snsで恋愛をスタートさせた女性のリアル話5つ|男性心理の揺さぶり方

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

最近はsnsがきっかけで、恋愛がスタートするというカップルが増えてきています。snsで実際に男性と出会い、恋愛をスタートさせることができた女性のリアル話に興味がある人は多いでしょう。

この記事では、どのようにして、snsで恋愛をスタートさせたのかについて、リアルな話をご紹介します。

snsで恋愛をスタートさせた女性のリアル話①:住んでる場所が近かった

「snsで知り合った男性と、ダイレクトメールでやり取りをしていたところ、偶然にも住んでいる場所が近いことが判明。会ってみたい!という気持ちになり、実際に会うことに。話してみると、話題も合うし、楽しかったこともあり、お互いに惹かれ合いました。その後、合う回数を重ね、交際スタートしました。」

近くに住んでいる人と、SNSがきっかけとなり、出会えた人もいます。会ってみたら意気投合し、恋愛に発展する人も多いんです。

会いたいと思わせる方法

snsでのやり取りの中で、相手の男性に自分に会いたいと思わせるための揺さぶり方を紹介します。
まずは、相手に好意を持っているということを匂わせます。

「最近〇〇くんのこと良く考えちゃうんだ。」
「〇〇くんが最近何をしてるのか気になる。」

などと伝えましょう。
その後、会いたいと思っていることを伝えます。

「〇〇くんと△△を食べに行ってみたい!」
「一緒に映画を見に行ったら楽しそう!」

など、ちょっと具体的なことを話題に入れて、会いたいと思っていることを匂わせます。
最後に、相手を気遣う言葉をかけます。

「〇〇くんはいつも頑張っているよね。お疲れさま。」
「忙しそうだね。体調に気をつけてね。」

など、自分を癒しの存在だと相手に印象づけましょう。

この3つのポイントをおさえると、徐々に相手もあなたが気になってきますよ。
男は仕事でうまくいかないときや、寂しいと感じたときに、誰か癒してくれる人に会いたくなるもの。snsなどの投稿を見て、タイミングを見計らってメッセージを送るのが効果的です。実際に会ってみて、良い人だったら、その後何度か会う回数を重ねるうちに、仲が深まって恋愛に発展していくことでしょう。

会うときの注意点

snsで知り合った男性と住んでいる場所が近かった場合、実際に会ってみようという流れになる人は多いです。もちろん、そこで実際に出会い、恋愛がスタートする人もいます。

しかし、一方で怖い思いをしたという女性もいます。トラブルを避けるためにも、初めて会うときは、場所は慎重に選んでください。

相手がどんな人であっても、危険が及ばないように、人が少ない場所は避け、すぐそばに人がいるお店やスポットを選んでください。
絶対にやってはいけないのは、男性の自宅へ行くこと。初めて会う日はもちろん、相手のことをまだよく知らないうちは、自宅に行くのは危険行為です。

また、居酒屋などお酒が提供される場所も避けたほうがいいでしょう。もしかしたら、飲みやすい強めのお酒で酔わされてしまい、ホテルに連れ込まれる可能性もあります。体の関係を持った後、一切連絡がとれなくなってしまうということもあります。相手のことを信用できるようになるまでは、お酒は避けたほうがよいでしょう。

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


他には、厚生労働省が利用を推奨している「COCOA」というアプリもおすすめです。

COCOAはスマホのBluetooth機能を利用して、新型コロナウイルスへの感染が判明した人との出会い・濃厚接触の可能性を確認することが可能で、ウイルスの感染拡大、クラスターの発生を防止できるんです。

上で紹介した他のアプリとは異なり、顔写真やプロフィールなどの登録をしなくても使うことができ、非常に手軽で、さらに18歳未満でも利用可能です。

もし自分が陽性になってアプリから情報を登録しても、個人情報は公開されないので安心。

ただし、このアプリはみんなで使わなければ効果も期待できないので、「どうせみんな使ってないでしょ」などと言わず、まずはあなたがダウンロードして使ってください。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan無料posted withアプリーチ


snsで恋愛をスタートさせた女性のリアル話②:女性側からTwitterのDMを送った

「相手の男性をTwitterで見つけ、一目惚れ。【〇〇に行く!おすすめのスポットとかある?】とツイートしていたのを発見し、勇気を出して、おすすめのスポットをDMで送ってあげました。そのときの、私から送ったDMがきっかけとなり、やり取りが始まったのです。やり取りをしていくうちに、共通点がいろいろとあって、あっという間に意気投合。その後も、相手の男性に好きになってもらうために試行錯誤しながら連絡を取り合い、恋愛へと発展しました。勇気を出してDMを送ってよかったです。」

このように相手が欲しい情報を教えてあげるDMは、相手も助かりますし、好印象。その後も自然なDMのやり取りができるのでおすすめの方法です。
では、具体的にどのようにDMを送るとよいのでしょう。

質問に対するDM

相手が質問っぽいツイートをしていたらチャンスです!質問に対する返答を、DMで送りましょう。

例えば、
「〇〇に行くけど、おすすめの飲食店はあるかな?」
「〇〇で、おすすめのものってあるかな?」

など疑問形のツイートなどをした場合です。返答はリプライで行うのではなく、DMで送ると、その後も個人的なやり取りが続きやすいですよ。

気分が落ち込んでいそうなときもおすすめ

気になる相手が、質問するようなツイートをなかなかしなかったり、相手にとって有益な情報を知らないときは、相手が落ち込んでいるようなツイートを見かけたら、心配するDMを送ってみましょう。

「〇〇で失敗してしまった…」
「近頃やる気が出ない。疲れてるのかな…」

など、ネガティブな気持ちになっているツイートをしていたら

「どうしたの?」「なにかあった?」

まずは、リプライから始めましょう。そして何度目かに、

「最近、落ち込んでるようで心配です。大丈夫ですか?」

と相手を気遣うDMを送ってみましょう。誰でも、落ち込んでるときに心配してくれたり、慰めてくれるのはうれしいもの。このことがきっかけで個人的にDMのやり取りが始まる可能性は非常に高いです。

仲良くなっていくうちに、DMからLINEのやり取りに発展する、ということもあるでしょう。

DMをするときの注意点としては、気になる男性をフォローしてから、すぐにDMをしてしまうと、出会い目的なのかなというような気持ちにさせてしまい、印象が悪いです。
フォローした後、“いいね!”やリプライなどをしばらくしてからDMを送るようにすることをおすすめします。

snsで恋愛をスタートさせた女性のリアル話③:お互いの投稿で同じ趣味だとわかった

「snsで気になる男性をフォローしたら、ツイート内容で自分が好きなミュージシャンが共通していることがわかりました。ファン同士ということがわかり、そのミュージシャンに関するツイートに、“いいね!”やリプライをし合っていたら、DMをすることになり、一緒にミュージシャンのライブを見に行くことに。会ってみたらとってもいい人でお互いに惹かれ合い、それから恋愛スタートしました。」

この体験談からもわかるように、snsの大きな利点は、会う前に相手の投稿を見ているので、相手の趣味がわかること。グルメやお酒、写真や音楽など共通の趣味があると、会話が自然と盛り上がります。情報交換している中でお互いに惹かれ合い、恋愛がスタートするケースも多いのです。

snsで恋愛をスタートさせた女性のリアル話④:「いいね!」されて、気になりだした

「相手の男性のツイートによく、“いいね!”をしていたら、相手も私のツイートに“いいね!”を押してくれるようになりました。その後、徐々にお互いに“いいね!”とリプライをするようになり、自分達の中で相手の存在が大きくなってきたので、DMを交わし恋愛スタートしました。」

“いいね!”をするだけでも恋愛に発展するきっかけとなります。
女性は、“いいね!”をされるだけでも嬉しく感じますが、男性は“いいね!”とともに、リプライを求めている人が多いです。気になる男性には、“いいね!”を数回押したら、次は“いいね!”と一緒にリプライを送ってみましょう。自分の投稿した内容にいつも反応してくれるあなたに興味が湧き、距離が縮まりますよ。

snsで恋愛をスタートさせた女性のリアル話⑤:投稿からフリーだとわかりアプローチ

「SNSでいつも気になっていた人がいたんです。でも、SNSの内容からは、相手の男性に彼女がいるのか、好きな人がいるのかわかりませんでした。しかし、しばらく相手の投稿を気にして見ていたら、フリーであることが判明!勇気を出して“いいね!”をしたり、リプライをしました。ついに、ある日、DMを出してみたんです。相手からも返事があり、やり取りをするように。いつまでフリーなのかもわからないので、思い切ってアプローチしたら、相手も気にしてくれていたみたいで、その後、付き合うことになりました。」

相手の男性のツイートをよく見ていると、彼女がいるのか、好きな人がいるのか、フリーなのか、彼女を欲しがっているのかなどがよくわかります。
相手の男性がフリーだということを知ったら、積極的にアプローチしていきましょう。では、どんなアプローチが有効なのでしょうか。

話しを聞きたがる

相手の男性が好きなことや仕事の話などに興味があることをアピールしましょう。

例えば、

「もっとその話を聞かせて!」
「〇〇ってどうなの?」
「それってどういうこと?私も知りたい!」

など、もっと詳しく知りたいということを伝えてください。

「自分に気があるのかもしれない」と相手の男性が感じたり、あなたと話すことが楽しくなると、好意へと変わることがあります。
積極的に相手の話に興味深々な様子を見せるのがコツです。

あなただけだよ。の言葉

「こんなこと言ってくれるの〇〇くんだけだよ。」
「こんなこと知ってるの〇〇くんだけだと思う。」
など「あなただけだよ。」というセリフを使うと効果的です。

男性は特別扱いされることで、相手との距離を縮めたり、好意を抱くようになります。相手の話を聞いたあとも、「〇〇くんってすごいよね、尊敬する。」などという言葉を伝えると効果的です。

無理しないでね。大丈夫?

普段から頑張っている男性には、

「最近頑張りすぎてない?」
「大丈夫?」
「無理しないでね」

などと心配する言葉をかけるのも効果的!
弱っているとき、疲れているときに、心配されたり気にかけてもらえると、男性の心は大きく揺さぶられます。

以上、snsで恋愛をスタートさせた人のリアル話と、男性の心を揺さぶる効果的なアプローチ方法でした。上手にアプローチすることで、snsをきっかけに素敵な恋愛に発展させることは十分可能です。

snsで気になる男性を見つけたら、積極的に行動してみてはいかがでしょう。ただし、初めて会うときは十分注意してください。明るい時間帯、人の多い場所で会うようにしましょう。