【ターゲット別】お疲れ様LINEの送り方。好きな人に連絡するきっかけを掴もう

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

仕事終わりにホッと一息つきながら携帯チェック。気になる相手からLINEが来ているとドキッとしてしまいますよね。毎日仕事をしていると、どうしても疲れやストレスが溜まりがち。そんな時に優しい「お疲れ様」の一言LINEが届いていると思わず心が癒されるもの。

そこで今回は、好きな人へ送るお疲れ様LINEの内容や、お疲れ様LINEに対する返信について紹介します。

好きな男性に送る

毎日仕事や勉強を頑張る、好きな男性に向けたお疲れ様LINE。まだお付き合いが始まっていない男性へは、どのようなLINEを送ると効果的なのでしょうか。

「お仕事お疲れ様!」という元気よく素直なメッセージはお疲れ様LINEの王道です。

「お疲れ様〜」

「ありがとう!」

「そっちも終わった?」

と、男性側もつい返信をしたくなってしまうようなLINEです。短いラリーが続くうちに、テンポよく「早く終わったならご飯でも行こうよ!」と女性からも軽くお誘いもしやすいですよね。

他に効果的なお疲れ様LINEは、「お疲れ様、明日も頑張ろうね!」など、相手に活力を与えるLINE。いつのまにかあの子に元気を貰っている、そんなポジションを狙うならポジティブにエールを送る、ねぎらいのメッセージも効果的ですね。

しかし、お付き合いが始まっていない間はLINEを送る頻度には注意しましょう。あまりしつこいと男性に面倒がられてしまう可能性も。また、ついつい自分の仕事の愚痴ばかりをこぼしてしまうのもNG!男性にとって負担の少ない、心地よいLINEの内容になるよう心がけましょう。

彼氏に送る

大好きな彼氏へのお疲れ様LINE。周りとは違う特別感と可愛らしさを同時に出したいところです。

「お疲れ様!今日も大好きだよ!」「ご飯作って待ってるよ!」仕事終わりにこんな可愛いLINEやスタンプが届いていると、彼氏は疲れも吹き飛び、彼女に即返事してしまうこと間違いなしです。彼女らしい、好きな相手から愛の溢れるLINEを送られると、男女問わず嬉しくなってしまうものですね。

しかし、彼氏に早く会いたい、心配、という不安な気持ちから「まだ終わらないの?」「今度いつ会えるの?」「本当に仕事?」など、束縛気味なLINEを送ってしまいがちな人は要注意

人によってはそのLINEの内容でどっと疲れが増してしまい、返事をするのも億劫になってしまう男性も。お疲れ様LINEは相手をねぎらう、ポジティブな優しい言葉を送るよう心がけてみましょう。

好きな女性に送る

いつも男性をねぎらう立場になりがちな女性。しかし、働く女性にとっても男性からのお疲れ様LINEはとても嬉しいもので、簡単な内容でも心が癒されるものです。バリバリ働く女性も多い現代。みんなとは一味違うお疲れ様LINEで差をつけて、気になる女性の心を揺さぶりましょう。

「忙しそうだけど無理はしないでね!」

「休めるときにゆっくり休みなよ」

など、女性を心配していたわる内容のお疲れ様LINE。送られた側はこの言葉を貰うだけでもリラックスできますし、男性が優しく見守ってくれている感じがして、女性は貴方に安心感を抱くでしょう。

「毎日頑張ってえらいね!お疲れ様」など、男性同様に仕事を頑張る女性に対して、しっかりと褒める言葉というのもとても効果的。頑張りを認めてもらえる人がいる、肯定してくれるというだけで前向きに仕事を頑張れますし、気持ちも軽くなるものです。

彼女に送る

仕事を頑張る彼女へのお疲れ様LINE。自分の可愛い彼女が仕事や勉強を頑張っている姿というのは、とても魅力的に映るものですよね。

「お疲れ様!今度の休みはどこ行く?」休日を待ち望んでいる彼女に、デートの予定を計画する内容のお疲れ様LINEなどはいかがでしょうか。楽しいデートの予定を計画することで、彼女は貴方とのデートの予定のために忙しい仕事もやる気倍増!より仕事を頑張れるのではないでしょうか。

「お疲れ様、気をつけて帰ってね」忙しかった仕事終わり、フラフラと夜道を帰っている最中に彼氏からこんなLINEが来ると嬉しいものです。心配されてる、愛されているなあと実感できるようなLINEはついつい笑顔が溢れますよね。

お疲れ様LINEへの返信方法

異性からお疲れ様LINEが届いていた場合、どのような返信をするのがベストでしょうか?

「ありがとう!○○ちゃん(くん)もお疲れ様!」感謝の気持ちと、名前をつけてお疲れ様を返すのが当たり障りないスタンダードなパターンですね。

気になる相手から貰ったLINEならば、「そっちは今日はどうだった?」「お疲れ!軽くご飯でもどう?」とこちらから連絡を返せる大チャンスでもあります。

一方でNGな内容は、ネガティブな返事です。「今日もだるかった〜」「しんどいな〜」など、マイナスな発言を最初に返してしまうのはなるべく避けたいものですね。お互い仕事終わりの場合など、顔の見えないLINEで仕事の愚痴を延々とこぼしてしまうのは避ける方がベターではないでしょうか。

お疲れ様LINEは適度に。相手にうざいと思われたら負け

相手をねぎらうお疲れ様LINE。良かれと思って送っているLINEが、相手にとっては負担になってしまっている可能性も。好きな相手だからこそ、LINEでも繋がっていたい!とLINEをたくさん送ってしまったり、返事を催促してしまったり。

しかし、相手に早く返事を返さなきゃいけない、まだ忙しいのにな、うざいな、と思われてしまわないよう、LINEの頻度には気をつけたいものですね。

相手のタイムスケジュールが読めない場合は週末に一通、「今週もお疲れ様、ゆっくり休んでね」「返信大丈夫だよ!」など、相手の都合を読んだ内容を送るようにすると良いでしょう。

 

好きな相手に送るお疲れ様LINE。周りと差をつけて、相手の心を癒しながらもグッと惹きつけてみてくださいね!