて理解し、上手く対応することができれば、好き避け女子のハートをつかめる確率も上がりますよ!

返信がなかなか返ってこない

ラインやメールを送ってもなかなか返信が来ない…このようなときは嫌われているのか不安になりますよね。しかし「好き避けLINE」の特徴として返信が遅いということも挙げられます。返信が遅くても、ずっとやり取りが続いているのであれば、好き避けから返信が遅れてしまっているのでしょう。決してあなたのことが嫌いなのではなく、むしろ好きだからこそ、返信内容を悩んでいる可能性が高いのです。

もしあなたのことが嫌いなのであれば、すぐにLINEを終わらせようとする流れになります。あなたも、好きな人とのLINEでは、いちいち文面を考えてしまいますよね。同じように、女性は好きな人への返信内容を深く考えてしまいます。返信が遅いのも、あなたに対してどう返そうか悩んでいるからなのです。

既読スルーの状態が続いても、きちんと返信が返ってくるときは、じっくりと返信内容を考えているからでしょう。「もしかしたら嫌われているのかも…」と不安になりますが、気長に待って相手の女性のペースに合わせましょう。

時には、駆け引きをする女性もいます。内容は好意的でも、返信が遅い場合などは、女性があえて返信を遅くしているかもしれません。

返信を遅らせることで男性の気を引こうとしたり、忙しい女性のイメージを持ってもらいたい…という気持ちがあります。焦らず好意的なLINEを続けましょう。

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


他には、厚生労働省が利用を推奨している「COCOA」というアプリもおすすめです。

COCOAはスマホのBluetooth機能を利用して、新型コロナウイルスへの感染が判明した人との出会い・濃厚接触の可能性を確認することが可能で、ウイルスの感染拡大、クラスターの発生を防止できるんです。

上で紹介した他のアプリとは異なり、顔写真やプロフィールなどの登録をしなくても使うことができ、非常に手軽で、さらに18歳未満でも利用可能です。

もし自分が陽性になってアプリから情報を登録しても、個人情報は公開されないので安心。

ただし、このアプリはみんなで使わなければ効果も期待できないので、「どうせみんな使ってないでしょ」などと言わず、まずはあなたがダウンロードして使ってください。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan無料posted withアプリーチ


そっけなく返してくる

絵文字などを使わず、あなたに興味が無いように感じる返信をすることも「好き避けLINE」の特徴です。そっけなく返してしまうその行動の裏にある心理は、2つ考えられます。1つ目は単純に恥ずかしいからです。恥ずかしいという気持ちから、たくさんのメッセージを送ることが出来ず、最小限のメッセージに留めることもあります。

その結果、受け取る側は、そっけない文章のように捉えてしまうのです。このタイプの女性は、「関わりすぎることで、あなたから嫌われること」を恐れています。男性側から素直に「連絡が来て嬉しい」ということを伝えてあげることで、そっけない文章がフレンドリーに変わることもあります。

2つ目は、デレデレすることはプライドが許さないというパターンです。プライドを気にする女性は、基本的に媚びることが嫌いで、男性に追いかけてほしいと思っています。そのため、自分から好意を伝えるようなメッセージを送ることはありません。

「好き避けLINE」をしているかどうかは、「食事などを誘ったときに応じてくれるかどうか」などを見極める基準にしましょう。女性側からアプローチをすることが苦手なのであって、されることに関しては喜ぶ人が多いのも事実です。

ずっとLINEを返さない

LINEを長い間無視するという行動も「好き避けLINE」の特徴です。男性側からするとあまり理解もできないかもしれませんが、好きな人に対してずっとLINEを返さない女性もいます。

一般的に、LINEをすぐには返さない女性は、慎重な人が多いです。自分がLINEを返さないことで、男性がどのような反応をするのか、相手の好意を確かめようとしているのです。また、好きだけど自分に自信がなく、LINEをすると好きな人のことを思い出してしまうから…という理由で返信をしない女性もいます。

このように、自信の無さから男性の様子をうかがったり、気になる男性になかなか近づけない女性に対しては、男性側から進んでコンタクトをとってあげることも重要です。男性側から好意を示すと、女性も安心して連絡を返してくれるようになるかもしれません。

LINEスタンプだけで返してくる

LINEのスタンプだけで返信をすることも、女性の「好き避けLINE」の特徴です。特にスタンプが業務的なものではなく、可愛い系のスタンプのときは「好き避けLINE」の可能性が非常に高いです。

スタンプだけで返す女性の心理としては、恥ずかしいだけの場合と、相手を試したい場合があります。前者の場合は、恥ずかしいあまりに、返信はスタンプだけで精一杯。後者の場合は、スタンプだけ送って会話の流れを切っても、男性がLINEを続けてくれるかを試している可能性があります。どの場合にせよ、男性は気にせずに返信してあげましょう。

好き避けLINEを送ってくる女性への関わり方

女性の「好き避けLINE」の特徴と心理を紹介してきました。ここからは、そんな女性への関わり方を紹介していきます。

怒らずに受け止める

大前提として、「好き避けLINE」に腹を立てないようにしましょう。好きなのに返信が遅かったり、そっけないことを理解できない人もいるかもしれませんが、そこは我慢して許してあげましょう。怒ると、女性のほうから連絡が来ないこともあるので、要注意です。

あなたのほうから好意を見せよう

基本的に、「好き避け」してしまう女性は自己肯定感が低いのが特徴です。「私から連絡を取るなんて、相手は嫌じゃないだろうか」と思っていることもあります。

こちらからはまず、「あなたと連絡を取りあうことは嫌じゃないよ」という姿勢を見せることが大事です。具体的には「いつも連絡ありがとう!」や「○○さんのおかげで元気でたよ」などの言葉をかけてあげることが有効的です。

強引なのはNG

相手のペースを考えることなく、強引にアプローチすることは逆効果なので気をつけましょう。具体的には、頻繁に電話を掛けたり、返信が30分来なかっただけで、「大丈夫?」などのメッセージを送ることはしてはいけません。安心感をあたえつつ、働きかけてあげましょう。

 

今回は、女性の「好き避けLINE」の特徴と「好き避けLINE」をする女性へのアプローチ方法を紹介していきました。「好き避けLINE」をする女性も慣れて、心を開いてくれれば、一気に関係性を深めることもできます。ぜひ参考にしてみてください。