子連れの再婚で上手くいく人と失敗する人の違いを徹底解説

この記事を書いた人
❁.。IZUHAZU。.✽

2年間の社内恋愛を経て7歳年上の男性と2014年結婚。2015年長男を出産し、2018年に長女を出産。現在2人の育児に奮闘する専業主婦。

離婚したばかりの女性は「もう二度と結婚しない!」そんな風に思っている方がほとんど。特に子供を連れて離婚をした女性は、その気持ちが人一倍強い傾向にあります。

ですが、結婚を敬遠していても、全てを一人でこなす毎日が続くと「誰かに支えてほしい…」と心情が変化することも。

今回の記事では、子連れ女性が再婚相手に求める条件や、子連れ女性と結婚し上手くいく人の特徴など、徹底深掘りしています!

子連れ女性との結婚を決意する男性の心理

「結婚したいな」と思った女性が、実は過去に結婚歴があると知ればショックを受けます。

「子連れ」であるとわかった時、すんなり受け入れられる男性は少ないかもしれません。

ですが、中にはびっくりするカミングアウトをされても、動じることなく受容する男性も。そういう男性は「子連れ」ということに、最初からネガティブなイメージを持っていないのです。

「大切な彼女の子供なんだから、愛するのが自然」と素直に思えます。「結婚歴」や「子供」を乗り越えなければいけない壁と、そもそも捉えていない男性は、抵抗感を覚えずに子連れ女性と結婚します。

子連れ女性は再婚相手に何を求めている?

子連れの女性が再婚相手の男性に、何を求めているのか気になりますよね。

①子供に好かれる子煩悩な男性

子連れ女性が、自分本意の再婚をすることはゼロに近いでしょう。

再婚する第一条件として、まずは子供との相性をチェック!子供の懐に上手く入りこめる男性、子供の新しい父親にふさわしい男性を求めています。

②心がホッとする包容力のある男性

子供の前では弱さを見せられないのが母親というポジション。疲れていても辛くても子供の前では、笑顔で強い母親を演じています。

ですが、いつまでも頑張り続けることは不可能でしょう。

心の拠り所が必要不可欠。いつも頑張っている子連れ女性は、心と体を休められる包容力のある男性を求めています。

③経済力がある男性

「経済力」を求められていると、あなたの本質を見られていない気持ちになりますよね。

もちろん再婚は、自分の気持ちありき。男性に経済力があるという理由だけで、再婚を決意する女性は少ないでしょう。

ですが、自身の力のみで子供を育てることに限界を感じている子連れ女性が多いのも事実。「この先もたった一人で子育てできるのか…」と、不安に思っている方もいるでしょう。

再婚するなら経済力がある男性」と思うのは、彼女がそれだけ頑張っている証拠です。

子連れ女性が再婚に対し抱えている悩みとは?

初婚同士の結婚も2人の問題ではありません。ですが、再婚になると関わる人はそれ以上に増えてきます。

子連れ女性は自分が再婚することで、周りを不幸にしてしまうのではないかと感じます。「自分の気持ちを優先した結果、子供やあなたの両親を悲しませたくない」と、心配するのは当然でしょう。

彼女の不安を取り除くためには、あなたが「架け橋」になることが大切。デリケートな問題なので、慎重に解決する必要があります。

子連れ女性と結婚して上手くいく男性の特徴5選

子連れ女性との結婚生活を、幸せに送ることができる男性には、どんな特徴があるのか気になりますよね?

①子持ちであること障害だと思っていない

昔に比べ、子連れ女性への偏見は、だいぶ少なくなりました。しかしネガティブな印象が完全になくなった訳ではありません。

中には「子連れ=訳あり」と判断してしまう男性もいるのです。こういった先入観を持った時点で、その男性との結婚生活が上手くいくはずありません。

彼女の過去を全て受け入れ愛せる「器の広さ」が重要となります。

②子供の扱いが上手

あなたと子供の相性が悪ければ、彼女と結婚まで結びつける可能性は低いでしょう。同じ関わり方ではなく、子供の年齢に合わせて接し方にも変化を持たせなければなりません。

無理せず子供と自然と触れ合うことができる男性は、子連れ女性との結婚に向いています。「彼女だけでなく、子供とも家族になる!」という意志が大切です。

③包み隠さずなんでも話せる

小さなことから大きなことまで、気兼ねすることなくなんでも話せるのは、夫婦円満の秘訣!

「共感しながら話を聞く」ということは、男性にとって難しい課題。

女性がなんでも話せる空気を作れる男性は、子連れ女性との結婚にぴったりでしょう。

④金銭感覚が同じ

違う環境で育ち、境遇も違う訳ですから、様々な違いが生じるのは仕方のないこと。

お金は生きていくために必ず必要なもの。お金の揉め事はややこしくなりがちのため、金銭的な価値観の確認は大切です。

交際中は、相手のお金の使い方が気にならなくても、結婚すれば話は別。金銭感覚が女性と同じ、またはその時に応じて柔軟に対応できる力が必須です。

⑤彼女を一番に大切にできる

子供との関係を良好にすることばかりに意識が向いてしまい、彼女の存在が置き去りになってしまうことも。

もちろん子供を大切にする必要はあります。しかし、あなたが一番大切にしなければならないのは他でもない彼女です。

男性は、どちらかといえば一つの事に集中しやすい生き物。子供と彼女、それぞれに愛情を注げる気遣いこそが、結婚生活を幸せに送れるポイントです。

子連れ女性との結婚が失敗に終わってしまう男性の特徴5選

次に、子連れ女性との結婚生活が失敗に終わってしまう男性の特徴を紹介します。

①子連れに対して偏見を持っている

結婚生活は、いつも対等でいるのが理想。

「子連れ」ということに対して偏見を持っていると、つい女性を下に見てしまうことも。話の節々で「この人は私を見下している…」と女性が感じれば、結婚生活は早い段階でバッドエンドを迎えるかねません。

②自分の意見を言うことができない

子連れ女性との結婚は、順風満帆ではないかもしれません。自分の意見が言えない男性には、いざという時に守ってもらえないと女性は感じるもの。

いつも彼女の言葉に流されていては、あなたのことを「頼りない」を感じてしまいます

③彼女にとって自分が一番でいたいと思っている

彼女にとって一番なのは「子供」。その順位が覆ることはありません。

「自分が彼女の一番の存在でいたい」と願う男性は、初婚の女性を探すのがおすすめです。

④生活スタイルが合わない

お酒・タバコ、偏った趣味、ギャンブルなど、独り身だからこそ、楽しんでいた男性も多いでしょう。ですが、結婚したらギャンブルを、セーブする必要あり

生活スタイルがいつまで独身気分のままだと、結婚生活が破綻しかねません。

⑤経済力がない

「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉があります。

シビアですが、経済力がないことが離婚理由にもなるのは事実。子連れ女性と結婚したいのなら、ある程度の経済力は確保しておく必要があります。

子連れ女性との結婚は並大抵ではない

初婚同士の結婚も覚悟、忍耐。子連れ女性との結婚となると、出くわす困難が増えると、想像しておいた方がいいでしょう。

並大抵の努力で、幸せを掴めるわけではありません。子連れ女性と、新しい道を進むには「どんなことがあっても彼女と子供を守っていく」という強い誓いの有無が問われます。

苦労や困難が多いからこそ、待っている幸せも大きい

いかがでしたか?子連れ女性との結婚は困難も確かにあります。ですが、苦労が多いからこそ、手に入る幸せも計り知れません

実際に、子連れ女性と結婚した男性は、苦労を苦労だと感じていないことも。むしろ、大変なことも「ひとつの幸せの形」だと捉えられる感性を持っています。

小さな幸福を一つ一つ摘み取り、2人で育てていくことこそが、子連れ女性と幸せな結婚生活を送るための秘訣なのです。