おすすめマッチングアプリ情報はこちら

恋愛にはデメリットだけでなくメリットもあるって本当?他人を愛する意味とは

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

ネットやSNSでは、若者の「恋愛離れ」が増えていると話題に。

恋愛をすれば面倒くさくなるばかりで、メリットなんてないという人もいるようですが、はたしてそうでしょうか。

今回の記事では、恋愛のデメリットやメリットを紹介し、さらに恋愛のメリットを科学的に証明している論文などから、恋愛がもたらす効果がなんなのかを考察します。

恋愛をする理由がわからないし、恋人を作らなくちゃいけないのは面倒と思う

若い人を中心に「恋愛は面倒くさいもの😟💨」といった考えが蔓延しているようです。

DIAMOND onlineに掲載されていたアンケート結果によると、

今年1月、ブライダル総研が「恋愛・結婚調査2019」の調査結果を発表した。全国の20~40代の未婚男女2400人を対象にしたこの調査で、恋人がいる人の割合は32.1%。恋人がいない人の割合は67.9%と約7割に及んだ。

出典:「交際経験ゼロ」の20代男性が4割、恋愛・結婚のハードルが上がる理由|DIAMOND online

20代~40代の未婚男女で恋人がいないと回答したのは、なんと「約7割」

Twitterでも☝のような後ろ向き意見をつぶやく人がいるほど、恋愛に対する抵抗感がある女性は意外と多くいるようです。

たしかに恋愛をすると、うれしい出来事ばかりでなく気持ちが暗くなるイベントに遭遇してしまう場合もあって

もう恋愛したくない!😭💦

と心が悲鳴を上げるケースもありますよね。

はたしてそんな恋愛を経験する意味があるのかどうか、今回の記事でじっくり考えてみましょう。

11月はマッチングアプリで出会いやすい!その理由は?

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せる11月から12月は「クリスマスまでに恋人を作りたい」と考える人が多く登録するため、出会いに積極的なユーザーが増える時期なんです。

そのため、出会いを確実にゲットしたい方は、複数のマッチングアプリを利用して自分に合いそうなアプリを早めに見つけておくのもオススメです。

では、数多くあるマッチングアプリの中でも、特に人気で安心・安全に使えるものをいくつかご紹介していきます。ここからご紹介するアプリは基本的に女性は登録から利用まで無料で、男性は一部課金が必要なものになっています。

Pairs(ペアーズ)

会員数NO.1の人気マッチングアプリはPairs(ペアーズ)です。「マッチングアプリはやったことは無い」という方も名前は知っているのでは無いでしょうか?

Pairsを使うメリットは、何と言っても圧倒的な会員数。男女ともに幅広い年齢層の方が多く登録しています。

登録無料で有料プランの料金形態もシンプル。これからマッチングアプリを始める方はまずPairsを使ってみるのがオススメです。

Pairsを無料ダウンロード


with(ウィズ)



テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

withを無料ダウンロード


CROSS ME(クロスミー)



東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

クロスミーを無料ダウンロード


タップル

サイバーエージェントグループが運営する「タップル」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

タップルを無料ダウンロード


恋愛をする意味がわからない|恋愛のデメリット4つ

では、恋愛をしたときに遭遇するデメリットはなんでしょうか。

考えられる4つのケースをあげてみました。

①お金もかかるし、ひとりの時間も減ってしまう

恋人ができるとなるとデートに行ったり、いっしょにすごしたりする時間が多くなりますよね。

だから

  • デートをするとお金がかかる💸
  • ひとりの時間が減ってしまう⌛

といったデメリットがあります。

つまり、自分だけでなく相手にエネルギーを使う場面が多くなる、というわけですね。

②失恋、嫉妬、怒りといったマイナスの気持ちがくっついてくる

恋愛をすれば、相手の都合も絡んでくるので思うようにいかない場面もたくさん出てきます。

だから、好きな相手に対して

  • 「んもー!なんでよ!?💢」と怒りを感じる
  • 「私よりかわいい女の子をみてデレデレしないでよ!😠💨」と嫉妬する

といった、マイナスの感情がわいてきてモヤモヤしたりも。

たとえば片思い中であれば、失恋して1日中ベッドのなかで泣いてしまうなんてケースもあるかもしれません。

③相手と依存関係に陥ってしまう

恋人同士になっても、お互いが『心の自立』をしていないせいで

  • どちらかがDVをしてしまう👊💥
  • マウンティングしあって傷つけあう⚔
  • どちらかが相手の行動などを束縛してしまう🔗

というように、上手なお付き合いができないにもかかわらずに「共依存」という泥沼の関係をつづけてしまう人たちもいます。

④価値観の違いに悩む

恋愛のパートナーには自分の気持ちや考えを理解してほしいと思ってしまうもの。

だけど

  • 「その考えが分からない😩」
  • 「その行動が理解できない🙅」

彼氏に言われたり、逆に自分がそう思ってしまったりして思い悩んでしまうのも、恋愛ではよくあるケースです。

価値観が違うせいでケンカをしてしまう場合もありますよね。

恋がもたらすプラスの効果|恋愛のメリット4つ

恋愛の欠点を見て「やっぱり恋をするなんて面倒……💔」と思った女性もいるでしょう。

しかし、恋愛には短所を超える素晴らしいメリットも。

デメリットの項目と同じように4つ、ご紹介します。

①安心感を得られる

後述する論文にもあるとおり、恋愛には人を「安心させる力😃」があります。

死ぬほど孤独感を味わった経験がある人なら分かると思うのですが、「相手がいる💑」というだけでなぜか人間は安心するものなのです。

脳科学では、他人とハグをするだけで、幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が分泌されるといわれています。

もしかすると、恋人のような関係が近ければ近い人がいるだけでも脳内で幸せホルモンが作られるのかもしれませんね。

②自分の視野が広くなる

恋愛をすると、プラスの感情だけでなくマイナスの感情も味わう機会があると前述しました。

いやな経験をすると聞くと「味わいたくないなぁ😔💦」と思うものですが、マイナスの感情を経験をすると自分の視野が広くなって、

  • 他人の気持ちに共感できる力がつく
  • だれかを励ますことができる

といった他人に優しくできる人になれます。

人の痛みが分かるから人に優しくできるし、そんな人は人間としてとても魅力的に見えるものです。

③パートナーと楽しいことも辛いことも共有できる

生きていると、ときとして人生のピンチに遭遇する場合もありますし、楽しい出来事もたくさんありますよね。

恋愛をしないとなると、人生の苦楽をひとりで味わうので「孤独感」がありますが、恋人がいれば

  • 苦しいときは2人で支え合う💑
  • 楽しい出来事をいっしょに味わう😃✨

といった2つの利点があります。

困難が生じたときに恋人が味方になってくれると、なぜか百人力のパワーが出せたりもするのです。

④自己肯定感が高まる

自己肯定感とは「ありのままの自分に対して「イイネ!👍」と評価ができて、自分を思いやれる感覚」のこと。

恋愛をすると

  • 自分磨きをしようとする✨
  • 自分に自信がつく😉
  • 毎日が楽しくなる🎶

ので、自然と自分に「イイネ!👍」ができるようになります。

自分に対してたくさん「イイネ!👍」ができる状態になると、精神的にも健康になるので、自然と体も元気になるし、一石二鳥でいいことづくしです。

恋愛のメリットを科学的に証明する論文がある

さて、恋愛のメリットの項目を呼んで「本当にそんな利点がいっぱいあるの?😒」と疑問に思った女性もいるかもしれませんね。

ドイツの研究チームが恋愛に対する興味深い論文を出していましたので、ご紹介しましょう。

ドイツのイエナ大学とカッセル大学の研究チームは、18~30歳のカップルを9カ月間追跡した。被験者は、神経質度と現在の恋愛関係に対する満足度を調べるアンケートに答えると同時に、日常的な仮想シナリオの評価も行った。

 

その結果、ハッキリしない状況を否定的に捉えるという被験者の神経質な傾向が、恋愛関係の進展に伴って、徐々に低下することが分かった。

 

出典:科学が実証! 神経質な人が恋愛で得られる驚きのメリットとは?|Women’s Health

つまり、「マイナス思考の人ほど、恋愛をすると神経質な考えが減って、ポジティブな生き方ができるようになった」と科学的にも証明されているのです。

これで、先述した恋愛のメリットも納得できる内容だと感じていただけたのではないでしょうか。

【はみ出しコラム】エーリッヒ・フロムは「愛は技術だ」と言った

ドイツの社会心理学者であるエーリッヒ・フロムは「愛するということ」という興味深い本をのこしています。

著書のなかで1番、印象的かつ有名なフレーズが「愛にも技術がいる」です。

フロムは

愛は技術だろうか。
技術だとしたら、知識と努力が必要だ。

 

出典:エーリッヒ・フロムの名言・格言

といった名言も残しています。

本の内容は少し難解で奥が深いものなのですが、「愛って、そもそも技術なんだよ」と言われると、恋愛に対する向き合い方が少し変わってくるはずです。

愛が技術とするなら、恋愛も経験が不足しているとうまくいかないし、スキルが高くなっていけば上手な恋愛ができるかもしれない……とも考えられますよね。

恋愛は面倒くさいし覚悟のいるもの……でも得られるものも大きい🙆

ちょっと夢のない話をすれば、恋愛はそもそも「面倒くさいもの」です。

ご紹介したデメリットを見れば「確かに……😕💦」と思った女性もいたでしょう。

しかし恋愛をすると『目に見えない大きなもの』を得られるのも事実。

本気の恋愛をしなければ『目に見えない大きなもの』がなんなのかは体感できないのかもしれません。

たとえるなら、山を登らないと頂上の景色を見ることができないようなものに近いでしょう。

アメリカの小説家であり心理学者であるバーバラ・デ・アンジェリスは、恋愛に対するこんなおもしろい名言をのこしています。

愛することによって失うものは何もない。
しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。

 

出典:恋愛・男女関係の名言・格言

だから、真剣に恋愛するには、相手を愛する覚悟と勇気が必要不可欠に。

本気の恋愛経験の先に、本当の恋愛のメリットがみえてくるのではないでしょうか。

今回はかなり難しいお話になってしまいましたが、ご紹介したメリットやデメリットを踏まえて「恋愛する意味とはなんなのか」アナタのなかでも一考してみるとおもしろいかもしれませんよ。