冷却期間中の女性心理6つ|彼女との復縁を目指す男性はぜひ参考に

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

付き合っている女性との関係が悪化すると、事態はたちまち暗転します。

関係修復のために設けた冷却期間で1ヶ月や2ヶ月といった時間が経過すると、男性は次第に焦りがちに。

「このまま別れたらどうしよう?」「彼女は今どんな気持ち!?」と、不安になるのが男というものです。

今回は、冷却期間中の女性心理を徹底解説。冷却期間中の彼女と復縁できる可能性を探っている男性は、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそも冷却期間って何?

冷却期間中の女性心理についてお伝えする前に、まずは冷却期間について解説していきます。

彼氏・彼女の関係における冷却期間とは一体何なのか、何のために必要なのか、どのくらいの期間を置くべきなのか、冷却期間の意味について理解を深めましょう。

冷却期間とは?

冷却期間とは、交際関係にある男女が一定の距離を置き、お互いの関係を見つめ直す期間のことをいいます。

一般的には、喧嘩が絶えないカップル、一方が浮気してしまったカップル、一方が別れを考えているカップル、交際がマンネリ化してきたカップルなどが冷却期間を設けます。

意見が合わなくなったり、付き合う意味がわからなくなったり、お互いのことを信じられなくなったりしたとき、一定の距離を置いた状態で改めて互いの必要性について考え、関係の修復を図ろうと試みるのです。

冷却期間は何のために必要?

冷却期間を設けると、それまで近い距離で過ごしていた男女に距離ができます。

一緒にいるのが当たり前だった相手が遠い存在になると、改めて彼氏や彼女の重要性を再認識。自分の本音を客観的に確認できるメリットがあります。

また、冷却期間中は相手と直接話したり連絡をとったりすることもなくなります。そのため今後の交際の必要性や現関係における問題点などを一人でじっくり考えることもできるでしょう。

相手の意見を聞かずに済むので、感情が乱れません。冷静な判断をすることができ、相手に流されずに自分が出したかった答えにたどり着けます。

冷却期間はどれくらいとるべき?

冷却期間をどれくらい設けるかは、カップルによって様々。問題の大きさや愛情の度合い、別れを前提としているか否かによって、冷却期間の長さは変わります。

一般的には1ヶ月~3ヶ月程度の冷却期間を設けるカップルが多い傾向に。この期間中に復縁するか別れるかの選択や、今後良好な関係を維持していくための方法などを考えて、相手へ話し合いの連絡をします。

冷却期間中の6つの女性心理

ここからはいよいよ本題。冷却期間中の女性心理について解説していきます。冷却期間中の女性心理としては以下の6つがあげられます。

冷却期間中の女性心理①:いざ一人になると寂しい…

冷却期間に入ると、多くの女性はまず寂しさを感じます。彼氏という存在は精神的な安定をくれるもの。

その存在がなくなりかけていることで、心にぽっかり穴が開き、一人ぼっちになってしまったことを痛感するのです。

普段なら「寂しい…」と素直に甘えられる相手も今は近くにいないため、なんとか一人で乗り越える必要があります。

孤独に慣れるのには時間が必要。あまりのつらさに耐えきれない女性も少なくありません。冷却期間を設けてからすぐは、夜な夜な枕を濡らす女性が後を絶ちません

冷却期間中の女性心理②:今何してるのかなぁ?

冷却期間に入れば、相手と連絡を取り合うことができません。

連絡を取り合えないとなれば、相手が今、何をしているかや今どんな気持ちであるかを、当然知ることが不可能。

冷却期間中の女性は、相手の男性の今の行動や状況、気持ちについてつらつら考えてしまうのです。

「私のことを忘れていないかな?」「他に好きな人ができちゃったらどうしよう?」と、男性の気持ちに対して不安になる女性もいれば、「風邪引いてないかな?」「仕事頑張ってるかな?」と男性を心配する女性もいます。

冷却期間中の女性心理③:あのときこうしていれば…

前項の冷却期間の必要性のところでもお話した通り、冷却期間は相手との連絡が途絶えます。そのため女性は今後の交際の必要性や今の関係における問題点を、一人でじっくり考えます。

相手がいないからこそ、冷静になって物事を考えられます。関係にヒビが入ってしまった原因が男性側にあったのに、ついつい過去を悔いる女性も

「あのときあんな言い方をするんじゃなかったな」「あのとき私がこうしてあげれば良かったかも…?」と、自分の言動を反省するケースも珍しくありません。

冷却期間中の女性心理④:彼氏との復縁は、ありかなしか

喧嘩ではなく、別れるか別れないかの理由で冷却期間を設けた場合、女性は冷却期間中に男性との今後の付き合いの必要性について考えることが増えます。

付き合うメリット・デメリット、別れるメリット・デメリットをピックアップ。復縁するべきか別れるべきかを、男性側の感情に巻き込まれず冷静に考えるのです。

冷却期間中の女性心理⑤:今は自分の時間を楽しもう!

冷却期間中に落ち込んでしまったり、寂しさに嫌気がさした女性は行動をがらりと変えます。気持ちを晴らすため、一人になったことを逆に楽しもうとするのです。

女性は、男性のことや今の関係について考えると憂鬱な気分になることがわかっています。それを忘れるためにも自分の時間を満喫。いわば現実逃避といって良いでしょう。

付き合っていた頃にはできなかった遊び方や過ごし方で、急に楽しくなることも。

中には「何であんなことで悩んでいたのかな?」「一人のほうが楽かも!」と、男性に対しての未練や気持ちを振り切ってしまう女性もいます。

冷却期間中の女性心理⑥:新しい出会いに目を向けよう!

冷却期間中に、男性の必要性を見出せなかった女性や復縁する気持ちが固まらなかった女性は、新しい出会いに目を向けようとします。

冷却期間を都合良く“別れかけ”と捉えて、合コンや街コン、婚活パーティーなどに足を運ぶのです。

女性にとって恋愛は上書き保存。新しい男性が元の男性よりも勝っていた場合、驚くほどに元の男性のことはどうでもよくなります。

6つの女性心理における復縁の可能性は?

冷却期間中の女性心理がわかったら、次は復縁できるかどうかが気になってきますよね。

以下では、上記でご紹介した6つの女性心理における復縁の可能性について解説していきます。

①・②・③の女性心理は復縁の可能性高め

前項の①・②・③の女性心理に当てはまる女性は、男性のことを気にかけていたり、男性と良好な関係を築くための方法を考えたりしています。冷却期間中でありながらも、男性を彼氏という存在で意識しています。

別れることが前提にではなく、復縁することを前提に冷却期間を過ごしているため、復縁できる可能性は高いといえます。

④・⑤・⑥の女性心理は復縁の可能性低め

前項の④・⑤・⑥の女性心理に当てはまる女性は、別れることを視野に入れています。

付き合う別れるのメリット・デメリットを見出したり、一人の時間を満喫したり、新しい出会いに目を向けたりして、本当に男性が必要か自分自身に試しているのです。

また、自分の今までの気持ちをリセットして楽になろうとしている、男性を彼氏という存在で意識しなくなっている傾向も強いでしょう。

結果的に「やっぱりあの人がいなきゃ無理!」という判断をしてもらえた場合には復縁できます。

しかし「別れたほうがメリット多し」「一人で過ごすほうが楽」「何で好きだったのか不明」という判断をされてしまった場合、復縁できる可能性はぐんと低くなります。

復縁できるかどうかは冷却期間中の女性心理次第!

多くの場合、男女の関係を修復するために設ける冷却期間。しかし冷却期間中の女性の気持ち次第では、復縁できずに別れてしまうこともあります。

この冷酷な事実を踏まえ、冷却期間を設けて復縁を期待している人は、冷却期間を短期間で済ませる、別れたくないことを前もって伝えておくなど、復縁につながる流れに持っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください