ヤリチン男の特徴7つ|女性をむさぼるあくなき探求心の持ち主

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

ヤリチン男という言葉を聞くと、とても嫌なイメージがありますね。最悪な男、ひどい男、心無いなどと思ってしまいます。
しかし、実はそんなヤリチン男は、あくなき探求心を持っている男なのです。

そこで今回は、ヤリチン男の特徴や、深層心理などに迫り、ご紹介していきます。

ヤリチン男の特徴①:とにかく手が早い

ヤリチン男は、ボディタッチが多く、口説き始めるのも早いです。とにかく手が早いのです。
よく女性の頭をポンポンとなでたり、肩をくんだり、スムーズにサッとボディタッチができてしまいます

出会ってから口説くのも早く、女性に対して、甘い言葉を使ってほのめかします。「君モテるでしょ?」という言葉で女性を良い気分にさせたり、優しい甘い言葉で、女性の警戒心をほぐすのも上手。

なんだかあの女性いいな、と思ったら、時間がもったいないと言わんばかりのスピードで自分のものにしたがるのです
中には、口説くこともなく、イケるかもと思ったら、少々強引にでもベットに向かうほど手が早いヤリチン男もいます。

ヤリチン男の特徴②:過去より未来志向

ヤリチン男は過去はあまり振り返りません。とにかく未来志向!これから起こることに対して慎重になったり、過去にどんなことがあったのかということは一切気にせずに、突っ走ります。

それは女性関係でも同じ。失敗した過去を振り返ることも、のちのち後悔するかもしれないということを考えて行動しません。「今が良ければいいじゃん。」というような気持ちで、本能のおもむくままに、やりたいことをしてしまいます

また、会話の中では、未来の夢を語るという特徴も。その夢はありえないような壮大な夢であることが多いです。お金にアテが無いのにも関わらず、将来は高層マンションに住む、高級車に乗るなどという話をします。現実や現状を見て自分を分析する力が欠けているのでしょう。

ヤリチン男の特徴③:セフレがいつもいる

ヤリチン男はセフレがいつもいます、まるでストックのように女性を常備しているのです。そんな男性は以下のような傾向があります。

    • 彼女がいるということを誰にも言わない
    • 連絡がマメ
    • 食事にこだわりがなくローテションで同じものを食べる
    • 色違いや同じデザインのものを大量に持っている
    • 借りを作るのが嫌い
    • 自分が好きな時間、好きな場所に連れて行くのを好み、女性からの誘いに乗らない

自分が好きなものを失うのが嫌で、好きなものがない状態を耐えることができません。
それは、女性に対しても同じ。欲しいときに使う、無くしたら似たものを揃えるというような扱いをしてしまいます。女性をいくらでも替えが効くものであるという認識なのでしょうね。

ヤリチン男の特徴④:恋愛人数より経験人数が上

ヤリチン男は、すぐに誰とでもやるので、恋愛人数よりも経験人数のほうが上回っています。
誰にでも積極的で、女性と親しくなるのが得意!

また経験が多いため、女性をその気にさせる方法を熟知してます。好みであれば誰でもよく、ふたりの関係を考えずに、性的な行為をしたいという気持ちを優先しているのです。
恋人関係じゃなくても、その日限りでも、好みの女性がいればやってしまうのがヤリチン男。

また、自分がしたいという気持ちだけではなく、自分の実力を確かめたいという気持ちで経験人数が増えていく男性もいます。
ヤリチン男には「質より量」という言葉がピッタリあてはまります。

ヤリチン男の特徴⑤:寂しがり屋

誰とでもすぐに寝てしまう最低のヤリチン男性。しかし、意外な側面もあります。寂しがり屋なのです。そのため、浮気や不倫なども何度も繰り返してしまいます。

彼女や奥さんが仕事や家事などで忙しく、自分と過ごす時間が少ない、構ってもらえない時間があると、寂しくてたまらなくなってしまい、罪の意識なく浮気をしてしまうのです

SNSなどでも常に女性と繋がっていたり、一人で過ごす時間がないように数多くの女性との予定を入れているヤリチン男も多いです。

しかも、寂しがりやで自分は浮気や不倫を繰り返すのにもかかわらず、自分の寂しいという気持ちや不安を解消するために、相手の女性への束縛が激しいと身勝手さ。どこまでも自分本位なのです。

しかし、束縛した結果裏切られてしまったり、束縛が激しいことが影響し女性に捨てられてしまうという経験をしたヤリチン男も多いです。そのためか、捨てられたときの保険として、何人ものストックを作ってしまうのですね。

ヤリチン男の特徴⑥:親に愛されなかった

ヤリチン男は愛情に飢えているタイプが多いです。これは幼い頃の家庭環境が影響しています。
なんらかの理由により親からの愛情を受けられなかったため、

    • 寂しいということを言葉にすることもできず、愛の温かさを知らない
    • 幼い頃に両親が離婚し、異性を信じることができない
    • 親が愛してくれなかったというトラウマにより、相手に捨てられることを怖がり、恐怖のあまり相手を本気で好きになることができない

このように、子供時代に一人で過ごした時間が多かった男性や親に甘えることができなかった男性は、ヤリチンになってしまうケースが多いのです。

寂しさを埋めるために女性の存在は常に欲しいと思うものの、本気で好きになると、捨てられてしまうかもしれないという気持ちが強くなり、一夜限りの、お手軽な関係を好んでしまいます

しかし、一人ぼっちという寂しさを感じることは耐えられないため、次々に女性との数を重ねてしまうのです。

ヤリチン男の特徴⑦:実は本当の恋を知らない

愛情をかけられたことがないヤリチン男。彼らは、まだ本当の恋を知りません。知らないというよりも、傷ついたり、捨てられたり、恋愛で苦しむことが怖いため、本当の恋を本気ですることができません

最低な行為をしてますが、本当は心から好きになり、自分のことを好きになってくれる女性を探しています。

ヤリチン男は、ひとりの女性と長く愛し合ったことがありません。何度も付き合ったり別れたりを繰り返したり、特定の彼女を作らなかったり。また、いつも冗談ばっかりで、真剣な話から逃げてます。

しかし、それは女性の存在を軽く感じているのではなく、自分が傷つくのが怖く、自分を守りたいがゆえにそうするのです。本当の恋を知ったら変わるのかもしれないですね。

以上ヤリチン男の特徴でした。

ただただ女性との行為が好き、行為をしたくてたまらないというヤリチン男も中にはいます。

しかし、ほとんどの場合は、怖くて本気の恋ができない寂しがり屋だったり、いつも構ってもらいたいと思ってる甘えん坊さんです。その孤独を埋めるために多くの女性と深い関係になるのでしょう。

母性本能から、ヤリチン男を愛情で包んであげたいと思う女性もいるでしょう。しかし、それはかなりの苦難の道。それ相応の覚悟が必要です。
どんなに頑張って愛情を注いでも、ストックになってしまっていると感じたときは距離を置くようにしたほうがよいですね。