B専な女性の心理とは?|美女と野獣カップルが成立する理由

この記事を書いた人
Josa

フィリピン生まれ日本育ちのミレニアル女子。 事務員時代にマーケティングを学び、その魅力にハマって取り組んだ結果業績が向上。営業事務からEC部主任へ抜擢される。現在はフリーランスライターとして活動中。 好きなものは心理学とインスタ映え。

綺麗な女性とブサイクな男性の美女と野獣カップルを見て「なんであんな人と…?」と不思議に思ったことはありませんか?

恋人は美人やイケメンがいいという理想を掲げる人が多い中、ブサイクな人を好きになる、ブサイクな人と付き合うB専(ブサイク専門)な人ってどんな風に考えているのでしょうか。

今回はB専な女性の心理を解説します。美女と野獣カップルが成立する理由も見えてくるはずです!

「B専」には2種類ある

ひとことで「B専」と言っても2種類あるのをご存知ですか?

1つはブサイク“が”好きな「Busaiku So 好き」の「BS専」、そしてもう1つがブサイク“でも”好きな「Busaiku But 好き」の「BB専」です。

BS専は天性によるものが大きいのですが、BB専は後天的に「イケメンも好きだけど、ブサイクでもいい」という人が多いです。

BS専か、BB専かによって心理が違うので、それぞれの心理を見ていきましょう。

ブサイク“が”好きな女性の心理

ブサイクが好き、つまり相手を「ブサイクだから選ぶ」というBS専女性は少数派かもしれません。が、この世に一定数存在しているのも事実です。

中には美人な女性も案外BS専だったりするので、美女をゲットするのを諦めるのはまだ早いかも…!?

顔の好みがB

ソース顔が好きな人は、塩顔の人をブサイクに感じることがあります。その逆も然り。

ブサイク“が”好きな女性はまさにそれで、他の人にとってはブサイクでも、彼女にとってはイケメンなのです。甘いものが好きな人・辛いものが好きな人がいるように、完全にその人個人の好みとしか言いようがありません。

B専だけど ブサイクが好きな訳じゃない
これ勘違いしないでほしい

B専→ 世間の好みとズレてる けど
自分のなかで好みだからね

引用:ガールズちゃんねる

この場合は本人にB専という自覚がなく、周りから「B専だね」と言われてもピンときません。だって、その顔が本当に好きなのだから。

過去にトラウマがある

BS専は好みの問題と片付けられがちですが、後天的にBS専になった女性もいます。元々は顔にこだわりはなかったけど、イケメンの彼氏に浮気された、馬鹿にされたなど、過去にトラウマを抱えると好みが大きく変わるのです。

広い視点で見ると「イケメンだから〇〇された」というわけではないけど、少なくとも本人の中では「イケメン=〇〇するやつ」と強く印象付けられてしまったんですね。

トラウマって他人が思っているよりも重いもので、その人の好みや人格すら変えてしまうものなのです。

ブサイク“でも”好きな女性の心理

ブサイクを好んで選んでいるわけではないけど、気付けばいつもブサイクと付き合っている。そんなBB専な女性の心理も覗いてみましょう。

切羽詰まっている

「もうアラフォーだから」「周りに結婚を急かされて」「何度も恋愛で失敗してきて」…

何かに焦っていたり、切羽詰まっている女性はパートナーを顔で選んでいる余裕なんてありません。イケメンは競争率が高いので、比較的簡単に恋人になってくれそうなブサイクな人を選びます。

結婚を現実的に考えると、女性は顔よりも収入やステータスの方が優先度が高くなるんですね。

劣等感から諦めている

どうせ私は仕事ができない、暗いから友達が少ない、人見知りだから話しかけられないなど、自分の劣等感が大きくて「こんな私にイケメンの彼氏なんて無理」と諦めているパターンです。

イケメンにアタックして傷付きたくないから、自己防衛として「どうせ私なんか相手にしてくれない」という心理が働いています。つまり「ブサイクしか相手にしてくれない」と妥協しているとも言えるでしょう。

筆者の友人は自分の顔に自信が持てなくて、普通に可愛いのに「私はブサイク。だからブサイクな男性としか釣り合わない」と思い込で美女と野獣カップルが成立した例も。思い込みってすごいですね。

イケメンとの恋愛は大変そうという先入観

こちらも妥協しているパターンとよく似ていますが、イケメンには浮気されたり、こちらが尽くし続けないと逃げられそうだったりと、イケメンとの恋愛は大変そうなイメージからB専になる女性もいます。

自分が経験したわけではないけど、周りからの話を聞くうちに「イケメンはこうだ」という先入観を持っているということ。

相手を簡単に落とせそうな手応えがあり、こちらを追いかけてもらう方が楽な恋愛なのです。中には常に自分が優位に立っていたい、優越感に浸りたいなど、プライドが高い女性も。

「その人」だから好き

ディズニー映画『美女と野獣』では、町ではモテモテのベルが醜い野獣と恋に落ちました。なぜならベルは、野獣の見た目ではなく「彼自身」を好きになったからです。

現実世界でもこのようなことがよく起きています。恋に落ちてしまえば、たとえブサイクでもその人の顔が好きになるのです。というか「好きな人の顔だから」好きなのです。

しかも不思議なことに、好きになっている間はその人の顔が素敵に見えます。客観的に見ると全然イケメンじゃないことは頭ではわかっているのですが、それでも「かっこいい」の部類に入ってしまうのです。

Josa

「絶対イケメン欧米人と結婚する!」って決めてたのに…なんということでしょう!気付いたら弥生顔の日本人の旦那が隣にいました。😂

顔に自信がなくても彼女を作るチャンスあり!?

あなたの周りにもブサイクなのに彼女がいる、しかも彼女が超可愛いという男性はいませんか?

美女と野獣カップルが成立するのが不思議でたまらなかった人も、BS専・BB専の心理を知れば納得………とは簡単にいかないのが人間ですよね。😅

それでもやっぱり「なんで!?」となる人も多いでしょう。筆者も納得いっていません!

それでも、この世にB専な女性が存在しているという事実は変わりません。自分の顔に自信がなくても、運よくB専な女性と出会えれば彼女を作るチャンスは大いにありますよ!