デートの準備ポイント3選!女性を喜ばせるためのデートプランの決め方とは

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

気になる女性とデートの約束をしたら、デート当日まで何もしないのはNG。デート当日までの期間はデートプランを練るなど、女性を喜ばせるためのデートの準備を行いましょう。しかしながら、この中には「デートの準備って何をすればいいの?」といったデートに不慣れな男性陣も多いはず。そんな方々のためにも、今回はデートの準備ポイント3選をご紹介します。デートを成功させるためにも、是非参考にしてくださいね。

デートの準備ポイント①デートプランの準備

気になる女性とデートの約束をしたら、まずはデートプランを決めましょう。この中には「当日にふたりで話し合ってデートプランを決めればいいのでは?」という方もいるかもしれませんが、デートプランを決めるのは中々時間が掛かるもの。

「君の行きたいところに行こう」「いやいや、あなたの行きたいところへ行きたいの」とお互いが気遣い合って中々行き先が決まらない場合もありますし、「俺は大きな公園で身体を動かしたいんだけど、どうかな?」と提案しても「私、今日ヒールで来ちゃったから身体を動かすのはちょっと…」と事前準備のない服装でデートの行き先が限定されてしまい、これが原因で行き先が決まらない場合もあります。

こういったことを踏まえ、行き先やタイムスケジュールなどのデートプランは、デート当日までに練っておくようにしましょう。

1.デートの目的を決めよう

デートプランを決めるとき、最も重要になるのがデートで何をするかです。女性に行きたい場所ややりたいこと、最近気になっていることや挑戦したいことを聞き、それをもとにデートの目的を決めましょう。

しかしながら、「どこか行きたい場所やしたいことはある?」と聞いて、「テーマパークに行きたい!」「映画が見たい!」などとストレートな回答をくれる女性は極一部。女性に「どこか行きたい場所やしたいことはある?」と聞くと、ほとんどの女性は「どこでもいいよ」なんて曖昧な回答をするのです。

この発言の裏には「本当は〇〇に行きたいけど、正直に言えば嫌がられるかもだし厚かましいなんて思われるかも…」という女性心理があるため、この発言を「じゃあ俺がデートの内容を決めちゃっていいんだね!」とストレートにとらえるのはNG。

女性の性格や趣味などから女性が喜びそうなことや興味を持ってくれそうなことを考え、それをもとにデートの目的を提案してあげるようにしてください。男性から自分の趣味・嗜好に合った提案をしてもらえれば、女性も「それいいね♡」と当日のデートを楽しみにしてくれるはずですし、「私のことちゃんと見てくれてるし考えてくれてる♡」という好感度アップにもつながります。

2.デートの場所を決めよう

デートの目的が決まったら、そのデートの目的にマッチした場所を決めましょう。目的が映画の場合は映画館、アクティビティの場合は公園やスポーツ施設、料理の場合はクッキングスタジオや自宅、ドライブの場合はロケーションの良い海や山といった感じです。場所を決める際は、自分と女性の自宅からの距離や交通手段、曜日や時期、自分と女性の当日や翌日のスケジュールを基準にするのがおすすめ

たとえば、デートの目的が映画でも、車移動で尚且つデート当日や翌日も時間に余裕があるのであれば、ドライブがてら他県の映画館に行くのもありでしょう。反対に、電車移動でデート当日あまり時間に余裕がない場合は、女性の自宅からタクシーで帰れる距離の映画館を選ぶのがベストといえます。

また、デートの場所を決めるときは、近くにレストランや居酒屋などの食事場所があるかどうかもチェックしてください。女性がお腹をすかせたときに「近くに美味しい店があるから行こう!」とスムーズに案内できれば、好印象を抱いてもらえること間違いなしです。

3.簡単なタイムスケジュールを決めよう

デートの目的と場所が決まったら、次は簡単なタイムスケジュールを決めます。女性に当日と翌日のスケジュール、門限や終電の時間を事前に聞いておき、それをもとに待ち合わせ時間や行き先への到着時間、食事の時間や帰りの時間を決めましょう。遠くへ出掛ける場合は、電車や車の移動時間も要チェックです。

簡単なタイムスケジュールを決めておけばデートの時間を有効活用することができますし、女性を急がせたり待たせたりすることもなくなるので、「ちゃんと時間を管理してくれて頼りになるなぁ」という安心感や信頼感を与えることが可能です。

デートの準備ポイント②身だしなみの準備

いくら最高のデートプランを練っても、デートに行く本人の身だしなみが酷ければ「この人と一緒に歩きたくないなぁ…」と女性にガッカリされてしまうもの。このため、デートの準備では身だしなみを整えておくことも非常に重要です。以下では、デートで整えておくべき身だしなみについてご紹介します。

1.デート当日の服装

身だしなみの準備として、デート当日の服装は事前に用意しておきましょう。手持ちのワードローブでコーディネートするのも良し、新しい洋服や靴を調達するのも良し、大事なのは女性に好印象を与えられるファッションかどうかです。

ファッションで女性に好印象を与えるためには、清潔感が何よりも重要です。たとえば、シワシワでダボダボの高級ブランドのシャツ×デニム、シワのないジャストサイズの1,000円のシャツ×デニム、これなら後者のコーディネートのほうが女性ウケは良いです。いくら高級ブランドのシャツでも、シワシワでダボダボであれば、だらしのない不潔な印象になってしまうのです。これを踏まえ、デートの服装を決める際は清潔感を何よりも優先してください。

また、デートでは派手過ぎるファッションも控えたほうが良いです。原色×原色のアイテムを組み合わせたギラギラしたファッションは女性によって好き嫌いが分かれやすいため、万人ウケしやすいベージュ・茶・黒・白・カーキといった落ち着いた色でまとめるのが正解です。原色のアイテムを使用したい場合は、ポイントとして1カ所のみにすると良いでしょう。

2.爪切り・耳掃除・ムダ毛処理・口臭チェック

女性は男性の身体の細かいところまで見ています。爪が伸びている、耳垢や耳毛が出ている、髭や髪が伸びている、鼻毛が出ている、口が臭い…このような男性は女性に不潔な印象を与えてしまいます。上記でもお話しましたが、女性は清潔な男性を好みます。デートの準備では身体の細かい部分の身だしなみにも気を付け、身体でも清潔であることをアピールしましょう。

デートの準備ポイント③会話の準備

女性は男性以上に会話を大切にする生き物です。このため、デート当日に思うように会話が弾まなければ「一緒にいても楽しくない」「会話が弾まないってことは相性が悪いのかも」なんて風に思われてしまいます。

「大好きな女性とのデートだったのに緊張して何を話せばいいか分からず、終始無言のままデートが終わった…」こんなことにならないためにも、以下ではデートで女性を楽しませるための会話の準備ポイントについてご紹介します。

1.女性の情報をリサーチしておく

女性は会話において自分のことについて話すのが大好きです。このため、デート前には女性の趣味・嗜好や家族構成や友人関係、私生活などの情報をある程度リサーチしておき、その情報をもとに当日は女性へ質問を投げ掛けるのがおすすめ。

「お姉ちゃんがいるって言ってたけど、仲良いの?」「映画が好きって言ってたけど、今まで見て一番面白かった映画は何だった?」という感じです。仮に会話が止まったら、「俺は一人っ子なんだよね。やっぱお姉ちゃんがいると一人っ子に憧れたりする?」や「俺は映画なら〇〇が好きだな。見たことある?」と自分の情報を発信し、そこから更に質問を返せば会話のラリーが続きます。

2.会話のネタを用意しておく

女性は会話の面白い男性のことも大好きです。このため、デート当日までに自分の身の回りで面白いことがあったのであればそれをスマホなどにメモしておき、デート当日の会話で面白エピソードとして伝えると良いでしょう。

なお、会話の冒頭で「最近こんな面白いことがあったんだよね」と言ってしまうと、女性は「どんな面白い話をしてくれるんだろうと」期待値を高めるため、いざオチが大した内容でなかったときに「つまんない人」「会話が下手な人」といった印象を与えかねません。これを防ぐためにも、面白エピソードを伝える際は「この間さぁ~」といったあえて普通の話をするようなトーンで話を切り出すようにしましょう。

準備万端で臨めばデートの成功は間違いなし♡

今回ご紹介した通りにデートの準備を行えば、どんな女性とのデートも成功すること間違いなしです。デートで女性を楽しませる自信のない男性は今回ご紹介した内容を参考に素敵なデートプランを練って、女性を喜ばせてあげましょう。