セフレから本命彼女になるための方法3選。セフレと本命の違いも解説

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

もし、セフレのことを好きになってしまったらあなたはどうしますか。セフレのまま関係を続けますか?それとも何とかして本命彼女に昇格しますか?

今回の記事では、セフレから本命彼女に昇格するための方法を紹介しています。セフレが、どうして本命彼女にはなれないといわれているのか?セフレと本命彼女の違いにも注目してみました。

セフレとの関係に悩んでいる女性は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

セフレから本命彼女に昇格ってできるの?

セフレを好きになっても、本命彼女にはなれないだろう…と諦めてはいませんか?

しかし、

実際にはセフレから本命彼女に昇格できた女性もいるのです。

つまり、セフレに恋をしても諦める必要はないということ。あなたの行動次第では、これからセフレの彼と「恋人」になれることだってあるんですよ。

体の関係を持つと本命彼女になれないのはなぜ?

一般的に、付き合う前に体の関係を持つと本命にはなれないといわれています。

付き合う前に体の相性はわかっているはずなのに、なぜそこから本命になれないといわれているのでしょうか?

まず初めに、体の関係を持つと本命にはなれないといわれる3つの理由から紹介していきます。

①最初から恋愛感情を持っていないから

女性は、セフレを選ぶ際にも、見た目以外に性格やフィーリングを大切にしています。しかし男性は、セフレを選ぶ際には、

  • 顔の好み
  • 好みのスタイル
  • セックスの相性

を大切にしており、性格やフィーリングはさほど重要ではないのです。

付き合う前にセックスをしたから本命彼女になれないのではなく、初めから恋愛対象に入っていないことも多いのです。

②セックスを超える魅力がないから

  • 合コンにそのままセックスをしてしまった
  • ナンパされてそのままホテルに行ってしまった

など、初対面でいきなり体の関係を持ってしまうこともないとはいえませんよね。

初対面で、いきなり体の関係を持つと、そこからセックスを超える魅力を見つけ出すのは至難の業。

男性は「もう一度会いたい」と思うより先に「もう一度セックスしたい」という気持ちが勝ってしまうのです。

③体だけの関係が都合いいから

付き合うとなると、当然「時間」も「お金」も必要になってきます。

彼女の嫉妬に付き合ったりすることが「めんどくさい…」と感じる男性も少なからず存在するのです。

「付き合うのはめんどくさいけど、体の関係はキープしたい」そんな男性は、セフレが一番都合がいい関係なのです。

男性が思う「セフレと本命彼女」の3つの違い

「セフレ」と「本命彼女」の違いは肩書だけだと思っていませんか?男性は、意外にも肩書の違いを大切にしているのです。

つまり男性にとって「セフレ」と「本命彼女」には明らかな違いが存在します。

ここからは男性が考える「セフレ」と「本命彼女」にある違いを3つ紹介します。

①時間とお金はかけないのがセフレ

付き合っていると、記念日や誕生日などお金がかかるイベントって必ず存在しますよね。仕事の休みには、1日彼女との時間を作ることだってあるでしょう。

セフレとの付き合いは、お金も時間もかけません。セックスしたいときに連絡し、行為が終わったらお別れしても心が痛みません。

映画デートや、ウインドーショッピングなど定番デートはすっ飛ばし、ホテルに直行!なんてこともあるでしょう。

②丁寧なキスをするのは本命彼女

男性は、女性が思っているよりもロマンチックな生き物です。「キス」なんて手軽でセックスよりも誰とでもできちゃうでしょう!と感じるかもしれませんが、多くの男性はキスを大切にしています。

本番行為はできても「好きな人とじゃないとキスができない…」という男性も多くいるんですよ。

③デートの目的がセックスじゃないのが本命彼女

本命彼女とのデートは、デートの終わりにセックスをすることが目的ではありません。つまり、デートをするたびにセックスがなくても不満に感じる事は無いのです。

彼女を最優先に考えているからこそ、彼女の体調や気持ちを考え、自分の性欲を抑えることができるのです。

しかし、セフレに対しては、自分本位に行動しているため、彼女の気持ちや体調を気にかけることをあまりしません。

セフレ男性のデートの目的は最終的にセックスであるため、必ず体の関係を要求してくるでしょう。

男性が「セフレを本命彼女にしたい!」と感じる3つの瞬間

男性は「セフレ」と「本命彼女」に明らかな違いをつけていることがわかりましたね。

しかし、いくら「セフレ」と「本命彼女」で区別していても「彼女にしたいかも…」という気持ちが芽生えないわけではありません。

セフレから、本命彼女に昇格するためには、彼に「本命彼女にしたい…」と思わせることが大切。

次の見出しからは、男性がセフレを「本命彼女にしたい…」と思う3つの瞬間を紹介します。

①思いがけないタイミングでいなくなった時

セフレや恋人に限らず、自分にとって当たり前だったものが急になくなると、初めて大切さに気づくことってありますよね。

  • 仕事で転勤することになってしまった
  • もうセフレはやめようと思う

など、「当たり前」が当たり前ではないことに気づいたとき、自分の本当の思いに気づくことがあるようです。

②会いたい時に会えなかった時

これまでは「会いたい」といえば無理にでも予定を空けてきてくれていたのに、それが通用しなくなると、急に寂しくなってしまうのです。

「もしかしたら、このまま会えなくなってしまうのかも…」という不安から「セフレでなく自分の彼女にしたい」と感じる男性も少なくないようです。

③友人や家族に自分の存在を隠された時

誰だって、友人や家族に自分の存在を隠されたらいい気持ちはしませんよね。しかし女性の多くは「セフレ」がいることを大々的に周りに公表することはないでしょう。

彼女にとって自分の存在が、隠したい存在であることに気づいたとき、虚しさに気付き「本命彼女にしたい」と感じることがあるようです。

セフレから本命になるための3つの方法

セフレに恋をした女性が最も気になっているのが、セフレから本命彼女になるための方法ではないでしょうか。

一般的にセフレから本命彼女になるのは至難の業だといわれていますが、可能性はゼロではありません。

最後に、セフレから本命彼女になるための3つの方法をレクチャーします。

①都合のいいセフレから卒業する

まずは、自分が都合の良いセフレであると認知して、卒業することが大切です。

彼から嫌われたくないと、彼に合わせた行動をとってしまうかもしれませんが、都合の良いセフレから卒業することが、本命彼女になるための第一歩です。

②他の男性の恋人になるかもしれない危機感を感じさせる

多くの男性がセフレに対して「この子は、目の前からいなくならない」謎の自信を持っています。

だからこそ、急にあなたの存在がいなくなることで危機感を感じるのです。

  • 会えないときには会えないこと
  • 他の男性の恋人になる可能性があること

をアピールして、いつまでもあなたの都合の良い女性では無いことを匂わせることが大切です。

③自分の本音をぶつける

彼があなたの様子の変化に気づいたら、自分の本音をぶつけるチャンス

彼に本音をぶつけるときのポイントは「回りくどいいい方をしない」ということ。

男性は、回りくどいいい方をしても、意味がきちんと伝わりません。

  • 「これ以上は、セフレ関係を続けられない」
  • 「私はあなたの本命彼女になりたいと思っている」

と、ストレートに伝えてみましょう。

セフレから本命彼女になりたいなら都合のいい女から脱却!

セフレから本命彼女に昇格するための方法、セフレから本命彼女になるのはなぜ難しいのか?や、セフレと本命彼女の違いを紹介しましたがいかがでしたか?

確かに、セフレから本命彼女に昇格するのは難しいといわれています。しかし、可能性はゼロではありません。実際にセフレから本命彼女に昇格した女性は多数存在します。

あなたが、セフレに恋をし本命彼女になりたいと思っているなら、まずはセフレから脱却することが大切です。

彼にとって都合の良いセフレでいる限り、本命彼女になる可能性はありません。

彼に嫌われるかも…と不安を感じる気持ちもわからなくはありませんが、絶対的な幸せをゲットするためにも、まずは勇気を出して一歩踏み出してみましょう