おすすめマッチングアプリ情報はこちら

スタイルのいい女性は骨格を知っている!骨格別筋トレと意識したい5つのポイントを解説

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

スタイルのいい女性は憧れの存在。

しかしスタイルがいいといっても身長や骨格は人それぞれです。

スタイルをよく見せたい女性はまず骨格を知ることからはじめましょう。

本記事では骨格別にオススメの筋トレを紹介。

1日も早くいいスタイルになりたい人が実践すべき意識したい5つのポイントも解説します。

スタイルのいい女性とは?

スタイルのいい女性=痩せている人とは限りません。

スタイルがいい人は、全体のバランスが取れているのです。

しかしこのバランスも人それぞれです。

人は顔の大きさも腰の位置もさまざまなので、まずは自分の体を確認してみましょう。

スマホなどで自分の体を撮影すると客観的に見られるのでオススメです!

11月はマッチングアプリで出会いやすい!その理由は?

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せる11月から12月は「クリスマスまでに恋人を作りたい」と考える人が多く登録するため、出会いに積極的なユーザーが増える時期なんです。

そのため、出会いを確実にゲットしたい方は、複数のマッチングアプリを利用して自分に合いそうなアプリを早めに見つけておくのもオススメです。

では、数多くあるマッチングアプリの中でも、特に人気で安心・安全に使えるものをいくつかご紹介していきます。ここからご紹介するアプリは基本的に女性は登録から利用まで無料で、男性は一部課金が必要なものになっています。

Pairs(ペアーズ)

会員数NO.1の人気マッチングアプリはPairs(ペアーズ)です。「マッチングアプリはやったことは無い」という方も名前は知っているのでは無いでしょうか?

Pairsを使うメリットは、何と言っても圧倒的な会員数。男女ともに幅広い年齢層の方が多く登録しています。

登録無料で有料プランの料金形態もシンプル。これからマッチングアプリを始める方はまずPairsを使ってみるのがオススメです。

Pairsを無料ダウンロード


with(ウィズ)



テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

withを無料ダウンロード


CROSS ME(クロスミー)



東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

クロスミーを無料ダウンロード


タップル

サイバーエージェントグループが運営する「タップル」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

タップルを無料ダウンロード


いいスタイル作りは骨格を知ることから!

自分のスタイルを知るひとつの手段として、骨格タイプを見つけてみましょう。

骨格タイプとは

  • 骨格ストレート
  • 骨格ウェーブ
  • 骨格ナチュラル

上記3つに分類されます。

骨格は生まれ持ったものなので、身長や年齢などに左右されません。

また、骨格によって肉の付き方や痩せ方なども変わっていきます。

自分の骨格を知ることは、これからのダイエットやボディメイクをしていくうえで欠かせないことなのです。

3つの骨格を紹介!あなたはどのタイプ?

では自分の骨格はどのタイプなのでしょうか?

骨格にはそれぞれ特徴があります。

ぜひ記事を読みながら自分に当てはまるものはどれか比べて見てください!

骨格ストレート

特徴

  • バストの位置が高くボリュームがある
  • 上半身に厚みがある
  • 首が短い
  • 骨が目立ちにくい
  • 身長に対して手が小さめで、手のひらには厚みがある
  • 筋肉がつきやすい

骨格ストレートはメリハリのついた肉感的な体型をしています。

欧米人のようなグラマラスなボディで、女性らしい魅力がある体つきです。

しかしバストやヒップの位置が高いので、服装によっては太って見られやすい点も。

骨格ストレートの芸能人

骨格ストレートの芸能人といえば深田恭子さんや米倉涼子さん、小嶋陽菜さん、石原さとみさんが有名です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

深田恭子(@kyokofukada_official)がシェアした投稿

深田恭子さんは男性人気も高く、グラマラスボディの代表ともいえますね。

体に厚みがありますがメリハリのついた体なので引き締まって、スタイルがよく見えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

小嶋陽菜(@nyanchan22)がシェアした投稿

骨格ストレートの人は小嶋陽菜さんのコーデを参考にしてみてはいかがでしょうか?

骨格ストレートの特徴でもある高い腰の位置をポイントにした服装が多く、着ぶくれることなくスタイルがよく見えるコーデになっています。

骨格ウェーブ

特徴

  • バストの位置は低め
  • 上半身より下半身がしっかりとしている
  • 首が長い
  • 骨が目立ちやすい
  • 手のひらは薄い
  • 筋肉より脂肪がつきやすい

骨格ウェーブは上半身が薄く、横から見たとき華奢な印象になります。

バストはあまり大きくなく下半身に重心がよりやすく、下半身にボリュームが出がち。

体重が増えても上半身は変わりにくいですが、下半身に肉がつきやすく洋ナシ体型になりやすい骨格です。

骨格ウェーブの芸能人

骨格ウェーブの芸能人といえば、佐々木希さん、中村アンさん、戸田恵梨香さん、中条あやみさんが有名です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐々木希(@nozomisasaki_official)がシェアした投稿

骨格ウェーブは下半身に重心がいきやすいので、フレアスカートなど下半身がふんわりと隠れるコーデがオススメです。

上半身が薄いので、下半身にボリュームのあるアイテムをおくことで体のバランスがとれて女性らしくやさしい雰囲気にも。

 

この投稿をInstagramで見る

 

中村 アン(@cocoannne)がシェアした投稿

また、筋肉より脂肪がつきやすい特徴のある骨格ウェーブですが、努力次第では中村アンさんのような引き締まった体にも!

中村さんはトレーニングはもちろんのこと、特に食事を気をつけているそうです。

これも脂肪がつきやすい骨格ウェーブさんならではのボディメイク方法ですね。

骨格ナチュラル

特徴

  • 骨がしっかりとしている
  • 上半身が平面的
  • 首が長い
  • 筋肉や脂肪がつきにくい

骨格ナチュラルは3つの骨格タイプのなかで一番しっかりとした骨格です。

上半身と下半身の重心の偏りはほどんどなく、全体的に平面な印象があります。

筋肉や脂肪がつきにくく、骨も太く後ろからみたとき四角いイメージです。

手足が身長に対して大きめで、「かっこいい女性」のイメージを持たれやすい特徴も。

骨格ナチュラルの芸能人

骨格ナチュラルの芸能人といえば、紗栄子さん、佐藤栞里さん、天海祐希さん、杏さんが有名です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

万太郎(紗栄子マネージャー)(@saekostaff_official)がシェアした投稿

骨格ナチュラルは体が平面な印象があるので、トップスにボリュームを出したりして凹凸を出すとバランスよく見えます。

骨格ナチュラルは「かっこいい」イメージですが、紗栄子さんは上手に引き算をしてかわいい服装もバランス良く着こなしていますね。

かわいい服装が好きな人は紗栄子さんのコーデを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐藤栞里(@satoshiori727)がシェアした投稿

カジュアルな服装が好きな人は佐藤栞里さんを参考に!

佐藤さんの私服はカジュアルが多く、衣装ではフェミニンな服装が多いです。

どちらも佐藤さんのすらっとした手足を活かしたコーデになっています。

【骨格別】悩みを解決する筋トレ

それぞれの骨格の特徴を紹介してきました。

骨格によって体の特徴が違うので、重点的にトレーニングする箇所も変わってきます。

骨格別に紹介していきましょう!

骨格ストレートはお腹と背中を引き締める筋トレ

骨格ストレートは、体のメリハリがなくなってしまうと太ってみえてしまいます。

腰や胸の位置が高いのが特徴なので、お腹周りと背中を引き締める筋トレを重点的にしましょう。

背中&お腹痩せトレーニング

  1. うつ伏せになり、上半身を腕の力を使わず背中の力で起こす。
  2. 腕を頭の後ろで組んで自重で負荷をかけながら1と同じように行う。
  3. 1を行いながら、肩甲骨をしっかり寄せるイメージで、腕を後ろに振る。
  4. 体を起こして、片腕・片膝をついて反対の脚を伸ばす。
    反対の腕にはダンベルを持って上下運動をする。
  5. 反対も同じように行う。
  6. 仰向けになり、床と体が平行になることを意識して両肘とかかとで体を支える。
  7. うつ伏せになり、タオルを両手で持ち肩甲骨を意識しながら体に引き寄せる。
  8. 1をゆっくりと、より肩甲骨を意識して行う。
  9. 2をもう一度行う。

骨格ウェーブは下半身メインの筋トレ

骨格ウェーブは下半身太りしやすい骨格です。

下半身は特にお尻・内ももの脂肪がつきやすく、一度つくとなかなか落ちません。

そこで、下半身トレーニングでオススメなのは「足パカトレーニング」

寝ながらできて内ももやお尻だけでなく、下腹にも効果的なトレーニングです。

寝ながらできる足パカトレーニング

  1. 仰向けになり、足を天井に向けて真上に伸ばす。
  2. 大きく開いて閉じてを繰り返す。膝が曲がってしまう人は、足を真っ直ぐ伸ばすことを意識する。
  3. 胸に近づけるように膝を曲げる。
  4. 両足の甲の内側がくっつくよう膝を細かく動かす。
  5. 2をクロスさせて行う。
  6. 音楽に合わせて休憩を挟みながら1~5を繰り返す。

骨格ナチュラルはくびれを作る筋トレ

骨格ナチュラルは、平面的な印象があるのでくびれを作りましょう。

くびれを作ることで、体のメリハリがつきスタイルがよく見えます。

くびれを作る腹筋

  1. 仰向けに寝て両腕を頭の下で組む。顎を引いておへそを見るようにして腹筋を行う。
  2. 膝を直角に曲げたまま持ち上げて、1を行う
  3. うつ伏せになり、両肘と両膝で体を支える。このとき、お腹に力をいれて体が反らないようにする。
  4. 体を横にして、片腕で体を支える。このとき腰が落ちないよう、体が真っ直ぐになることを意識する。
  5. 反対側も同じように行う。
  6. 仰向けになり、お腹にしっかり力を入れて足を上下に動かす。

明日からできる!スタイルのいい女性になる5つのポイント

骨格別の筋トレ方法について紹介してきました。

しかし、筋トレをする時間がなかなか取れない場合も。

または、いきなり筋トレから始めるのはハードルが高いと感じる人もいるかと思います。

そういった人には明日からできる、スタイルのいい女性になる5つのポイントをご紹介します!

日々の生活に意識して行うだけでいいスタイルへとつながっていきますよ♪

常にキレイな姿勢をキープ

スタイルをよく見せるには正しい姿勢は欠かせません。

正しい姿勢とは横から見たときに、くるぶしから耳までが一直線上にそろっている状態です。

自分では気づかないうちに猫背になっていたり、反り腰になっている場合も。

正しい姿勢はスタイルをよく見せてくれるだけでなく、体幹を鍛えることができます。

体幹が鍛えられると、体全体が安定するので腰痛や肩こりの改善にも!

睡眠は大切

睡眠は取れていますか?

睡眠は健康な体を作るために欠かせません。

睡眠不足になると脳や体が休めず、疲れやすい体になってしまいます。

質のいい睡眠をするためには、寝る前が大切です。

寝る前はカフェインの摂取を控えたり、スマホを見ないようにしてリラックスして就寝しましょう。

質のいい睡眠をすることで、心身共に調子を整えることができます。

水分補給をして体にうるおいを

人間の体の約60%は水分でできています。

体内の水分は栄養素を運んで代謝を上げる働きや、酸素や栄養分を細胞に届けて老廃物を排出する働きがあります。

どちらもいいスタイルになるには、欠かせないものです。

摂取の目安は1日2L~2.5Lです。

水を飲むときは常温の水を飲むように!

冷たい水だと体が冷えてしまい代謝が悪くなってしまいます。

代謝アップのためには体は冷やさない

代謝を上げると痩せやすい体になります。

代謝を上げるために大切なのは体を冷やさないことです。

夏はついつい冷たい物を摂取しがちですが、温かいものをなるべく摂取するようにしましょう。

また、体が冷えてしまうとむくみもでてきます。

むくみ解消するためには、湯船につかり体を温めましょう。

湯船につかることで、体の芯から温められて血行が促進されます。

適度な運動と栄養バランスのとれた食事

筋トレのような激しい運動は毎日できなくても、適度な運動は必要です。

エレベーターではなく階段を使ったり、いつもより多めに歩くなどちょっとした運動で大丈夫です。

まったく運動せずにいると、摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまい太ります。

普段から体を動かしていると、代謝も上がり太りにくく痩せやすい体につながります。

また、普段の食生活もいいスタイル作りには大切です!

過度な食事制限はリバウンドの原因となるので、バランスの取れた食事を意識して摂取しましょう。

自分にあったスタイルで美ボディ目指そう!

「スタイルがいい」といってもいろいろなパターンがあります。

大切なのは自分にあうスタイルを見極めることです。

人と比べてしまうと、どうしても落ち込んでしまうことも。

骨格にいろいろなタイプがあるように、いいスタイルの基準も人それぞれです。

自分の今の骨格を確認して、自分らしくスタイルのいい女性を目指しましょう。