LINEでの告白を成功させるコツとは?|失敗するパターンや例文も解説

この記事を書いた人
❁.。IZUHAZU。.✽

2年間の社内恋愛を経て7歳年上の男性と2014年結婚。2015年長男を出産し、2018年に長女を出産。現在2人の育児に奮闘する専業主婦。

「好きな人に思いを伝えたい!」と思っていても、ストレートに気持ちを伝えることに、抵抗を覚える男性もいます。

直接思いを伝えることに対して「緊張して、上手く思いを伝えられない」「振られた後が気まずい」など抱く不安は様々。

そんな男性が、気持ちを伝える手段として、チョイスするのが「LINE」です。

今回の記事は、LINEでの告白がどんな印象なのか、また成功率をアップさせるコツや文例なども紹介します!

LINEでの告白はアリ?ナシ?

メールより手軽にメッセージのやりとりができるLINE。誰もが利用しているのではないでしょうか?

最近では、日常会話だけでなく、告白など重要な場面でも活用されるようになりました。

世の中の女性達は、LINEでの告白についてどのように感じているのか気になりますよね。マイナビウーマンのアンケートによると、「LINEの告白はナシ!」と答えた女性は8割以上

Q.LINEでの告白、あなたはありだと思いますか? それともなしだと思いますか?

あり(19.1%)
なし(80.8%)
※有効回答数496件(22~39歳の男女アンケート)

 

出典:LINEで告白はOK? 成功率をUPさせるテク【例文画像付き】|「マイナビウーマン」

これからLINEで告白をしようと考えている男性にとっては、頭を抱える結果ですよね…?

女性は「男らしさ」に胸がキュンとするもの。LINEで告白をされてもなかなか「男らしさ」を感じとるのは難しいです。

また、指先一つでメッセージを送れるということもあり「軽い」と思えてしまうのが一番の理由でしょう。

LINEで告白した時の成功率は?

告白は大きく3つの方法に分けられます。
①直接会って告白
②電話で告白
③LINEやメールで告白
です。
同じ文例で告白した時、上記3種類の方法の中で一番成功率が高いのは①直接会って告白です。そして、一番成功率が低いのは③LINEやメールで告白。その間が②電話で告白となっています。

同じ文例で告白しているのに、何故成功率に差がでるのか?大きな理由は、気持ちを感じ取ることができないからでしょう。①②は、表情や声色で相手の気持ちや、様子を探ることができます。

ですが、③は文字だけが送られてきても、そこから気持ちや様子を感じるのは不可能。いくら緊張しながら送信ボタンを押したとしても、相手に微妙なニュアンスが伝わることはありません。「気持ちが感じ取れない=信じられない」となってしまうのです。

また、考える時間を与えることができるのも、成功率を下げてしまう要因でしょう。LINEだと文字を考えながら打てます。「ちょっと考えていい?」とサラッと流され、そのまま無かったことにパターンもよくあります。

告白前に流れを作ることが、LINEでの告白を成功させるためのコツ

思いもよらない相手からLINEで告白されても「ちょっと考える時間をください」など、簡単な一言で済まされてしまいがち。「急なLINEでの告白は信じられない…」と思ってしまう女性も。

そうならないためにも、告白前には「あなたに好意を持っていますよ」とわかりやすいアピール!

彼女が自分に対して、好意を持っていると知ることで、疑いを晴らすことができます。

また、成功率をアップさせるには、朝ではなく夕方から夜にかけての告白をおすすめします。朝は、仕事や学校などの準備で時間に追われる人がほとんど。

そんな時間に告白されても「今は恋愛どころではない!」と脳が判断。一日の終わりの、ホッと一息つく時間をチョイスするのがコツです。

LINEでの告白を成功させるためのおすすめ文例5選

LINEで告白する際に、女性をキュンとさせるおすすめ文例を5つ紹介します。

①好きです!

告白方法はなんであれ、やはり女性はどストレートに思いを伝えられることにキュンとします。自分の気持ちを正直に伝えられると「男らしさ」を感じるもの。「信じて付いていってみようかな?」そんな気分にさせられるフレーズ。

②付き合ってください!

①と同じようにこちらもストレートな告白。最近では、うやむやに交際がスタートして「私達付き合ってるの?」と不安に感じてしまうことも。「付き合ってください!」と決定的なセリフを伝えることで、2人の関係が曖昧になるのを回避できます

③僕の彼女になってください!

上記2種類の告白より少しひねりつつストレートな告白です。他と被らない告白をしたい方はこのセリフをチョイスするといいですよ。彼女の心に、いつまでも残り続けるフレーズになること間違いなし!

④次回は恋人としてデートしませんか?

こちらの告白は、何度かデートを重ねている方におすすめ。友達としてデートを楽しんだけど、次回は恋人としてというのもいいですよね?

かなりお洒落な言い回しです。

表情や声色から気持ちが読み取れないLINEでの告白。あまりにお洒落な告白に挑戦すると、彼女の頭がクエンチョンマークだらけになることも。

お洒落だけど、お洒落すぎて伝わらなければ意味がありません。シンプルさも意識し、わかりやすい表現をお忘れなく!

ストレートな告白は少し照れ臭い方は、あえて違う方向からアプローチしてみるのも一つの手です。

⑤スタンプで思いを伝える

最近では、可愛いものから面白いものまで様々なスタンプが販売されています。文字での告白もいいけれど、あえてスタンプで気持ちを伝えてみるのもLINEならでは。

❤️のスタンプなので気持ちを匂わせておいて、文字で思いを伝えるとさらに効果アリ

先程も紹介しましたが、LINEでの告白は信じてもらえないことも。「面と向かうと気持ちを上手く伝えられない」など、どうしてLINEで告白したのか、理由をきちんと伝えれば、彼女も安心できます!

LINEでの告白、失敗例3選

LINEで告白する際にやってはいけない失敗例を3つ紹介します。

①冗談まじりに告白する

たくさんの絵文字を使ったり、冗談まじりに告白するのはタブー。照れ臭かったり、振られてしまった時の保険をかけるのでしょう。ですが、冗談まじりの告白は「からかわれた…」と捉えられてしまう危険があります。

②予想外のタイミングで告白する

予想外のタイミングで自分勝手な告白もやめましょう。身勝手な告白は、彼女の気持ちを置き去りにしかねません。「思いたったらすぐ行動!」ではなく、告白される彼女の気持ちを考える必要があります。モテる男はいつも女性ファーストなのです。

③回りくどくわかりにくい告白をする

文字だけで、気持ちを読みとらないといけない訳ですから、回りくどい告白はやめましょう。確かに恋愛において「駆け引き」は必要ですが、告白するときには全く必要のないこと。意味のないやりとりで、彼女から「めんどくさい男」とレッテルを貼られるかも

LINEでの告白、失敗や既読無視されてしまったら?

LINEでの告白、万が一振られたり、既読無視された時にはどのような行動をとるべきでしょうか?

振られた時

潔く諦めましょう。さっと身を引くことも大切。上手くいかなかったとしても、相手への感謝を忘れてはいけません。

今後も友達として付き合っていきたいのなら、その思いを伝えることで、気まずさを軽減できます。

既読無視された時

彼女が付き合いたいと思っていた場合、すぐに返事がくるでしょう。既読無視は、「付き合いたい訳ではないけど、振って関係が崩れるのも嫌」ということ。シビアに述べるなら、付き合える可能性は限りなくゼロに近いのです。

返事を催促するのも告白した者の権利としてはありますが、しつこくなりすぎるのはダメ。彼女にとってあなたが重荷になってしまいます。

女性からLINEで告白された時にとるべき行動

「告白するのは男性から」という決まりはありません。女性からLINEで告白されることもあるでしょう。そんな時、男性はどのような行動をとるべきか解説します。

付き合う時

気持ちが固まったら、できるだけ早く返事をすることが大切。返事はLINEでもいいですが、恋人として初めてのデートの際、あなたからも直接、思いを伝えるといいでしょう。彼女の気持ちが、さらに高まること間違いなし!

お断りする時

既読無視は絶対NG!必ず返事をしてあげてください。

その時、女性が勇気を出して気持ちを伝えてくれたことへの「ありがとう」を入れるといいでしょう。

LINEでの告白は、思いをストレートに伝えることが鉄則!

LINEでの告白は、あまり受け入れられてはいません。ですが、それはあくまでもデータ上の話。あなたの真剣な思いが伝われば、運を呼び寄せることだってできるのです。

LINEでの告白だけに限りませんが、やはり思いはストレートに伝えることが一番

あなたがどれくらい彼女を大切に思っているのかを、真っ正面からぶつけましょう。正攻法の告白こそが、成功を握る鍵です。