「大人の恋愛」って何?落ち着いた男女の恋に共通する4つのポイント

大人の恋愛って「何」?落ち着いた男女の恋に共通する4つのポイント

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

大人の恋愛とは?

「恋愛をしているけれど、嫉妬や束縛に飽き飽き…」「落ち着いた大人な恋愛がしたい!」と思った方はチャンスです! 大人の恋愛について知り、相手と落ち着いた状態で付き合えるようになれば、穏やかに恋愛をすることができるようになります。それによって、関係は自然と長続きすると共に、結婚しても幸せな関係でいられるでしょう。今回の記事では、大人の恋愛とは?について解説し、具体的にどうすれば落ち着いた大人の恋愛関係が築けるのかをご紹介します。

大人の恋愛のポイント①:「お互い」を尊敬しあっている

大人の恋愛関係を築いていく上で大切にするべきことの1つ目は、「お互いを尊敬しあうこと」です。今、彼氏・彼女がいる方は、相手のことを尊敬できていますか? 多くの人は、長く付き合っているパートナーに対して「尊敬すること」をおろそかにしがちです。男性を下に見てしまう女性、女性を雑に扱ってしまう男性にそれぞれなってしまうのは、「相手を尊敬していないから」だと言えます。

根本的な原因として、パートナーを選ぶ際に「尊敬できる人」を選んでいないことが挙げられます。「寂しい時に一緒にいてくれたから」「流れで恋愛関係に発展したから」というような、本能に任せて恋愛関係に発展したときのパートナーシップは、「尊敬」という点が欠落する可能性が高くなります

大人の恋愛をする上で大切なのは、相手を一人の人間として尊敬し、尊重すること。一歩引いたところから相手を観察して、理性的に判断するくらいの「冷静さ」が、長続きする落ち着いた恋愛関係を築いていく上で大切になるのです。一般的に言われている「恋愛」と「大人の恋愛」では、お互いの愛を確認する方法が根本的に異なっています。「大人の恋愛」は、相手を不安にさせたり、焦らしたりすることなく、愛を確認することができるのです。

大人の恋愛のポイント②:「毎日のLINE・連絡」は重視しない

これから挙げていくポイントはすべて、根本に「相手を尊敬し、尊重する」という観点で共通する点があります。学生時代の恋愛は、毎日連絡を取ることが当たり前のように感じていませんでしたか? 「毎日の連絡」は必須と捉えられていて、毎日連絡がなければ、「相手は大切に想ってくれていない」という解釈になっていませんか?

しかし、大人の恋愛を知っていくことで、それは間違いであるとわかります。大人の恋愛では、相手の都合を無視した行動はしないのが鉄則。自分以上に相手のことを思いやり、相手がどんな風に考えているかを先回りして読むようにします。

「毎日の連絡」を例に挙げれば、相手は忙しくないか、やりたいことがあるのではないか、自分の時間はとれているのかを常に頭におくと、相手に毎日の連絡を強要することはできなくなるでしょう。そしてその行動によって、お互いに「相手は自分の事を常に気にかけてくれている」と信頼感を持てるようになり、穏やかな恋愛関係へと発展させることができるのです。

大人の恋愛のポイント③:「愛の言葉」はハッキリと伝える

大人の恋愛をしていく上で大切な3つ目のポイントは、「愛の言葉をはっきりと伝えること」です。一般的な恋愛関係の場合、「LINEはすぐに既読をつけず焦らしましょう」「相手に少し不安を感じさせると効果的です」のように、“信頼関係”とはかけ離れた状態を良しとする傾向があります。

しかし、落ち着いた穏やかな恋愛関係を築きたいのであれば、決して上記のようなテクニックを使うべきではありません。「愛しているよ」「あなたがいてくれて、幸せだよ」「信じているよ」と、はっきり愛の言葉を伝えることが一番効果的になります。

たしかに、付き合う前や付き合い始めならば、焦らしたり不安を感じさせたりして、自分への興味を引くことは可能ですが、長続きする安心した関係にしていきたいのであれば、また違う努力が必要になるのです。愛の言葉を伝え、常に相手を「安心させる努力」が、2人の関係をより深いものへと発展させてくれるでしょう。

大人の恋愛のポイント④:「適度な距離感」を知っている

お互いの状況を思いやって行動できているカップルの関係は、穏やかで信頼感に満ちています。どんな時も想いあっていることを信じ、自分の生活を充実させていくことで、「適度な距離感」を保つことができます。いつも一緒にいることこそが恋愛だと思っていた学生時代のような恋と違い、相手の自由をある程度認め合うことで、安心感のある穏やかな関係性が自然と築けているでしょう。

相手を信頼し、握りしめていた手を緩めるだけで、相手からの愛はより深まっていきます。もちろん、同時に相手への愛の深さも増していきますよ!

大人の恋愛を学べる映画作品を紹介

ニコラス・スパークスが書いた小説を映画化した、「君に読む物語」を観れば、大人の恋愛のイメージがより具体的に湧くかもしれません。「君に読む物語」は、年を取り認知症になってしまった女性に、過去に本当に体験した思い出話をひたすら読んで聞かせる男性のお話です。そのお話は、昔から深く想いあっていた2人を描いた映画です。いろんな出来事があり、辛いことも、苦しいこともある中で、2人が純粋に愛し合う姿を描いていて、大人の恋愛を学べます。

大人の恋愛を学べる名作小説を紹介

小説を読むのが好きな人は、尾形真理子さんの、「試着室で思い出したら本気の恋だと思う」をぜひ読んでみましょう。実る恋、実らない恋に関係なく、「本気の恋」であったかどうかが大切であることを伝えている小説です。5つの物語で成り立っていて、それぞれの恋愛話が展開されていく、素敵な恋愛小説です。

大人の恋愛が出来るオトナになろう

今回の記事では、大人の恋愛とは何か?について解説しました。落ち着いた長続きする恋愛関係を築くためには、相手を尊敬することや、何かを強要しないこと、相手に愛の言葉を伝えることが大切であるとわかりましたね。今回紹介した例を参考に、成熟した恋愛ができる魅力的なオトナになりましょう!