男性がやってしまいがち!女性から「ダサい」と思われる言動

この記事を書いた人
Josa

フィリピン生まれ日本育ちのミレニアル女子。 事務員時代にマーケティングを学び、その魅力にハマって取り組んだ結果業績が向上。営業事務からEC部主任へ抜擢される。現在はフリーランスライターとして活動中。 好きなものは心理学とインスタ映え。

あなたは自分の言動を意識したことがありますか?言動は自分の性格や育った環境によるものが大きいですが、意識していないと女性から「ダサい…」と思われる言動をしてしまいがちです。

また自分では普通だと思っていても、他人から見たら「この人、ないわ〜」なんてドン引きされているかもしれません。

今回は男性がやってしまいがちな「ダサい」言動を、女性の視点からご紹介します。

女性にダサいと思われる言動

私が今まで知り合った男性のダサいなーと思った言動や、女性との会話で出てきたダサい男性の言動を改めて振り返ってみたら15個も出てきました。

どんな言動ががダサいのか、それぞれ見ていきましょう!

マザコンを感じさせる言動

女性が結婚したくない男性に挙げられる特徴の1つに「マザコン」があります。

  • 何かにつけて母親の話題を振ってくる
  • 会話の中で何度も「お母さん」が出てくる
  • 今日のお弁当や着る服も母親が用意してくれた

などの言動が多ければ、女性からマザコン認定されていると思っていいでしょう。

1円単位で割り勘

合コンやデートで無理に奢れとは言いませんが、1円単位まで計算してきっちり割り勘を要求してくる男性は、2回目のデートはほぼありません。

倹約家であることとケチであることは違います。数百円なら出すくらいの器の大きさはあってほしいですね。

1円単位で割り勘するのに、そのくせ自分はブランド物を自慢していたら女性から嫌われるかもしれません。

武勇伝を語る

聞いてもいないのに、武勇伝を語り出す男性っていませんか?

  • モテ自慢
  • 徹夜で勉強した自慢
  • 毎日残業自慢

など自分の功績自慢から、なぜか徹夜や残業なども武勇伝のように大げさに話すなど。女性からは間違いなく「だから何だよ…」と冷めた目で見られていることでしょう。

言うことは大きいがやってることは小さい

「俺は大物になる器だ」「俺はやればちゃんと結果が出せる」など言っていることは大きいけど、実際にやっているのは雑用や簡単な仕事などの小さなこと。

言うこととやっていることにギャップがあればあるほど、女性からがっかりされます。言うだけ言って行動が伴わない人は、いまいち信用できませんよね。

清潔感がない見た目

髪がボサボサ、服がヨレヨレ、爪は伸びっぱなし…そんな男性は見た目からダサい!清潔感がないと、女性から恋愛対象として見られません。

また姿勢や歩き方などの佇まい・振る舞いも大事です。猫背で足を引きずるように歩いていたら、「ちょっと隣を歩くのは遠慮したい」というのが女性の本音です。

外国かぶれな発言や態度

外国(特に欧米)の影響を受けすぎて、やたらと横文字を使ったり、外国で流行していることを取り入れて自慢したりなど、外国かぶれな発言や態度をしていませんか?

外国の良いところを真似するのは結構ですが、「自分は先を行ってる」と言わんばかりに周りに自慢するのはおすすめできません。

そのくせたいして英語がしゃべれなかったりすると、もっとダサいですね。

いつも言い訳が出てくる

「でも」「だって」「どうせ」…

こうした言い訳が出てきてしまうのは自信がないことの表れかもしれませんが、挑戦する様子も見せず、最初から卑屈になっている男性はダサいです。

やる前から諦めていると負のオーラにこちらまで飲み込まれてしまいそうになるので、女性からは距離を置かれてしまいます。

ちょっとしたケガや不調で騒ぐ

日常生活を送っていれば、どこかで小さな不調が起きてしまうのは仕方がないことです。しかし、

  • 微熱で死にそうな顔をする
  • 紙で指を切っただけで「痛ってぇ!」と大声を出す
  • 肩や腰が痛いことをやたらとアピールする

など、ちょっとしたケガや不調に対し過剰に騒いでいたら貧弱な人だと思われても仕方ありません。自分よりも弱そうな男性に、女性はついていきたいと思えないのです。

鈍臭い

運動音痴な人は運動が苦手なだけで日常生活は普通に過ごせますよね。しかしいつも反応が遅かったり、何もないところでつまづいたりと、いわゆる「鈍臭い」人は別でダサいと思われています。

やっぱり女性は男らしく堂々と構えている人に魅力を感じるので、どこか頼りない人や見ていてヒヤヒヤする人はあまりモテないでしょう。

方向音痴

方向音痴の男性に運転や旅行のリードなんて任せようものなら、目的地に到着できず、ずっとイライラしっぱなしです。中にはGoogleマップがあっても、なぜかGoogleマップ上で迷子になる方向音痴の男性もいます。

デートの情報集めは女性の方が得意ですが、デートのリードは男性にされたいもの。できるだけ方向音痴を克服しておくといいかもしれません。

自意識過剰

毎日「この格好どう?おかしくない?」と服装を聞いてきたり、「あの人、今俺のこと見てた」と自分が見られていると勘違いしたりと、やたら自意識過剰な男性も女性からダサいと思われています。

自意識過剰ということは、いつも周りの目や他人の目ばかりを気にしているということ。「他人から変に思われたくない」とビクビクするのも「他人に良く見られたい」と見栄を張ろうとするのもどちらもダサいのでほどほどに。

わざわざ面食いアピール

「俺面食いだからさー」と言いつつ、すれ違う女性に点数をつける男性。そんな男性ほどたいしてイケメンじゃないことが多く、女性からは「どの口が言うか」と鼻で笑われていることでしょう。

誰でも美女と付き合いたいと思っているのですから、わざわざ面食いアピールする必要はありません。公言しておけばブスは寄り付かないと思っているかもしれませんが、ブスも美女も寄り付きませんよ。

リアルの会話でネットスラングを使う

リアルの会話でもネットフラングを使ってくる男性っていますよね。文字でやり取りするからこそネットスラングは面白いのであって、口で「カッコワラ」とか「うp」とか言われても面白くありません。

プライベートならまだしも、会社などの仕事の場でネットスラングを使って後輩に指導している男性を見たときにはかなり幻滅しました。ネットスラングが通じない人もいることを忘れないように!

自分より優れてる人に突っかかる

自分より仕事ができる人や見た目が良い人など、優れている人には何かと突っかかる男性も、女性からは「ダサい男」に分類されています。

仕事ができる人には「上司にゴマすってたんだろ」、見た目が良ければ「どうせ遊んでるんでしょ」なんて悪口を言いふらしてたら人間的にもアウト。

合コンで自分より背が高い女性に「それでヒールはくの?ww」と皮肉とも負け惜しみとも取れるセリフを言っていた男性は、女子会で「背も器も小さいよね」と影でけなされていましたよ。

自分で決められない

今日何を食べるか、どこに行くか、もはや着ていく服ですら自分で決められない男性の代わりにあれこれ決定を下している女性は、うんざりしているかもしれません。

「君の好きにしていいよ」なんて優しい言葉に聞こえますが、自分が優柔不断なのを隠しているだけ。

意思決定にも気力や時間を使うのですから、自分のことは自分で決められる、ここぞというときにハッキリ決断できるように、決断力を付けておきましょう。

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


他には、サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


モテたいならダサい言動に気を付けよう!

好きになって付き合った男性がダサい言動をしていたら、ちょっとがっかりするものの、愛嬌で許せちゃいます。それくらい「好き」のパワーは強いものです。(度が過ぎると百年の恋も冷めますが…)

だけど、好きでも何でもない男性がダサい言動をしていたら、がっかりどころか「この人、ないわ〜」なんて思われて、彼氏候補から外されるでしょう。

今パートナーがいる男性はともかく、これから彼女を作りたい・女性からモテたいという男性は、自分のダサい言動に気を付けましょう!