おすすめマッチングアプリ情報はこちら

合コンの「その後」|LINEでの連絡、デートの誘い方をレクチャー

合コンの「その後」|LINEでの連絡、デートの誘い方をレクチャー

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

思い切って合コンに参加したけど、その後どうしたらいいのか分からないと悩む方は多いのです。今回の記事では、合コン後の連絡の取り方や、デートの誘い方などをご紹介します。気になる異性に出会い、良い雰囲気を掴めたのであれば、「その後」どのように行動するかで大きな差が出ます。うまくいけば交際に発展させられるので、これから紹介することを参考にしながら、合コン後にすべき行動を学んでいきましょう!

合コンのその後は、みんなでグループLINE作成が鉄板

「合コンに参加した後、どのように連絡を取ったらいいのだろう?」「気になった人には、連絡先を聞かないといけないのかな?」と不安に思う方、多いですよね。

合コン後の連絡のとり方は、人それぞれです。すぐに個人のLINEに移行し、気になる異性に連絡する人もいれば、グループ内で他の人も交えながら意中の人と盛り上がり、その後に個人LINE に移動する人もいます。

気になる異性に出会えても、合コンが終わった後に直接連絡を取ることに戸惑う方も多いはず。そんな時に役立つのが、「グループLINE」です。合コンが終わってまもなく、参加者全員でグループLINEが作成されれば、かなり盛り上がることが予想できます。気になる異性がグループLINEで発言をした時に、反応して話を広げるのがおすすめです。

例え個人で連絡を取る勇気がなくても、グループLINEだったら、相手とやり取りする機会は作れるものです。チャンスをうかがってグループLINEで発言することで、気になる異性と個人的に親しくなれる機会が作れるかもしれません。

お互いに脈ありであることを確認ができていないにもかかわらず、急に個人LINEでアピールしても引かれてしまう可能性があります。脈ありが確認できないのであれば、まずは様子見のためにグループLINEを活用しましょう。

9月はマッチングアプリで出会いやすい!その理由は?

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリで恋人を見つけるまでには平均3~6ヶ月かかるというデータがあり、9月は「クリスマスまでに恋人を作りたい」と考える人が多く登録するため、出会いに積極的なユーザーが増える時期なんです。

そのため、出会いを確実にゲットしたい方は、複数のマッチングアプリを利用して自分に合いそうなアプリを早めに見つけておくのもオススメです。

では、数多くあるマッチングアプリの中でも、特に人気で安心・安全に使えるものをいくつかご紹介していきます。ここからご紹介するアプリは基本的に女性は登録から利用まで無料で、男性は一部課金が必要なものになっています。

Pairs(ペアーズ)

会員数NO.1の人気マッチングアプリはPairs(ペアーズ)です。「マッチングアプリはやったことは無い」という方も名前は知っているのでは無いでしょうか?

Pairsを使うメリットは、何と言っても圧倒的な会員数。男女ともに幅広い年齢層の方が多く登録しています。

登録無料で有料プランの料金形態もシンプル。これからマッチングアプリを始める方はまずPairsを使ってみるのがオススメです。

Pairsを無料ダウンロード


with(ウィズ)



テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

withを無料ダウンロード


CROSS ME(クロスミー)



東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

クロスミーを無料ダウンロード


タップル

サイバーエージェントグループが運営する「タップル」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

タップルを無料ダウンロード


合コン後にLINEで連絡するベストタイミングとは?

気になる異性がいるのであれば、グループLINEが盛り上がっている時に、連絡を取り合うことがベストです。合コンの熱が冷めないうちに、「あの時は楽しかったね!」「あなたと話せてよかった!」と連絡をすることで、またその話題で盛り上がることができます。

遅くても3日以内といったところでしょうか。自分や相手の都合にもよりますが、なるべく早めに連絡をすることが大切です。

もし、合コン中にお互いに脈ありを感じ、良い雰囲気になっているお相手がいれば、直接個人LINEをしましょう!「あなたと連絡を取り合いたい」ことをアピールすれば、より交際に発展する可能性が高くなるはずです。

合コン後のLINEで好印象を与えるテクニック

合コン後のLINEで好印象を与えたければ、グループLINEで女性陣に「合コンで君たちに出会えてよかった!」「楽しかった!」と伝えましょう。意中の相手がいる場合は、個別に連絡しましょう。

連絡は早ければ早いほどいいです。自分に興味を持ってくれて、そして合コン後にも個人的に連絡をくれたとなれば、相手も気になってしまうでしょう。この時、気を付けるべきことは、「常に次につながるLINEを心がけること」です。

「楽しかったね!」では、「私も楽しかったよ、ありがとう」というメッセージしか返ってこないかもしれません。ですから、そこで終わってしまうようなメッセージではなく、次につながるような内容のメッセージを送ること。

合コンが終わった後のLINEで大切なのは、次に会う機会につなげていくこと。「楽しかったね~」「また会えたらいいね~」という会話をして終わってしまうパターンがとても多いので、最初の数通のやり取りを意識して行うことが大切です。

1回のメッセージでなるべくまとめて伝え、かつ次につながる内容にすると、長続きするLINEメッセージになります!
また、合コンで相手が話した「個人的な話」に関することをメッセージに入れると、好印象を与えます。

「あの時~って言ってたよね」「~が好きだって言ってたけど、実は自分も興味あるんだよね」のように、相手の言っていた内容をちゃんと覚えているとアピールすれば、彼女はあなたの人柄に惹かれるでしょう。自分の話をちゃんと聞いて、覚えていてくれるのは嬉しいものです。そういう相手には良い印象を持ちますよね。かなり有効なテクニックなので、ぜひ使ってみましょう。

合コン後にLINEを活用したデートの誘い方

LINEをする目的は、次につながること!次につながれば、交際に発展させることが可能です。そして、最終的にはデートができるように、意識してLINEをしましょう。

「次会えたらいいね!」とあいまいな表現で相手の反応をうかがう人もいますが、あまりおすすめしません。女性はリードしてくれる男性に弱いので、もう一歩踏み込んだメッセージを送った方がいいですよ。「次は2人でご飯食べに行かない?」「近いうちに会おうよ」と、次回は2人でデートをするという前提で話を進めると良いでしょう。

どうしても話に乗る気がなければ、断りのLINEがくるでしょう。その時は潔く諦めましょう。特に断られそうな雰囲気でなければ、どんどん積極的にデートにつなげるようなメッセージを送ることが大切です。

好きな食べ物を合コンで聞いていたなら、「○○が好きって言ってたから、それを食べに行こうよ!」と提案してみたり、「○と☆だったら、どっちに行きたい?」と相手に2択で聞き、断る選択肢がない質問を投げかけると成功率が高まります

 

今回の記事では、合コンの「その後のLINE」で、気になる異性と関係を発展させるために必要なポイントをご紹介しました。2人だけでLINEができるようになれば、交際に発展する可能性は大いに見込めます。送ったLINEがシンプルすぎて、「LINEが続かなかった…」ということにならないよう、紹介したテクニックを参考にして、彼女との次のデートにつなげていきましょう!