LINEで使える恋愛テクニック5選|モテる男は余裕を見せる

LINEで使える恋愛テクニック5選|モテる男は余裕を見せる

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

女性とLINEする際に恋愛テクニックをうまく使っていくことで、相手の女性を自然と射止める事ができます。その方法とは一体?「気になる女性とLINEをしているけど一向に発展が見込めない」「どうしたら相手の女性に好意を持ってもらえるのか?」と疑問に思っている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。相手の女性に自然と興味を持ってもらえることが可能になります!

LINEの恋愛テク①:短文で返す

LINEの恋愛テクとして挙げられる1つ目のテクニックは、「短文で返信すること」です。テクニックを知らない多くの男性は、相手の興味を引きたいがために「長文のLINE」をしがちです。内容としては、自分は今日こんなことがあったなどと報告する「近況報告」か、あるいは相手の女性に対して質問攻めにする「気を引こうとするLINE」が多いですね。

しかし、相手の興味を自然とひきつけることができる男性は、決して長文でLINEをすることはありません。相手に「足りない」と感じさせるくらいが丁度いいので、あえて短文のシンプルなLINEをする傾向にあります。相手の女性が少し男性を恋しく思うくらいの淡白でシンプルなLINEを心がけることで、自然とあなたからのLINEを待つようになるでしょう。

LINEの恋愛テク②:即レスは避ける

余裕のある、いわゆるモテる男性が使う恋愛テクニックとして挙げられる2つ目のテクニックは、「即レスしないこと」です。即レスとは、相手からのLINEの返信があった瞬間に既読を付け、そのまま返信することです。仲のいい友達とのLINEであったり、興味のない女性に対してのLINEならば、すぐに返信するのも連絡が取りやすく良いかもしれません。しかし、興味のある女性に対しては「すぐに返信すること」は避けましょう。

相手に「恋しい」と思ってもらう時間、「返信はまだかな?」と期待させる時間、「返信遅いな~」と不安に思わせる時間が、男性を必要としている気持ちにさせるテクニックに繋がるのです。即レスによって完全な安心感を抱かせてしまうと、男性に対して恋しいと思うことも、男性からのLINEを楽しみに待っている自分に気づくこともありません。少し不安にさせるくらいが丁度いいのです。

なぜなら、その後に返信が来た時に湧き上がる「喜び」も大きなものになるからです。
相手に期待させる余裕を出せる男は、必然的にモテていきます!

LINEの恋愛テク③:スタンプは女性によって使い分ける

LINEの恋愛テク3つ目は、「スタンプを使い分ける」です。相手の女性のタイプに対応したスタンプを選ぶことも、女性の気を引けるかどうかのカギになります。まず、相手の女性がどういうスタンプを好むか、どういうスタンプを使っているかを判断する必要があります。

何かとスタンプを使い、連投するタイプもいれば、意味のあるスタンプをしっかり選んで、適切なタイミングで使う女性もいますね。ふざけたスタンプなのか、メッセージ性のあるスタンプなのかを判断して適応していくことで、相手の女性と合わせていくことが可能です。

女性は相手の男性が自分と合うかどうかを常に見極めています。真面目な女性を相手に、ふざけた意味のないスタンプばかり使っていれば、相手はストレスに思うに決まっています。シンプルなテクニックですが、相手に合わせたスタンプを選んで使い分けていくことで、相手に心地良いLINEだと感じてもらえるでしょう。

LINEの恋愛テク④:会う約束は電話で取り付ける

この記事を読んでいる方の中でも気になっている人が多いのは、「デートの誘いに関するテクニック」ではないでしょうか? LINEでデートの誘いを促しているけれど、気乗りしている感じがしない。デートの予定を立てようと日程を聞いているけれど、何となく話が流れてしまう。このような悩みを抱えている男性は多いでしょう。

4つ目の恋愛テクニックとしてお伝えするのは、「会う約束は電話で取り付ける」というテクニックです。まずLINEをしている男性から電話がかかってきて、それが気になっている男性であれば、特に「ドキドキ」するものです。その「ドキドキ」を利用して、そのままデートの予定をこじつけてしまうという最強恋愛テクニックです。

ある程度日程を2択に絞っておいたり、どこでデートをするか選択肢を狭めておいたりすると、電話で予定を決めやすくなります。ぜひデートをしたいと思ったら、相手に電話してみてくださいね。

LINEの恋愛テク⑤:未読スルー、既読無視で時おり焦らす

LINEの恋愛テク②でお伝えした、「即レスしない」というテクニックと関連して、「未読スルー、既読無視で時おり焦らすこと」をおすすめします。不安感のあとの安心感で、喜びが倍増するということを上記でご紹介しましたが、その効果を利用して、相手の不安感をあおるテクニックです。

最初は未読スルーの方が、ハードルが低いためチャレンジしやすいはずです。未読スルーをした場合は、「まだ読んでいない」「返信してくれるかな?」といった不安を煽ることが可能です。

また、既読スルーをした場合は、「既読がついているのに返信がない」「面倒くさくなったかな?」「嫌われたかな?」と、未読スルーより多くの不安感を感じさせることが可能です。ただ、あまりにしつこくスルーをすると相手も飽き飽きしてしまうので、うまくタイミングを計って恋愛テクを使っていくことで、男性の事を考える時間を与えることができます。
ぜひ利用してみてくださいね。

あくまでテクニックは基本。自己流を確立させよう

今回紹介させていただいたテクニックと同様、恋愛テクはあくまで基本であり、ベースとなるものです。自分に合う合わないを判断しなくてはいけないですし、また正解があるわけでもありません。自分の経験を基に自分流を確立させていくことで、相手の女性と良い雰囲気を作っていくことが可能です。自分のやりやすいようにアレンジしながら、紹介したテクニックを使ってみてくださいね。