男性のLINEから読み解く5つの心理|既読無視やスタンプ、(笑)を使う意味って?

男性のLINEから読み解く5つの心理|既読無視やスタンプ、「笑」を使う意味って?

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

男性とLINEをしている時に気になるのは、「これってどういう意味なんだろう?」「これって、脈あり?それとも…脈なし!?」など、意図が読み取れない時ではないでしょうか? 多くの女性が男女間のLINEの仕方の違いで悩んでいます。今回の記事では、具体的な例を挙げながら、男性のLINEの仕方とそれに対する心理を解説していきます。

「これって一体どういう意味?」という疑問や不安を取り除き、うまく男性とLINEで会話するための参考にしていただけると幸いです。

男性のLINEに対する本音①:こまめなLINEはめんどくさい

男性のLINEに対する本音として最初に挙げられるのは、「こまめなLINEはめんどくさい」と思っていることです。多くの男性は、LINE上でのこまめな連絡を面倒に感じていると言っていいでしょう。

なぜなら、根本的に女性と男性の性質は違っていて、女性が好むようなマメな連絡を得意としていないからです。男性の中には、女性の気持ちを汲み取るのが上手かったり、性格がマメだったりと、こまめなLINEを好む、あるいはLINEを面倒に感じないタイプもいることでしょう。しかし全体的な傾向で言えば、やはり圧倒的にこまめな連絡を面倒に感じている男性が多いことは事実です。

男性のLINEに対する本音②:スタンプだけの返信はやる気が無いとき

次に男性のLINEに対する本音として挙げられるのは、LINEを面倒に感じている時ややる気のない時は「スタンプだけで返信する」ということです。女性のLINEに対して、淡白な相槌だけの返信をしたり、あるいは分かりやすくスタンプだけで返信したりする男性は結構多いものです。その際の心理は、単に「LINEをする気が起きない」「面倒に感じている」と理解していいでしょう。

本当にLINEを楽しいと思っていたり、もっと連絡が取りたいと感じていたりする場合は、決してスタンプだけで返信することはありません。丁寧に内容を考えて返信します。もしも相手の男性がシンプルな相槌やスタンプのみの返信をしてくる傾向にある場合は、LINEの頻度を落としてみるなど工夫してみる必要があります。

どうしてもLINEを続けたいと思うならば、業務連絡の様な意味のあるLINEを心がけることで、相手も丁寧に返信してくれるようになるでしょう。

男性のLINEに対する本音③:既読無視の理由は詮索しないで欲しい

LINEをしている時に男性が既読無視をした場合、本音として挙げられるのは「詮索しないでほしい」という気持ちです。
「既読無視をされたら脈ナシである」などの情報も一部紹介されていたりしますが、一概にそうとは言い切れません。相手の都合により、返信を返せない場合もあります。既読無視をされてしまった時には、追い打ちで「返信待ってます!」などと連絡を迫るLINEはくれぐれも送らないようにしましょう

男性が何かの都合で返信ができないのであれば、都合がついた時や、返信したいと感じた時に、返信をします。それまで詮索せずに待てるかどうかで、今後良い関係が築けるかに差がつきます。ただ、LINEを続けるのが単に面倒くさいと感じて既読無視をしている場合もあります。LINEが一向に送られてこない時には、脈ナシだと考えたほうがいいかもしれません。

男性のLINEに対する本音④:未読無視のときは待ってて欲しい

上記の既読無視と未読無視は同じように扱われがちですが、男性の本音としてはしっかり違いがあるのです。未読無視をした時の男性の本音には、「待っててほしい」という気持ちが隠されています。既読無視の場合は、「読んだ」という事実があります。しかし、未読無視の場合は、たとえ通知に気づいていたとしても「まだ読んでいない」「これから読む」という意図が同時に感じ取れます。

一部、「脈ナシだけれど既読で無視するのは気が引けるから」と、わざと「未読無視」でLINEを終了しようとする男性も存在するようですが、一般的には後で読んで返信してくれる可能性が高いです。「今は都合がつかないのだな」と解釈し、余裕を持って待てるようになると、相手との関係が良好になるでしょう。

男性のLINEに対する本音⑤:絵文字は恥ずかしいから「笑」を使う

最後にあげる男性のLINEに対する本音の例は、「笑」についてです。男性は、女性と使い方が違う場合が多く、この「笑」ってどういう意味?と困惑する女性も多いのが事実です。

実は、男性は「笑顔の絵文字を使うのは女性っぽくて恥ずかしい」と感じ、なかなか使えない人がとても多いのです。もちろん中には、絵文字をたくさん使って分かりやすいLINEをしてくれる人もいます。ですが、絵文字は苦手で淡白なLINEをする男性が多いのは事実です。そのため、「笑っているよ!」と柔らかいニュアンスを表現したいときに「笑」をつける場合があります

女性が「笑」をつける時というのは、ジョークに対してなど、どちらかというとニコニコという意味よりクスクス笑う意味合いの方が強いと言えるでしょう。しかし、男性の場合はニコニコの絵文字の代わりに「笑」を使っている可能性があります。どっちの意味合いか見抜くことで、「絵文字の代わりなのかな」と判断できるようになるでしょう。

LINEを面倒くさがる男性への対処法

男性の本音を知った時に取る対処法としては、「連絡頻度を少なくすること」が効果的です。既読無視や未読無視をされてしまったり、スタンプのみの返信だったりした時には、あえてLINEの頻度を少なくすることをおすすめします。一歩先に引くことで、相手の男性にLINEをしたいと感じてもらえるかもしれません。

次の対処法は、「女性並みのマメなやり取りを求めないこと」です。男性には、女性並みのマメなやり取りを求めないようにしましょう。1日のうち、ちょっとでもLINEができるだけで楽しいと捉えることで、嫌な気持ちにならなくて済むでしょう。
最後の対処法は、「LINEができていること自体を楽しむこと」です。

気になる男性とLINEをしている時には、「もしかしたら…」「嫌われたかな?」なんて余計な不安が湧き上がったりするものです。しかし、好きな男性とLINEができているのだとすれば、それ自体がとても幸せなことです。

男性とのLINEで「どういう意味?」と悩む女性が多いですが、今回の記事が参考になれば幸いです。今後のLINEのやり取りが、より楽しいものになりますように!