既婚者の合コンの実態&参加者のリアルな口コミ|20代男女もいるの…?

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

合コンと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?まだ結婚していない大学生や社会人が、異性のパートナーとの出会いを求める飲み会だと多くの人は思い浮かべるのではないでしょうか?

合コンは基本的に新たな出会いを求める場です。そのため、彼氏・彼女のいる人が、人数合わせで合コンに参加したら、他の参加者からひんしゅくを買いますよね。同様に、街コンなどの恋活イベントでは、既婚者を参加不可としているケースがほとんど。真剣に出会いを求めている参加者からすれば迷惑な話だからです。

そんな中、最近では“既婚者合コン”と呼ばれるイベントが、東京や大阪のような大都市を中心に連日のように行われています。“既婚者と合コン”という、一見ミスマッチで一歩間違えば危険な香りがするこのイベントに、いったいどのような人が参加しているのでしょうか。そして既婚者合コンとは、果たしてどんなものなのでしょうか。

既婚者の合コンサークルとは?

“既婚者合コン”は、既婚者サークルと呼ばれる団体を主体にして行われているイベントです。既婚者飲み会と呼ばれることもあり、呼び方に少しの違いはありますが、どのイベントにも既婚者というワードが入っていて、既婚者を中心とした交流イベントを指しています。

大半の既婚者サークルでは、参加条件を設定しています。イベント概要には、「男女ともに既婚者限定」、「40代・50代中心」などと書かれているのが一般的で、ほとんどのイベントは既婚者限定、もしくは結婚経験者限定が条件です。

サークルごとに違いはありますが、既婚者合コンにはこの他にもいくつかの特徴があります。
まず、男性と女性の参加費用が異なります。大学生の合コンでも同じですが、一般的に男性の参加費用が高く設定されています。女性は2千円くらいに対して、男性は1万円前後に参加費が設定されているケースが主流です。

次に、イベントによって年齢層を指定しています。大学生や20代の社会人が対象となる合コンに対して、既婚者合コンは20から50代の幅広い年齢層が対象。しかし、年齢層の設定がないと、年齢が合わなさ過ぎて、せっかくのイベントで楽しく交流できない可能性があります。このようなリスクを避けるために、「20代中心」のように、中心となる年齢層を指定しているイベントが多いです。

また、イベント毎に個性があるのも特徴的です。「初参加限定」「年収1000万以上」「医師限定」のように参加男性の属性を限定するほか、「ワイン会」「イタリアン」のように食事内容をアピールするパターンもあります。中には、「カフェ活」のようにアルコールを飲まない人が参加しやすいように配慮されたイベントもあります。

このように既婚者合コンといっても、内容はさまざまでバラエティに富んでいます。唯一の共通点は、参加者の多くが既婚者だということのみ。一度参加してあまり楽しめなかった人も、楽しい時間を過ごせた人も、別のイベントに参加すれば前回とは全く違った経験ができる可能性が既婚者合コンにはあります。その意味では日常生活でマンネリに陥っている既婚者層が、これらのイベントに夢中になるのも納得がいきますね。

既婚者の合コンサークル参加者の感想【男性編】

実際に、“既婚者合コン”に参加した男性の意見をご紹介します。

男性1:「既婚者合コンはリラックスして楽しめます」

“既婚者も参加可能”というイベントに参加しましたが、既婚者も参加可能というのは形だけ。実際は、参加者の大半は出会いを求めている独身者で、既婚者だと打ち明けた途端、周囲からの冷たい視線を感じて、肩身の狭い思いをしました。
その点、“既婚者合コン”は既婚者限定がほとんどなので、参加者同士の境遇も近く、嫌な思いをすることもなく、会話を楽しむことができました。今では定期的に既婚者合コンに参加して、既婚者ならでは話をしながら楽しんでいます。

男性2:「既婚者合コンが良いガス抜きになっています」

結婚後は家族サービスをしなくてはいけないので、ひとりの時間がなかなか取れなくなり、忙しくも寂しい日々を送っていました。子供に手がかからなくなり、少しは自分の時間を作れるようになってきたので、以前の学生気分を味わいたくなったのが既婚者合コンに参加したきっかけです。既婚者合コンの参加者は、全員自分と同じ境遇の人ばかりなので、他愛ない日常会話や仕事の愚痴などを話すことができ、楽しい時間を過ごせました。既婚者合コンに参加するようになってから、家で悶々と過ごしていた日々が嘘のように充実しています。

既婚者の合コンサークル参加者の感想【女性編】

女性の感想も紹介します。

女性1:「女性ひとりでも安心して参加できました」

雑誌で既婚者限定の飲み会の存在を知り、以前から参加したいと思っていました。平日の夜に銀座や六本木などの都心で開催されるので、仕事帰りにひとりで参加してみることに。最初は不安でしたが、周りの女性参加者のほとんどが、ひとりで参加していたようです。
参加してみた感想としては、1,500円でホテルの高級ワインが飲めるのはとてもお得だなと感じました。意外だったのは他の参加者の職業が安定した方ばかりだということ。そして、合コンのようにガツガツした雰囲気はまったくなく、女性ひとりでも安心して参加できるので、純粋におしゃべりを楽しめました。その日は意気投合した方たちとそのまま二次会に。そこでは打って変わって下ネタや家庭の愚痴大会の状態となりましたが(笑)。
またタイミングが合えば、ぜひ、参加したいと思っています。

友人同士でも参加できる

始めは友人に誘われたのがきっかけです。結婚してから遊びに出ていなかったので、思いきって既婚者合コンに参加してみました。身近な人には相談できないようなことも、この既婚者合コンでは知らない人だからこそ気兼ねなく話せます。お店も雰囲気が良く、友人も一緒だったので緊張せず楽しい時間を過ごせました。

既婚者の合コンサークルの主催者

(2019年9月10日時点)

キコンパ
参加者: 既婚者限定
開催エリア: 東京、大阪、名古屋、北海道、広島、福岡など
その他: イベントの種類豊富。当日参加可能

 

NEXT DOOR(ネクストドア)
参加者: 既婚者限定
開催エリア: 東京周辺、大阪
その他: リストランテでのイベント多数

 

PREMIUM(プレミアム)
参加者: 既婚者限定
開催エリア: 東京都心
その他: キャンセル料なし。ハイエンド志向

 

Alice(アリス)
参加者: 既婚者限定
開催エリア: 東京
その他: 貸切もしくは半個室

 

Mimosa(ミモザ)
参加者: 独身者も一部参加可能
開催エリア: 東京
その他: ノーバッティングシステム導入

 

Brilliant(ブリリアント)
参加者: 既婚者限定
開催エリア: 東京
その他: ランチイベント多数

 

BRANCH(ブランチ)
参加者: 既婚者限定
開催エリア: 東京・大阪・名古屋・福岡
その他: 貸切もしくは半個室

 

Aladdin(アラジン)
参加者: 婚姻歴のある独身者は一部参加可能
開催エリア: 東京
その他: ハイエンド志向

既婚者の合コンサークルに初参加する人の注意点①

参加者が既婚者であるとはいえ、異性との出会いを提供する場です。スーツで参加する男性も多いので、ドレスコードがなかったとしても、服装がラフになりすぎないように注意しましょう。

既婚者の合コンサークルに初参加する人の注意点②

既婚者合コンは趣味友達や飲み友達を探す出会い、友活をサポートする場です。不倫や既婚者同士の恋愛を推奨していません。いわゆる普通の合コンとは違いますので、この点は注意して参加しましょう。

既婚者の合コンサークルに初参加する人の注意点③

ほとんどすべてのサークルでは他の参加者が不快に思う行為や、迷惑な行為を禁止しています。セクハラはもっての外です。みんながイベントを楽しめるように、節度をもった大人の行動を心がけましょう。

既婚者合コンの実態についてご紹介してきました。一般的な合コンは既婚者の参加を禁止していますが、既婚者専用の合コンであれば、同じ立場のもの同士、共感することが多く、楽しい時間を過ごせることでしょう。興味をもった方は一度参加してみてはいかがでしょうか?今の生活に新たなスパイスが加わるかもしれませんよ。