女のLINE返信が遅くなる理由3選|心理状況・脈あり脈なしの判別方法

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

女性とLINEをしているけど、返信が遅いと悩んでいる男性も多いかと思います。では、どのくらいで返信が来なければ脈なしなのでしょうか。1日? それとも2日でしょうか?

今回の記事では、なぜ返信が遅いのか気になる方に向けて、具体的に例を挙げながら女性側の心理を解説していきます。返信が遅いというだけで、一概に脈がないと判断するのはおすすめしません。理由によって状況は様々なので、パターンを見て判断しましょう。脈ありの判断方法も同時に紹介していきますので、参考にしていただけると幸いです。

女性のLINE返信が遅い理由①:興味を持たれていない

返信が遅い理由として、最も当てはまるのが、「興味を持たれていない」という理由です。あなたに興味がないため、まめな返信をすることを怠るということが考えられます。相手の女性との関係性があまり深くないにも関わらず、まめなLINEを相手に期待している場合ですね。

女性は興味のある男性に対してはLINEを長く続けたいと考えるもの。たとえ返信が遅れていたとしても、長く続いているようであれば脈ありの可能性はまだまだありますので、落ち込む必要はありません。相手の返信が遅い場合は、相手の女性の連絡頻度に合わせるなど工夫が必要です。

女性のLINE返信が遅い理由②:忙しくて時間が取れない

次に多くあげられるのが、「忙しくて時間が取れない」という理由です。女性の中にも、忙しく仕事をしている人や、人と会っている時にスマホや携帯は見ないようにしている人など、何か作業をしている時はLINEの返信をしないという人が結構多くいます。返信が遅いからといって、一概に「興味を持たれていない」と判断できない場合もあります。

LINEの返信が遅い時は、もしかしたら忙しいのかもしれないと察し、相手のことも気遣いながらLINEの返信を待ってみましょう。相手の仕事やスケジュールなどが予想できる場合は、空いていそうな時間を考えて連絡することも大切です。

女性のLINE返信が遅い理由③:返信しづらいLINEを送っている

理由が女性側ではなく、男性側にある場合もあります。それは「返信しづらいLINEを送っている」という場合です。LINEを続ける動機は人それぞれで、単にやり取りをしていたいだけの人もいれば、連絡事項を伝えるためにLINEしている人もいるので、相手がどういうタイプなのかを知って、相手のやり方に合わせることも大切になってきます。

では、返信しづらいLINEとは一体どういう内容なのでしょうか?

例をいくつか挙げると、「そうだよね!」のような、相槌で終わっているメッセージが女性に「返信しづらいな…」と思われがちな返し方です。相槌だけの一言LINEは、返信のしようがないため、既読スルーになりがち。

「笑」のような一言で終わらせている場合も同様です。また「これやばくない?(笑)」のようなジョーク的LINEを送る男性も多いようですが、女性にとっては返信しにくいLINEの一つになっています。

また、単に「面白くない」と感じている場合や、「なんて返したらいいのか全然分からない」という場合もあります。確実にLINEの返信をもらいたいのであれば、返信しやすいメッセージや何かを聞くようなやり取り(「~はどう?」「~にする?」のような?を使うなど)をするといいでしょう。

脈なしの基準は返信が「来るか来ないか」

脈なしかどうか判断するための手っ取り早い方法は、返信が来るか来ないかで見分けることです。どんなに忙しい状況にいても、気になる相手であれば必ず返信はします。返信が一切ないようであれば、脈なしの可能性が高いと判断できます。どうしても返信が欲しい場合は、連絡事項を確認するような内容にすると返信をしてくれる確率が高まるでしょう。

また、未読か既読かも脈なしかどうかの判断材料になります。既読がついている場合は、最後の文章が返信しづらい内容ではなかったか、次につながるようなLINEになっていたかを確認してみましょう。

上記のチェックポイントに当てはまるようであれば、見込みはあります。もう一度会話しやすい内容のメッセージを送ることで、続くLINEをすることは大いに可能です。

逆に未読のままだったり、返信がしづらい内容でもなかったりした場合は、残念ながら脈なしだと判断できるでしょう。その後返信がもらえないからといって、しつこく返信を迫ることはやめましょう。

脈ありは「返信内容」で判断

脈ありの場合の返信は、普通より丁寧であったり、次の会話内容につなげてきたりと分かりやすく判断できる場合が多いです。普通なら「そうだね」「うん」のような相槌で終わってしまうようなLINEでも、「そういえば!」のように加えて違う話を振ってくる場合は、かなり高確率で脈ありだと捉えていいでしょう。

そこには「あなたとLINEを続けていたい」という本音が隠されています。日常的な会話ならば、相手が「話したいことが特にあるわけではないけれど、LINEをしていたい」と思っているといえるでしょう。

また、何か予定を立てようとしてきたり、2人で会う約束をしたりするような内容であれば、完全に脈ありだと判断できます。返信内容をよく観察して、相手がどのような気持ちでLINEをしているか判断してみましょう。

女友達の脈ありサイン

相手が元々友達である場合は、脈ありと判断する方法が異なります。一般的に、仲の良い友達ならば返信が早かったり、次の会話につながるようなLINEをするのが普通だからです。

では、友達の脈ありサインを見抜くにはどうしたらいいのでしょうか?

その場合には、2人で会いたいと望んでいる雰囲気かどうかや、友達でいた時とは少し違う「恋人」を意識しているようなニュアンスがあるかどうか目安にしてみてください。脈ありの時は、いつもは単調だった文面がちょっとかわいい感じに変化したり、「お疲れさま」「頑張ってね!」など相手を気遣うようなLINEをしてきたりします。

▼関連記事

女友達が脈ありだった際の的確な見分け方&好きになった際の対応方法を解説

あなたのLINEの送り方を見直そう

女性からの返信が来なかったり返信が遅いのは、必ずしも相手の女性の都合が悪いという状況だけが理由ではありません。自分は返信するに値するLINEをしているか、単調な相槌だけではなく、相手の意見を聞くようにし、次につながるようなLINEを返しているかどうかをもう一度確認してみる必要があります。それによって確実に返信は早くなり、相手も「もっとLINEしたい」と感じてくれるようになるでしょう。

今回の記事では、返信が遅い女性が何を考えているのか、脈なしなのかなどを解説しました。自身のLINEを見直し、女性の都合に沿ってLINEをしていくことで、脈ありも見込めるようになります。ぜひ参考にして、素敵な関係になれるように頑張ってください。