女性を受け身の恋愛から卒業させる言葉8つ|改善したい人はぜひ

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

恋愛において受け身の女性はたくさんいます。メディアでも、恋愛についてはたびたび特集されており、”恋愛は受け身ではダメ”、”自分から行動を起こさないと幸せになれない”といった内容をよく目にします。

恋愛は相手の気持ちもあるものなので、”嫌われたらどうしよう”といったネガティブな発想が生まれたり、物事が上手く進まなかったときのことを考えてしまいがちです。これらが原因で、行動を起こすことに億劫になってしまうのもよく分かります。

ですが、自分から動き出さないと相手に気持ちを気づいてもらえなかったり、恋愛対象として見てもらえなかったりと、先に進むことが難しくなってしまいます。恋愛に受け身になってしまう女性の気持ちはよく分かりますが、自分から行動を起こして、現状を打破しませんか?

これから”女性を受け身の恋愛から卒業させる8つの言葉”について紹介していきます。この記事を参考にして、自分自身を成長させると共に、幸せを掴み取りに行きましょう!

女性を受け身の恋愛から卒業させる言葉①:当たって砕けるのも大切

女性が恋愛に対して受け身になってしまう理由として、物事がうまく進まなかったときのことを考えてしまうからというのが多いのではないでしょうか?ずっと想い続けていた男性に勇気を出して想いを伝えたのに、気持ちに応えてくれないという状況は、誰もが経験したくない辛いことです。

告白は相手の気持ちがあるので、必ず上手くいくものではありません。しかし、想いを伝えるためのアクションをしないことには、状況も進展しないままです。

状況を進展させたいならば、勇気を出して行動しましょう。行動することにより、上手く物事が進む可能性も十分あります。何もしないままでいて、その間に他の女性が意中の男性に近づき、良い雰囲気になったらどうでしょうか?きっと、もっと早く行動すれば良かったと後悔することでしょう。

恋愛においては、当たって砕ける気持ちを持つことも重要です。私の知人で、意中の男性に3回告白し、3回目にして付き合うことができた人がいます。1回目で振られたときは相当落ち込んでいましたが、やはり彼のことがどうしても忘れられず、何回も告白しました。

3度にわたる告白により、男性側が女性のことを気にするようになり、交際することになったのです。これは知人が諦めずに何度も想いを伝えた成果です。恋は受け身ではいけません。諦めずに当たって砕けるつもりで、行動を起こすことも必要なのです。

女性を受け身の恋愛から卒業させる言葉②:恋の失敗は冷静に振り返ろう

過去の恋で失敗をしていると、そのことをずっとひきずってしまい、新しい恋に踏み出せないということもあるでしょう。失敗したことに大きく傷つき、「新しい恋でも同じことを繰り返してしまわないか」と、慎重になってしまう気持ち、よくわかります。

しかし慎重になりすぎて、恋すること自体を放棄してはいけません。失敗にずっと怯えていると、新しい一歩を踏み出すことは絶対にできません!過去の失敗は経験として捉え、新しい恋で失敗しないためにどうすればよいかを考えてみましょう。失敗を振り返ることにより、次にどう活かせばよいかが見えてくるはずです。

女性を受け身の恋愛から卒業させる言葉③:あなたの好きな気持ちを優先させる

恋愛に受け身な女性は、自分自身の気持ちよりも周りの状況を優先しがち。他の女性が同じ男性を好きだとわかると「私よりもあの子のほうが彼女として相応しいかも」と、何かと理由をつけて身を引いてしまいます。

過去の恋愛の失敗や、苦い思い出などの経験などで自信が無いため、身を引いてしまいます。しかし、重要なのは自信の有無ではなく、あなたが”男性とどのようになりたいか”です。強力なライバルが現れようと、自分自身が恋人になれる可能性が少なくても、自分の気持ちを優先して行動する必要があります。

100パーセント上手くいくか分からないのが恋愛の難しいところではありますが、気持ちを抑えすぎて、後悔をしないようにしましょう。

女性を受け身の恋愛から卒業させる言葉④:人と比べて動けないでは意味がない

「隣の芝生は青い」という言葉があるように、他人の物はよく見えるもの。これは恋愛についても同様で、彼氏がいる友達は「あの子は可愛いから彼氏がいて当然」などと思ってしまいがちです。また、「それに比べて私は…」と自分自身と他者を比較してしまいます。

自分自身と他者を比較すると、自分自身が比較対象よりも優れていないと思うようになってしまいます。人はそれぞれの個性があるので、比較する必要など全くありません。無駄な比較で自信を無くし、恋に億劫になってしまうなど本末転倒です。どうしても人と比べてしまうようでしたら、自信を無くすのではなく、自信をつけるための行動を起こしてください!

女性を受け身の恋愛から卒業させる言葉⑤:愛の女神は勇気ある女性に微笑む

恋愛では、どちらかが意中の相手に何らかのアクションを起こした結果、お互いが意識し合う存在になるというケースが少なくありません。つまり、相手が自分自身にアクションを起こしてこない場合は、自分からアクションを起こす必要があるのです。

これまでにも述べてきた通り、受け身にならずに積極的に相手に近づくことでチャンスが訪れます。相手へのアプローチの方法はいろいろありますが、勇気を出して一生懸命に行動する女性には、愛の女神が微笑んでくれるのではないでしょうか。

「努力すれば必ず報われる」という言葉にニュアンスは近いと思うのですが、勇気を出して行動を起こしたり、相手のことを一生懸命考えて、どう接していけば良いかと考えたことが、相手に伝わるのでしょう。

女性を受け身の恋愛から卒業させる言葉⑥:必ず応援してくれる人がいる

積極的に行動することが大切なのはわかっていても、「行動したほうが良いのは分かったけど、自分のことになると中々腰が重いよ〜」と思う人もいますよね。

このようなときは、周りの友人などに相談しましょう。自分以外の客観的な意見を聞くことによって、より良い行動を取れるようになります。

誰にでも、必ず恋愛を応援してくれる味方がいるものです。場合によっては、味方に恋愛のきっかけを作ってもらうことも良いでしょう。手紙を渡してもらったり、グループで出かけるきっかけを作ってもらったり。あなたのことを応援してくれる人であれば、きっと助けになってくれるはずです!

女性を受け身の恋愛から卒業させる言葉⑦:経験値を積むと人生が豊かになる

積極的に行動することにより、徐々に意中の男性に近づけるようになります。場合によってはアプローチが成功して彼氏になることも十分あるでしょう。

また、恋愛が上手くいっても、いかなくても、積極的に行動した経験があなたの財産になります。”自分の気持ちを相手に伝える”ことや”相手のことを考えて行動する”ことが、あなたをひと回りもふた回りも成長させ、より魅力的な女性にしてくれることでしょう。

また、恋愛に対してポジティブに行動するだけでなく、”自分を磨く”行動をすることにより、多くの経験をすることができます。これらの経験は、あなたをより魅力的な女性にしてくれます。意中の男性が、魅力的になったあなたを気にするようになることも十分あり得るので、”自分磨き”を積極的に行いましょう!

女性を受け身の恋愛から卒業させる言葉⑧:死ぬこと以外はかすり傷

たとえ意中の男性と上手くいかなかったとしても、その経験を財産にして次の恋愛に進んでください。極端な話になりますが、”死ぬこと以外はかすり傷”のようなもので、一時的に傷を負うかもしれませんが、それも時間とともに回復します。

「今回は上手くいかなかったけれど、次こそは絶対に意中の相手と結ばれるんだ!」という気持ちを強く持ってください!そうすれば、必ず幸せを掴める日がくることでしょう。

”女性を受け身の恋愛から卒業させる8つの言葉”について紹介しました。恋愛は受け身でいるよりも、ポジティブに捉えて前進することが大切。また、恋愛をすることによって、(仮に失敗した場合でも)人は成長し、人生が豊かなものになります。
恋愛に自信を持っている人は少数派。

自信がなくても、実際に行動するか、しないかでその後の人生は大きく変わってきます。新しい恋を掴むためにも、自分自身の成長のためにも、一歩前進してみませんか?