モテる男のLINE駆け引きテクニック5選|女性への「印象づけ」がポイント

モテる男のLINE駆け引きテクニック5選|女性への「印象づけ」がポイント

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

女性とLINEする際にうまく駆け引きのテクニックを使って、交際に発展させることができたらいいですよね? 今回の記事では、どうしたらデートにうまく誘えるのか?女性に興味を持ってもらえるのか?が知りたい男性に、LINEの駆け引きテクニックをご紹介します。5つのLINE駆け引きテクをマスターして、モテる男デビューを飾りましょう!

LINE駆け引きテク①:がっつかず余裕を出すのが基本スタンス

経験の浅い、テクニックをマスターしていない男性がやりがちなのが、気になる女性をゲットしようと「がっついてしまうこと」です。「今何してる?」「今度デートいかない?」と、ひっきりなしに相手にLINEをして、困らせてしまっていませんか?

モテる男が実践しているLINE駆け引きテクの1つとして、「余裕を持ったLINEをすること」が挙げられます。女性の立場に立って、相手の都合に合わせたLINEを心がけることで、男性側が毎回仕掛けなくても、自然と心を開いてくれるようになります

そして、その後が勝負です。女性の気が乗ってきた段階になると、今度は男性がどうリードできるかが試されます。まずは余裕を出しながら、ゆっくりペースを合わせたLINEをしていくことで、期待できる展開が見込めるでしょう。

LINE駆け引きテク②:長文は避け、短文を使う

モテる男が実行する駆け引きテクの2つ目は、「なるべく短文でシンプルなLINEをすること」です。よくある傾向として、「今こんな状況にある」「今日は何をして、こんなことがあった」「○○ちゃんのことが知りたいから~」など、長文でかつ面倒くさいと思われがちなLINEをしてしまう事です。

相手のことが気になるからこそ長文になってしまうことも分かりますが、駆け引きテクニックを使って相手をスムーズにリードしたいならば「短文を使うこと」をおすすめします。本当に伝えたい事や重要な事をシンプルに短文で伝えることで、「しつこい」と女性に感じさせることなくLINEを続けることが可能です。

女性は1度「嫌だ」「面倒くさい」と感じてしまうと、相手に対してそのイメージがずっと定着してしまうもの。なるべくシンプルに、余裕も見せながらLINEをすることで、女性に嫌悪感を抱かせることなく、やりとりができるでしょう。

LINE駆け引きテク③:連絡時間を統一する

余裕を出しながらLINEをするテクニックと関連していますが、3つ目のLINE駆け引きテクニックとして紹介するのは「連絡時間を統一すること」です。この効果として、決まった一定の時間になると女性が返信を期待するようになることが挙げられます。

毎日LINEをしていた相手から、1日連絡がこなくなると、自然と意識してしまうという体験談を聞いたことがあるのではないでしょうか?このテクニックを利用すると、相手に期待させるよう促すことができるのです。

「夜○時頃に返すようにしよう」と決めたら、その一定時刻に毎度返信することで、相手は次第にその時間が来るのが楽しみになるはずです。時刻を決めておいてもいいですし、返信と返信の間隔を統一することもいいでしょう。自分のペースに合わせてテクニックを利用していくことで、無理せず続けることが可能です。

LINE駆け引きテク④:統一した時間以外は未読スルー

上記の「連絡時間を統一する」を実行するとともに、それ以外のLINEの扱いは「未読スルー」にすることをおすすめします。なぜ「未読スルー」が効果的なのか? それは、既読スルーと違って「まだ読んでいない」「いつ来るのかな?」と相手に感じさせることが可能だからです。

既読スルーの場合は、相手からの返信の見込みがない様に感じさせてしまったり、読んだのに返してくれなかったと嫌な展開になりがちなので、未読スルーはとても効果的なテクニックになります。女性を「待たせる」ことで、あとで返信が来た時に喜びが倍増することでしょう。意図的に効果を狙って未読スルーをし、一定時刻に必ず返信をする。このルーティンが、相手の女性を虜にすること間違いありません。

LINE駆け引きテク⑤:慣れたら既読無視で女を焦らす

ある程度上記のLINE駆け引きテクを使いこなしていくと、相手の女性は毎回男性からのLINEを楽しみに待つようになり、自然と興味を抱かざるを得ない状況になっているはずです。そこで、より女性を虜にするために、「焦らし」を加えていくことをおすすめします。そのやり方として提案するのが、LINE駆け引きテク4つ目の「既読無視」です。既読無視は3つ目の未読スルーの欄でお伝えした通り、「既読がついているのに返信がない」「返信してくれないのかな?」と不安を煽る結果になりがちです。

しかし、上記のテクニックにて「一定時刻に返信する」「それ以外の時間は未読スルー」を徹底していることで、相手に不安と安心を同時に感じさせることができています。その状況で急に「既読無視」をしてみることで、相手の女性に「想像以上の不安感」を抱かせることができます。

でも、一定時刻になると女性は「そわそわ」し始め、楽しみで待ちきれず、返信をしてくれるかどうか気になって仕方なくなるでしょう。そしてまた、お待ちかねと言わざるを得ない返信を「一定時刻に」します。さて、相手の女性はどんな気持ちになるでしょうか?喜びが倍増する以上の、最上級の幸せを感じるでしょう。この時点で男性の虜になっていることは否めません!

LINE駆け引きテク⑥:デートの日程は2択で選ばせる

最後のLINE駆け引きテクは、「デートの予定を2択にする」です。

なぜ2択で選ばせるのがいいのでしょうか?慣れていない男性は「デートできるかどうか」「いつが空いているか」と相手に全てを委ねるLINEをしてしまいがちですよね。選択肢がなく全て女性に委ねる形にしてしまうと、デートの誘い自体を断る選択も可能になるほか、なかなか日程が絞れずにデートの予定が没になってしまうことも…。

そこで、「○日と○日だったらどっちがいい?」「○と▲だったらどっちに行きたい?」のように、デートすることを前提に話を進め、プラス相手に選択権を与えて選ばせることで、相手が嫌な気持ちを抱くことなくスムーズにデートの予定を取り付けることが可能になります。ぜひ使ってみてくださいね。

駆け引きを制して素敵な恋を!

今回の記事では、LINE駆け引きテクニックを5つご紹介しました。モテる男は一体どんなLINEで相手を虜にしているのか?を具体的に説明しましたので、参考にしていただけると幸いです。

今回のテクを使って相手の女性を射止めましょう!