おすすめマッチングアプリ情報はこちら

男性からのLINEで脈あり度診断!恋を進展させる返信のコツと脈なしLINE3選

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

気になる彼とLINEをしていても、「私のことどう思っているんだろう?」と感じることってありますよね。

そういうときは、ただLINEでトークをするのではなく、話し方やタイミングから脈ありかどうかをチェックしてみましょう!

今回は、LINEから読む脈あり度診断と、返信のコツをご紹介。

彼のLINEを知っているということは、これからいい関係性になる可能性大です!

気になる男性からのLINEは嬉しい♡

好きな人、気になる人からLINEがくるのってとっても嬉しいですよね。

それは女子なら誰もが思うことで、LINEが来たときのワクワク感は何事にも変えられません。

何気ないどうでもいいような一言でも、彼からのLINEなら嬉しくて、すぐに返信してしまうものです。

6月はマッチングアプリで出会いやすい?

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

新生活が始まる4月〜5月にかけては新規会員が大幅に増加するというデータがあります。

「6月に始めるのは少し遅いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、マッチングアプリで恋人を見つけるまでには平均3~6ヶ月かかるというデータもあるので、6月はまだまだチャンスが多くあると言えるでしょう。

では、数多くあるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

タップルを無料ダウンロード


LINEの特徴から男性の脈あり度を診断!

LINEから読み取る脈あり度診断では、7つの特徴を紹介します。

5つ以上当てはまるのなら、男性はあなたに脈ありの可能性が高いでしょう。

即レスor即既読

基本的にいつでも即レスしてくれる男性は、脈あり度が高いといえます。

「返信したくないな~、めんどくさいな~」と思う人なら、とりあえず未読スルーしておいて暇なときに返信しておく…というのは男女共通。

忙しいときでもすぐ既読になって、時間が経っても必ず返信がくるのなら、脈あり度は高めです。

男性の仕事が終わるとLINEがくる

「今仕事終わった~」「今から帰ります」のように、仕事終わりにLINEを送る男性は脈有り度は高いといえます。

男性としては、仕事が終わって解放され嬉しい思いを1番にあなたに伝えたいので、ある程度仲がよく信頼されています。

気になる女性から「お疲れさま」と言われたいがために、あなたにLINEを送ることも。

もしあなたが彼ともっと距離を縮めたいなら、彼が癒されるような優しい言葉をかけてあげましょう。

肯定的な返信が多い

あなたの話や質問に対して、

俺も・わかる・だよね・一緒

のように、頻繁に肯定的な返事をしてくれるのであれば、少し脈ありかもしれません。

これは、男性とあなたの価値観が合う、好きな人の思考に合わせて興味を持たれたい心理状態といえるでしょう。

反対に、

へぇ~・なるほどね・そっか・(笑)

のような、曖昧で中途半端な返事ばかりなら脈あり度は低め。

基本的に考えが合わない者同士か、あなたに興味がない状態でしょう。

自分のことを話すより、質問のほうが多い

彼があなたに何度も質問を投げかけるなら「もっとあなたが知りたい!」という状態なので、脈あり度は高いでしょう。

あまり興味のない人に対しては、質問をせず適当な相づちで終わらせるはず。

何度も質問しているなら、LINEをできるだけ長く続かせたい・話したいという心理でもあるため、直接会ってデートする日も近いかもしれませんね。

あなたのことをほめてくる

以下のように、内面や日々あなたが頑張っていることなど、見た目以外のことをほめてくれるのは、あなたに脈ありで人として尊敬できる部分があるといえます。

・仕事頑張ったね
・センスいいよね
・努力したんだね

内面の部分をほめるのは外見をほめることとは違い、あなたのことを心から尊敬していて、あなたのことをよく知っていないと、なかなか口にできないことです。

反対に、

・可愛いね
・スタイルいいよね
・色気あるよね

などのように、見た目やセクシャルな部分でほめるのは、純粋な好意ではなく下心がある状態なので、あまり真に受けないほうがよいでしょう。

具体的なデートの日付と内容を決める

あまり好きではない相手なら、社交辞令として「今度ごはん行きましょう!」「また連絡しますね」と適当で曖昧な返事をすることってよくありますよね。

でも、脈ありで本気で付き合いたいのなら、具体的なデートの日付や食べに行く場所を決めることが多いのです。

「来週の○曜日、△△で食事しない?」
「今度の○日空いていたら飲みに行こう」

のように、日付・曜日・場所を具体的にしたうえでデートに誘われたなら、あなたへの脈あり度はかなり高いといえます。

とくに意味・用事はないがLINEがくる

「今なにしているの?」
「今日はなにしていたの?」
「ねーねー」

のように意味や用事はないLINEを送信してくるのは、脈あり度はかなり高め。

女性からすると疑問に思うかもしれませんが、何も用事がないのにLINEを送りたい、構ってほしいという心理の表れなので、好意がある人にしか送りません。

LINEスタンプだけで文字なしのパターンでも、脈あり度は高いといえるでしょう。

男性から脈ありLINEがきた!返信のコツ

好きな彼から返信がきたら、ただなんとなくで返事をするのではなく、ワンクッション置いてみましょう。

そうすると、彼の気持ちをあなたに引き寄せられるはずです。

恋愛の駆け引きはせず素直に行動する

恋愛の駆け引きがうまくできるのは、恋愛上級者だけなので、絶対的な自信がないのなら素直に行動するのがベストです。

あれこれ考えるよりも、自分が思う素直な返信をしたほうが、彼に思いが伝わりやすいでしょう。

LINEがきたからといって焦って返信はしなくてもOK。

心を落ち着けて、余裕のあるときに返事をしたほうがボロが出ず、彼とうまくコミュニケーションがとれますよ。

自分よがりにならない

好きな人とLINEをしていると、つい自分よがりになってしまうもの。

気をつけるポイントとしては、

  • 質問ばかりをしすぎない
  • 自分の話ばかりをしすぎない
  • 深夜や早朝に送信しない
  • 仕事で疲れていそうなときはLINEをしない

というように、自分本位になっていないか、彼の生活や体調をよく考えることも大切。

自分だけ楽しむのではなく、2人でトークを楽しむことを心がけてみてください。

長文より短文で返信する

LINEの長所は、チャットのように手軽で簡単に会話ができることですよね。

それなのに毎回長文でやりとりをしていると、彼はとても疲れていまいます。

あなたが長文を送っていると、短い反応だと失礼だと思い、彼もそれに合わせて長文を送ろうとするので5行以上の長文は控えたほうがよいでしょう。

勘違いに要注意?男性の脈なしLINE3選

彼はあなたに脈がないのに、ダラダラとLINEを続けていてもむなしいだけ。

潔く彼のことを諦めて、新しい恋愛をはじめるほうが人生トータルで考えると幸せなのかもしれません。

ここで紹介する脈なしLINEをチェックし、男性心理を把握して、これからどうするかを見極めましょう。

彼から返信はあるけどしっくりこない

既読になる・返信があるだけでは、脈ありとはいえません。

返信があったとしても、

(笑)・スタンプだけ・「なるほどね」などの相づちだけ

このようなものなら、それは会話があまり盛り上がっていない証拠。

彼としては、無視をするのは失礼だと思っているので、とりあえず反応をしているだけ。

もしこのような、シンプルでしっくりこない返信の頻度が高いのなら、現時点ではあなたに対して脈はほぼありません。

デートの誘いをはぐらかす・具体的な日付を決めない

デートに誘ったとき、

「あいている日があったらこっちから連絡するね」
「シフト確認したらLINEする~」
「最近忙しいからちょっとまだ予定わからない」

のような、返信が来たときは脈あり度はかなり低めです。

本当に脈があって付き合いたいと思うのなら、すぐに具体的な日付の返信がくるはず。

「また今度」のような社交辞令的な返信が2回以上あったのなら、もう少し彼に好きになってもらうための努力が必要です。

彼が自分のことを一切話さない

男女共通ですが、脈なしの相手やあまり好きではない相手に、自分のプライベートなことはあまり教えたくないですよね。

もしLINEをしているとき、職場、休日、どの辺に住んでいるのかなど、濁したり教えてくれなかったりするのなら、彼は現時点で「仲良くなりたい相手ではない」と感じているでしょう。

あまりにも反応が冷たくて何も教えてくれないときは、ほかに彼女がいる可能性がありそうです。

心を掴むも離すもLINEの返信次第

LINEの脈あり度診断の時点で、脈ありかもと思うなら、付き合うまであともう一歩のはず。

もし「脈ありじゃないかも?」と思っていても、会話次第ではこれからどんどん関係性が発展していく可能性があります。

無理な恋愛の駆け引きはせず、素直な心でLINEを楽しんで、少しずつ彼との距離を近付けていきましょう。