【初心者向け】ライブやフェスで女性と出会い恋人になるまでの3ステップ!

この記事を書いた人
マッスル北川

筋肉と愛の戦士。某格闘漫画にハマったことをキッカケに体を鍛え始める。「脂肪が筋肉に変わる」「腹筋だけしていれば痩せる」そう思っていた時期もありました。間違った知識で時間を無駄にしたことを教訓に、効率的に痩せる&鍛える方法をお届けします!

音楽は好きですか?お気に入りのバンドはありますか?そして、女性との出会いを求めていますか?もし「YES」なら、ライブ会場に繰り出しましょう。ライブやサマソニ、フジロック、RIJなどのフェスにはこれまでになかった出会いのチャンスがたくさんあるんです。

ライブ会場は立派な出会いの場

「女性にモテたいなら、バンドマンかスポーツ選手になればいい」昔からそう言われていますよね。これは間違いなく事実。でも、バンドマンは気軽になれるものでもありません。だったら、バンドを楽しむ側になれば良いんです。

音楽が好きでお気に入りのバンドがいるなら、一度はライブ会場に足を運んだことはあるんじゃないでしょうか?ライブ会場はライブを楽しむと同時に、大勢の男女が集まる場所でもあります。女性が集まるということは、そこは出会いの場として最も適しているということなんです。

「健全な出会い」とは言えませんが、数年前には、フジロックフェスで数々の男と連日オフ●コした女性のツイッターが炎上したという事件もありました。(笑)

ライブ会場で出会いがあった人は多い

ライブや音楽フェスなど、イベント会場で異性と知り合う機会は多いです。中には意気投合して、そのまま付き合い始めた人もたくさんいます。

ライブ会場は、自分と同じアーティストが好きな人達が集まっています。ファン同士なのですから、話をするキッカケはそこかしこに転がっています。話の内容もバンドのことが中心になるのですから、盛り上がらないはずがありません。

ライブが始まる前のドキドキ感に、誰だってテンションが上がっています。普段は人見知りな女性も、積極的な性格に変えてしまうんです。「ライブに行ったら女性の方から話しかけられた」という男性もいるんじゃないでしょうか。

ライブ会場は出会いの場に最適!

・たくさんの女性が集まる

・同じアーティストのファン同士だから話が盛り上がる

 

日本の伝統文化「ハレとケ」を利用すれば恋が実る!

日本人はお祭りごとやイベントが大好き。「祭り」と聞くだけでテンションが上がりますよね。そのようなお祭りやイベントなど、非日常のことを「ハレ」。毎日何気なく過ごしている平凡な生活のことを「ケ」といいいます。

平凡な毎日(ケ)を送っていると、エネルギーが枯れてしまいます。つまり「ケガレ(気枯れ)」です。ケガレを払うために、ハレの祭事を通してエネルギーを回復する、という考え方があるんです。

非日常な環境は開放的になりやすい

非日常的な場にいると、気分が自然と高揚しますよね?分かりやすいとろこでいうと学園祭。準備期間から当日まで、いつもと違った雰囲気が学校内を満たしています。普段よりもやる気に満ち溢れた学生もいたんじゃないでしょうか。そして当日はテンションが最高潮になっていたはず。

そのような「ハレの日」は、人見知りで他人に対して壁を作っている人も、心が開放されやすくなります。バンドのライブはまさにハレ(非日常)にあたります。ライブ会場で同じ雰囲気を共有している男女は、開放的になるので自然と恋愛に発展しやすいのです。

ハレの日(非日常)は開放的になる!

・普段と違う環境はテンションが上がる

・人見知りな人でも開放的な気分になる

ライブで出会い恋人になるまでの3ステップ

ライブ会場で出会いがあるのはわかっても、行動に移すとなると難しく感じますよね。会場内は盛り上がっているのに、自分だけフラフラしていたり、会場の隅っこにいても面白いわけがありません。そこで、ライブで女性と出会い、恋人になるまでの3ステップをご紹介します!

ライブに行く前に念入りな下準備を

ライブで彼女を作るなら、下準備を念入りにしておきましょう。まずは、女性が好きそうなアーティストをいくつかピックアップしていきます。その中から、自分が本当に好きになれるアーティストを見つけましょう。

ライブ会場に入るのに、お金がかかります。音楽が好きで、新規開拓を目指しているなら構いません。でも、ナンパするだけの目的で、好きでもないアーティストのライブを聞きにいくのはつまらないものです。

好きなアーティストを見つける

聞いたこともないアーティストのライブ会場で、女性と知り合えたとしましょう。アーティストのことを知らないままだと、ごまかすのが大変。話も広がりませんし、アーティストのことを聞かれた時に何も答えられないはず。ナンパ目的だとバレれば、女性も冷めて去ってしまうでしょう。

「アーティストのことなんて知らないけど、会話には自信がある!」という男性もいるはず。でも、それだけのコミュニケーション能力があるなら、別にライブに行く必要なんてありません。

音楽好きなら、自分と同じアーティストが好きな女性を彼女にしたいですよね。ライブ会場なら、同じ感性を持った女性が多く集まるので、出会いのチャンスが広がります。

気になる女性に話しかけてみる

女性と仲良くなりたいなら、話しかけないと始まりません。でも、これが一番難しいんですよね。もし街で見ず知らずの男性に話しかけられたら、大半の女性は「何こいつ?」、「うざい」としか思いません。ナンパを毛嫌いして、嫌悪感をあらわにする人もいるはずです。

ところがライブ会場は、開場前からみんなのテンションが高いため、話しかけやすい環境が整っています。女性の方も、周りのノリや勢いに押されて開放的になっています。同じアーティストが好きということもあり、警戒心も薄れてしまうのです。場合によっては女性の方から男性に声をかけてくる、なんてことも。

話しかける女性選びは慎重に

開場前に一人でいる女性に話しかけてみるといいでしょう。もしくはグループで来ている人たちに混ざるのもありです。ただし、男女でライブに来ているのはカップルの可能性が高いので止めておくのが無難です。

仲良くなったら連絡先の交換を忘れずに!

ナンパで難しいのが顔見知りになってもらうこと。ライブではそのハードルを簡単に超えられます。女性とも仲良くなりやすいので、意気投合したらすかさず連絡先の交換をしましょう。

中には女性の方から話しかけられたのに、連絡先の交換を忘れたために後々まで後悔した、という男性も多いんです。

開場前に女性と話をしたら、一緒にライブを思いっきり楽しみましょう。楽しいことを共有することで、さらに女性との距離が縮まります。ライブ後は、会話が盛り上がるはず。自然な流れでLINEなど連絡先の交換をしましょう。

ただし、ライブの真っ最中に連絡先の交換を申し出るのはNG。せっかく音楽を楽しんでいるのに、横槍を入れられたら女性だって嫌な気分になるはずです。

連絡先をゲットしたらデートに誘おう

LINEを交換して、それで満足したら全く意味がありません。女性と仲良くなったと思っていても、そのうち忘れられてしまいます。もしかしたら、友達とも思ってもらえないかも。連絡先をゲットしたら、必ずデートに誘いましょう。

ただし、タイミングも考えずにデートに誘ってもOKはもらえません。まずは何度かLINEでやり取りを繰り返しましょう。相手からの返信が早くなれば意識してもらっているという証拠。会話が盛り上がったタイミングで、自然な流れでご飯へ誘えばOKをもらえるはずです。

ライブで出会うための3ステップまとめ

・女性が多く集まり、自分も好きになれるアーティストを見つける

・気になる女性がいたら話しかけてみる

・ライブ後に連絡先を交換してデートに誘う

好きなアーティストのライブで出会い親睦を深めよう!

あなたと彼女、お互いに好きなアーティストが同じなら、話も合うので毎日が楽しくなります。そんな女性と巡り合うために、ライブに足を運んでみましょう。もしかしたら意気投合して、交際から結婚まで発展するかもしれませんよ!

ただし、女性と仲良くなりたいなら、声を掛ける勇気が必要です。せっかく場は整っているんですから、あと一歩を踏み出すだけです。彼女と一緒に、同じアーティストの話で盛り上がりたいですよね?だったら、勇気を出して一歩を踏み出しましょう!