ホワイトニングがしみるのは薬剤が原因?なぜ痛いか、適切な対処法まで徹底解説

この記事を書いた人
青紫蘇
元風俗嬢WEBライター

長野県出身東京都在住、20代の女性フリーライター。自身のキャバクラや風俗での勤務経験を元に、ナイトワークや性に関する記事を多数執筆。また、恋愛や美容、酒、ガジェット、旅行関係など、さまざまなジャンルの記事執筆を手がけている。

最近人気が高まっているホワイトニング。

しかし、「気にはなるけど、しみやすいって聞くから不安…」という声がたくさん見受けられます。

そこで、ホワイトニングがしみる原因や痛みが出た際の対処法について解説していきます!

これからホワイトニングを受けたい人や気になっている人は、ぜひチェックしておきましょう。

この記事はこんな人におすすめ!
  • これからホワイトニングを受けたい人
  • ホワイトニングが気になっている人
  • ホワイトニングしたいけど知覚過敏症で悩んでいる人
  • ホワイトニングで歯がしみないか不安な人

ホワイトニングは「必ずしみる」わけではない

ホワイトニングは必ず歯がしみるもの」と認識している人が多いと思いますが、そうとは限りません。

同じ歯のホワイトニングでも、さまざまな方法があります。

もちろん、その中には「しみやすい方法」と「しみにくい方法」があり、ご自身の歯の状態にも左右されます。

また、より高いホワイトニング効果を得られる施術が歯にしみやすい方法という場合も。

最近では、ホワイトニング効果が高い施術でも歯にしみにくい方法が増えてきています。

なので、元々知覚過敏症で悩んでいる人でも安心して施術が可能

この機会にホワイトニングの知識を高めておきましょう!

歯の健康に関心が高い人には、下記の記事がおすすめです。

【参考記事▼】
ホワイトニングの方法と黄ばみの原因とは?歯をずっと大切にしたい人に届ける必読書

ホワイトニングがしみるのはなぜか

歯を白くするホワイトニングは、なぜしみるのでしょうか?

いくつか要因があるので、まずはしみる原因を知っておきましょう。

薬剤による一時的な知覚過敏の状態のため

一般的なホワイトニング薬剤は、35%程度の高濃度過酸化水素を使用しています。

この過酸化水素で歯に付着した色素を分解して白くするのが、ホワイトニングのプロセス。

実際に知覚過敏の原因になるのが、この色素分解。

歯を漂白する際に、一時的に脱灰といいミネラル分を消失させる作用があります。

これにより、一時的に知覚過敏のような状態になるのです。

歯ぎしりによって歯がけずれているため

日常的に歯ぎしりが癖になっている人は、薬剤がしみやすいです。

歯ぎしりが多いとその分、歯に負担がかかり、歯が削れてしまうことがあります。

削れている状態で歯に薬剤を塗布すると、歯の表面だけでなく奥まで薬剤が浸透

結果、痛みやしみている感覚になるのです。

エナメル質が欠けているため

エナメル質が欠けていると、歯内部の象牙質がむき出しの状態になります。

この状態だと薬剤が強くしみることがあります。

前述の歯ぎしりや噛み締め癖、虫歯や亀裂が原因なので、まずは歯の治療を行ってからホワイトニングをしましょう。

歯肉や唇への薬剤の付着のため

ホームホワイトニングで起こりやすいのが、薬剤が歯肉や唇に付着してしまうこと。

オフィスホワイトニングは、施術の際に歯茎や唇にカバーを着けるので付着しにくいです。

しかし、ホームホワイトニングはマウスピースを使って薬剤を付けるので、誤って唇や歯肉に漏れてしまうことがあります。

そのため、ヒリヒリしたりしみやすくなるのです。

治療中の虫歯が残っているため

虫歯治療中の場合も、薬剤がしみやすい傾向にあります。

虫歯治療では該当箇所を削ることが多いため、歯の表面が薄くなります。

そのため、普通の歯よりも薬剤の刺激に弱くしみやすいのです。

治療中の場合は、終わるまでホワイトニングを控えるようにしましょう。

施術を受ける前に、疑問点をつぶせると安心ですよね?

ホワイトニング情報について、網羅しておきたい人には下記の記事がおすすめです。

【参考記事▼】
ホワイトニングの効果や費用って?気になる疑問を種類別に比較!

ホワイトニングがしみて痛いときの対処法

歯にしみにくいホワイトニングでも、どうしても刺激が与えられて痛いときもあるでしょう。

では次に、ホワイトニング後、歯がしみて痛いときの対処法を3つご紹介します。

痛みが引くの待つ

痛みが出た場合、まずは安静にして痛みが引くのを待ちましょう

ホワイトニング後の痛みはあくまで一時的なもの。

丸一日待てば痛みは引きます。

しみている状態はかなり辛いと思いますが、丸一日我慢してみてください。

ロキソニンなど痛み止めを使用する

ホワイトニング剤による痛みは、我慢できるものがほとんど。

しかし、まれに我慢できないくらいの痛みが伴う場合も…。

どうしても耐えられない時は、ロキソニンなど市販の痛み止めを服用しましょう。

痛みのピークを迎える前段階で早めに服用するのがコツですよ!

冷たい、熱い食事を控える

薬剤で歯が痛い状態は、一時的に知覚過敏症になっているのと一緒。

できるだけ歯に刺激を与えないために、冷たいもの・熱いものは口に入れないようにしましょう。

極端に冷たいものや熱いものは、痛みが引くのを待ってから食べてくださいね。

ホワイトニングでしみるのを防ぐ予防法

現状、歯が健康の人でも、ホワイトニングで痛みが出てしまう可能性は十分にあります。

せっかくのホワイトニングで痛い思いをしないために、しみるのを防ぐ具体的な方法を押さえておきましょう!

虫歯やひびを治療しておく

大前提として、虫歯やひびの治療が終わってない場合はしっかり治療しましょう

歯の内部がむき出しでは、薬剤でかなりの痛みを伴います

治療をすべて終わらせて、万全な状態でホワイトニングを行ってください。

知覚過敏の改善をはかる

元々知覚過敏症で悩んでいる人は、ほかの人よりも強い刺激を感じる場合があります。

なので、ホワイトニングを受ける前に少しでも知覚過敏症を改善しておきましょう。

再石灰化作用のある歯磨き粉やマウスウォッシュを使うと、知覚過敏が和らぎますよ!

しみやすい箇所を避けて薬剤を使う

虫歯の治療後や歯ぎしりや噛み癖で歯がすり減っている部分には、ガードを付けたりして薬剤を避けるようしましょう。

歯科医の先生やホワイトニングサロンのスタッフに相談すれば、対応してくれます。

ホワイトニング前に歯科医に相談する

しばらく歯医者に通っていない人や知覚過敏症で不安な人は、最寄りの歯科医に相談してみましょう。

診断次第で、虫歯治療や知覚過敏の改善やホワイトニングの際のアドバイスをもらえます。

不安を解消してホワイトニングに望めるので、初心者におすすめです。

ホワイトニングに不安がある人はスターホワイトニングがおすすめ

現役の歯科医よるホワイトニング施術が受けられる「スターホワイトニング」。

施術前に歯科医の先生のカウンセリングがあるので、不安感を解消できます。

また、虫歯やひびが見つかった場合はしみやすい状態か指摘してくれるのも嬉しいポイント!

スターホワイトニング」は、ホワイトニング業界でもトップの安さ。

気軽に始められるオフィスホワイトニングを、ぜひ体験してみてくださいね。

スターホワイトニング公式はこちら!

臨場感たっぷりのホワイトニング体験談に興味をお持ちの人は、下記の記事をご一読ください!

【参考記事▼】
【タバコ大好き社長のスターホワイトニング体験談|第1回】500本タバコを吸う男VS業界最安値ホワイトニングサロン

不安を解消してスッキリと白い歯を手に入れよう

歯の悩みがある人は、ホワイトニングに対する不安感も人一倍多いはず。

歯の不安は、専門家にしっかり相談して解消しておきましょう。

せっかくきれいな歯が手に入るチャンスなので、楽しい気持ちでホワイトニングをしてくださいね!