2回目デートOKの女性心理5つ&女性の脈ありを後押しする会話、行動5つ

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

1回目のデート後に見せる女性の反応はとても大切。もし「次もデートしてくれる?」と言われたら、あなたはどう思いますか?「これって脈あり?」と嬉しくなるはず。

しかし、焦りは禁物。女性から2回目のデートをOKをもらえたこと=脈ありではありません。女性心理は複雑なもの。

実際に男性と付き合う気がないにも関わらず、2回目のデートをOKする女性だっています。

今回は、2回目のデートをOKする女性心理について解説!2回目のデートで脈あり率を高めるのに効果的な会話・行動についても解説しています。

メンタリストDaiGoに学ぶ! デートを成功させるための秘訣

こちらの動画では、メンタリストのDaiGoさんがデートを成功させるためのデートコースのコーディネート方法や、デートでの会話の具体例を心理学的な観点から解説しています。少し長い動画なので、下記まとめた要点をチェックしてデートを成功させる秘訣をチェックしましょう!

男性のデートコースの選び方の落とし穴

  • 男性は、デートコース(場所)を重要視するが、2人で楽しめて会話が弾み、2人の距離が縮まる場所選びをすることが大切。例えば、「デートで、予約の取れない高いレストランに連れて行ったから付き合える」というわけではない。
  • 女性はレストランに「風景」を求めることが多いが、男性はレストランの「クオリティ」を求めることが多い。
  • 女性のために、2人の会話が盛り上がる場所、つまり2人の心理的な距離が縮む場所を選ぶと良い。
  • 「暗い場所に行くと2人の距離が縮まる」というのは、相手の存在を認識するために、身体的に近づかなければならないだけであり、ただ暗い場所に行くだけでは、2人の心理的距離は近づかない
  • 外見に自信がない男性が、夜景の綺麗なレストランに女性を連れて行っても、女性は無意識的に景色と男性の魅力を比べてしまうため、男性のイメージが下がってしまう。外見に自信がない男性は、自分に合った庶民的な場所に女性を連れて行った方が良い

デートコースを選ぶときのポイント

いかに自然に会話ができる場所(環境)に連れて行けるかがポイント。相手がやりたいと思っていたことを、一緒にやってみる、など一緒に体験したことが話題になる環境を作ることが大切である。

デートで会話を盛り上げるには

  • 心理学研究などでは、よく「定期的に映画をよく一緒に見るカップルは長続きする」と言われる。一緒に映画を見るカップルは、離婚率・破局率が半分に下がる
  • カップルの関係を維持するために映画鑑賞は効果的だが、映画の趣味が合わない場合は効果がない。
  • 映画を一緒に見に行き、それについて会話をするのはOK。しかし、男性が以前見た映画のウンチク(スペック)を語るのはNG。女性は映画を見たときの感情をシェアしたいため。
  • イギリスのリチャード・ワイズマン氏の数千人の男女を対象にした研究によると、映画よりも「旅行」の話をした方が良い。最初のデートで旅行の話をした場合、次のデートに進めた確率は18%、映画の話をした場合は9%だった。
  • 旅行の話をすると、自分の行ったことのない場所の話でも、相手と一緒に行っている気分になるためオススメ。

当たり障りのない話をするほど、次のデートに進める確率が下がる

  • 2010年、デューク大学のダン・アリエリー教授が、オンラインデートサイト上の数万件のやりとりの調査をした。その結果、初めての会話で一般的な話をするよりも、話しづらい話をした方が、次のデートに進める確率が高かった(話しづらい話題をした場合、次のデートに進める確率が2倍になる)。
  • つまり、一番最初の会話で、話しづらい話題をできるようなところまで持っていくか、初対面の相手と短期間でどれだけ込み入ったプライベートな会話ができる信頼関係が築けるかが重要。
  • 「一般的な話題」とは、天気や好きな食べ物、趣味、スポーツなど。「話しづらい話」とは、今まで何人と付き合ったことがあるか、最後に別れたのはいつか、性病になったことはあるか、恋愛で誰かを傷つけたことがあるか、妊娠中絶についてどう思うか、など(注:欧米の研究のため、宗教観も入る話題)。
  • 初対面の相手と話しづらい話題でも、冗談交じりでも語り合える信頼関係を短期間で築くことがポイント
  • 恋愛における信頼関係は「短期決戦」である。

「冗談」の使い方

  • 「恋愛工学」の本などでは、よく「軽口を叩く(あえて相手の悪口を言い、相手の気を引く)」方がモテる、と書かれている。これは全くウソである。
  • 2013年、ロイヤル大学が、女性を対象に2つのシナリオの実験をした。1つ目は、バーでナンパをしてきた男性が「ここは美人だけが座れる席です。あなたはそんなに美人なんですか?」のような女性をディスる冗談を言ってきた場合、もう一つは、バーでナンパしてきた人が、無料でバーでもらえるピーナッツなどを手にしながら「僕と一緒に飲んでくれたら、このスペシャルなピーナッツは君にあげよう」と明らかな冗談を言った場合、どちらの男性が魅力的に見えたか調査した。
  • その結果、口の悪いジョークを言ったほうが、女性に「おもしろい」と思わる確率が高かった。しかし、優しいジョークを言った人の方が、「付き合いたい」「優しい人だ」「知的だ」と思われた確率が高かった。
  • 芸人のように、「おもしろい人だ」と思われたければ、ディスるような冗談を、「この人と付き合いたい」と思われたければ、優しいジョークを言う方が良い

ラブシーン・ロマンス映画の効果

  • 「恋愛工学」では、ラブシーンなどの「恋愛」を連想させる映像などを見ると、気分が盛り上がる、と言われるが、これは本当。モテるためには、少し性的な刺激があると良い。
  • 2017年、バルフィプシェ大学の調査で、初対面の82人の男女を集め、1つのグループには猫の動画、もう1つのグループには過激なラブシーンのある映像を個別に見せた。その後、適当に男女のペアを組み、メッセンジャーのような会話アプリで15分間好きな会話をしてもらった。
  • 猫の動画を見た人の中で「アプリで話した相手と会ってみたい」と感じた人は67%、ラブシーンを見た人で「相手と会ってみたい」と思ったのは100%だった
  • また、ラブシーンを見たグループの方が、メッセンジャー上でより早く個人的で深い話をするようになった。
  • つまり、例えば相手が「恋愛系のドラマにハマっている」ということをインスタなどで知った場合、相手は「会いたい」と思っている確率が高いので、連絡するチャンスである。

以上が動画で語られているデートを成功させる秘訣の要点です。食事に行くレストランの選び方や、デートで接近するための方法が具体的で非常に参考になりますね。それでは、こちらの内容を踏まえつつ、2回目のデートでの女性心理を確認していきましょう!

2回目のデートをOKする女性心理5つ

まずはこの記事の本題である「2回目のデートをOKする女性心理」について解説していきます。

2回目のデートをOKする女性心理としては、以下の5つが挙げられます

2回目のデートをOKしてくれた女性の気持ちを探るときの参考にしてくださいね。

①良いところもあるけど微妙なところもあるしなぁ…

この女性心理に当てはまる女性は、男性のことを恋愛対象として意識してるのは確か。

ただ1回目のデートで、男性に対して少し気になる点があったのです。そこで2回目のデートで「男性が自分にふさわしい相手なのか?」を再確認しようと考えています。

「男性の食事の食べ方が汚かった」「自慢話をひたすら聞かされた」「経済的に余裕がなさそうだった」「笑いのツボが合わなかった」「男性の服装に違和感を感じた」など、その理由は様々。

1回目のデートで男性に苦手な行動をされたり、価値観の不一致があったりした女性はモヤモヤを抱えてしまうのです。

②私に対してどれだけ本気なんだろう?

この女性心理に当てはまる女性も、男性のことを恋愛対象として見ています。

しかし1回目のデートで「遊び相手として利用されている?」「下心があるだけでは?」といった不安を覚えていることも。

2回目のデートで、男性の本気度を確かめようとする傾向があります。

1回目のデートにおいて、男性に不誠実な遊び人のイメージを抱いてしまった女性、男性からの好意を実感できなかった女性、過去男性に裏切られた経験がある女性に多い女性心理といえます。

自己アピールが下手な男性も存在

女性から「何を考えているかわからない」と思われる男性が結構います。

彼らは総じて自身をアピールするのが苦手。

「不器用なだけだったんだ」「ちょっと鈍いけど根は良い人♪」と女性が解釈すれば、2回目のデートをOKしてもらえる確率がアップするでしょう。

③最初だけ頑張る男かどうかを確かめたい!

男性にとって1回目のデートは気合いの入れ所!実際に1回目のデートに気合いを入れる男性は多いでしょう。

奮発してオシャレなレストランに連れて行ったり、遠出のドライブをするなど、一生懸命、女性に好印象を与えようとします。

2回目のデートをOKする女性は「1回目のデートに気合いを入れる男性が多い」と理解しています。こういった女性は2回目のデートに足を運ぶ意図は何でしょう?

ズバリ言いましょう!

彼女たちは、男性が最初だけ頑張る男かそうでないかを知りたいのです。

重視されるのは継続性というわけです。

デートは「回数ごとにバージョンアップ」を意識

2回目のデートが1回目のデート同様に充実した内容であればOK。

「毎回私を楽しませてくれる人なんだな♡」と好印象を与えられます。

しかし2回目のデートが1回目のデートよりも手抜きになると、即減点。「最初しか頑張れない男なんだ」とガッカリ…。

自尊心の強い女性や自分に自信のある女性とデートする際は、上記のことを特に頭へ入れておくべきです。

④今回あたりでいよいよ付き合っちゃうのかも♡

この女性心理に当てはまる女性は、1回目のデートで男性への気持ちが高まり、付き合うことを心待ちに。

1回目のデートでの男性の脈ありな行動・会話、デート後の男性の脈ありなLINEがあると、女性のテンションは上がります。

やや不安を感じながらも男性と両想いであることを実感。2回目のデートを「告白される(告白される)ためのデート」という風に意識しています。

このため、1回目よりも2回目のデートがロマンティックでムーディーであることを望むでしょう。

2回目のデートが期待通りでなかった場合には「付き合う流れにならないの…?」と不安を感じます。

女性をガッカリさせる男はNG

デート中に男性から告白されなかった場合や、自ら告白するタイミングを逃してしまった場合の女性心理は、どういったものなのでしょう?

当然「付き合えると思ってたのに…」と、ひどく落ち込んでしまったりします。

素直で純粋な女性に多い女性心理です。

⑤私のことが好きみたいだし行っても損はしないはず♡

男性のことを「単なる男友達」や「暇つぶし」だと位置づける女性も少なくありません。

彼女たちは、男性を恋愛対象として見ていません。しかし男性が自分に対して恋愛感情を抱いていることはわかっています。

男から好意を持たれる優越感や、「自分が損しない」という損得勘定で、2回目のデートをOKしています。

恋愛対象として見てもらえない限りは、どんなにデートの内容を充実させても、男女関係の発展は困難。

海千山千の水商売の女性、男性を手の平で転がすのが上手い小悪魔的な女性に多い心理です。

2回目のデートで脈あり率を高めるのに効果的な会話・行動5つ

2回目のデートで脈あり率を高めるのに効果的な会話・行動について解説していきます。

前項の女性心理で解説した通り、2回目のデートをOKする女性には1回目のデートでの男性の会話・行動や気持ちについて不安を覚える女性が多いです。

2回目のデートでは以下5つの会話・行動を実践してください。

女性の不安を解消すれば、脈あり率のアップはおのずと上がります!

①友人に女性を紹介する、友人に女性の話をしていることを打ち明ける

普段から親しくしている友人に、女性を紹介するとどうなるでしょう?

女性は「私との関係を自慢してくれてるのかな?」といい気分になります。また「私は友人に紹介できるほどの存在♪」と喜びに包まれます。男性に対して、安心感や信頼感を抱きます

おすすめデートの場所

2回目のデートでは、友人が働いている店へ女性を連れて行くのがおすすめです。

友人が働いている店へ、女性をエスコートするが難しい場合もあるでしょう。

その際は「友達に〇〇ちゃんのことを相談してるんだけどさ…」と告げましょう。

女性との関係やデートのことを、周囲に報告している様子を見せるのです。

②下心を見せない

率直にいえば、男性は下心の塊。2回目のデートOKで「もしかしてお持ち帰りOK?」と早合点し、デート中に女性をホテルや家へ誘おうとする男性がいます。

これは2回目のデートで絶対にやってはいけないNG行動です。

女性の多くは、きちんと交際してから大人の関係になることを望んでいます。

2回目のデートで下心を見せると「私は遊びだったんだ…」「真剣交際を望んでいたのは私だけか…」と、女性は大きな失望感を覚えます

きちんと交際に発展するまでは、下心を見せないよう細心の注意を払いましょう。

③デート内容に気を抜かない

男性によっては2回目のデートで、1回目のデートのときのような緊張感や初々しさが減少。

女性から「1回目のデートより手を抜かれている気が…」と思われてしまう男性も…。

1回目のデートが充実した内容であった場合、女性は当然、2回目のデートにも充実した内容を求めます。

「2回目のデートが1回目のデートを上回らなければ、明るい未来はやってこない」と脳裏に刻みましょう。

④付き合っているつもりにならない

男性は勘違いしやすい生き物。女性が2回目のデートをOKしてくれただけで、“付き合っているつもり”になってしまうパターンもよく見られます。

「交際できている」と思い込めば、残念な結果が訪れます。

女性に告白するタイミングを逃してしまったり、馴れ馴れしい行動や態度をとってしまったりと、良いことがありません。

女性は“付き合ってる”、“付き合っていない”という明確な事実を大切にします。

付き合う気があるのなら言葉で示しましょう。

必ず「俺と付き合ってくれない?」という告白をして、女性を安心させるのが男の役目です。

⑤女性との共通点を見つける

女性は、自分と共通点がない男性とは距離を置きます。

男性と共通項がないことに対して「付き合っても、上手くいくのかな?」と、無意識ネガティブが発動することも…。

だからこそ、2回目のデートでは女性との共通点を見出すようにしましょう。

具体的な共通点の見つけ方

女性が1回目のデートで口にした内容を、どれだけ覚えているかが鍵となります。

彼女の趣味や特技に関することをデート内容に盛り込むのマスト。自分の趣味・特技を上手く取り入れ、女性に楽しんでもらえればなおよしです!

また2回目のデートでは、男女共に未体験なことにチャレンジするのもおすすめ。

最新の体感ゲームがある所やふくろうカフェなど、新鮮味のある場所へ2人で行ってみましょう!

初心者同士という共通点を見出せるのは、かなりプラス。2人だけの思い出によって、距離をぐっと縮めることも十分可能です。

3回目デート時の女性心理&脈ありサイン6つ|告白前の男性は必読

女性心理を参考に2回目のデートを成功させよう!

2回目のデートでは、

・女性の期待に応える

・女性を不安にさせない

この2点が成功の鍵となります。

2回目のデートで、女性への告白を考えている男性や脈あり率を高めたいと考えている男性は数多くいます。

今回ご紹介した女性心理やデート中にすべき行動・態度を参考にするだけで、ライバルに差をつけられること間違いなし!

ぜひ2回目のデートを成功へと導いてくださいね。

4回目デート時の女性心理4つ&脈ありサイン3つ|乙女心を分析